■本当の自分・ゼロ(無・空・愛・真我)・悟り

ここでは、「■本当の自分・ゼロ(無・空・愛・真我)・悟り」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

菜の花

ただ「在る」という意識は、愛そのものであり、幸せそのものです。

「在る」という中にすべてのよきことが含まれています。

何よりも、本当の自分であること自体がもっとも幸せな状態です。

そこは、すべてを支え、すべてを育み、すべてを包み込んでいる愛そのものです。

最も大きなものよりも大きく、最も小さなものより小さく、すべてに浸透し、すべてを包み込んでいます。

ただ在るとき、あなたはその状態になっています。

シンプルに在りましょう。





昨日の記事で、本当の自分(空・ゼロ・愛・純粋意識・存在・真我)であるとき、共にいる方の心の中にある悩みや、苦しみ、悲しみ等は自然に消えていくというお話をしました。

本当の自分というのは、時間を超えたところにあり、変わらない真実です。

悩み、苦しみ、悲しみは、時間の中、マインドの中、個人の中にある一時的なもの、真実の視点から言えば幻想なので、真実の意識と共鳴することにより、それは正され、ただ消えていきます。

それは、癒そうという意図もなく、ただ自分自身であること、本当の自分であることによる意識の共鳴の中で、自然に起こります。

それは、個人を超え、すべてが一つになっているところに在ることにより、自然に起きる癒しであり、バランス作用、
一つであるものが本来の自然な姿(愛、調和、健康、幸せ、平和等)を取り戻す働きであり、動きです。

覚醒も同じですね。

その場(空・ゼロ・愛・純粋意識・本当の自分・存在・真我)にいる者とともに在ること、共鳴すること、意識をつなぐことで、それは自然に起こってきます。

リラックスして、ハートを開いていることで自然に起こってきます。

必要であれば、浄化が起こり、そして、自分が本当は何者であるかを思い出していきます。

それぞれのペースで・・・。

在る

ご自分の「在る」という感覚を感じとれますでしょうか。
「在る」という奇跡を感じとれますでしょうか。

すべての人がひとつになり、争わず、また、内側にも葛藤もたない場所、それはここしかありません。
「存在」、「在る」という場所です。

当たり前すぎるくらい当たり前で誰もこの素晴らしさに目を向けません。
お金がかからず、本当に大切なものほど、身近にあり、忘れてしまいがちです。

健康であるとき、人はそのありがたさを忘れてしまいがちです。
空気も大事ですね(ただです。いたるところにあります。)

そして、一番身近にあるものは、あなたそのものです。
心、感情を落としても、なお残る本当のあなた。

存在そのもの。
至福そのもの。
愛そのもののあなた。
すべての源。

形があるなしに関わらず、存在は存在します。
あなたは確実に存在しています。
誰に頼まれたわけでもなく、誰から生まれたものでもなく、あなたが頼んだのでもありません。

存在しない、ということは、何の可能性も生まれてきません。
逆に、存在するということは無限の可能性があります。

いえ、それは無限の可能性そのものです。

それは時間を超えていて、過去を持っていませんので、いつもいきいきして、いつも新しい。
それは今そのものです。

無邪気な子供の頃には、皆さん、その感覚を今よりももっと持っていたはずです。

その中にすべてのよき事が種の状態で存在しています。

まだ属性ももたず、無色透明ですが、いきいきとした存在性があります。
絶対的に確かな存在性があります。
これが失われるはありません。
この存在すること、自分が存在していることの素晴らしさにあなたは気づけるでしょうか。

その奇跡に気づけた時、幸せはいつもあなたとともにあり、その幸せはあなたから周囲のすべての存在に広がっていくでしょう。

本当のあなたはいつも新しく、無限の可能性を持ち、幸せそのものとして、愛そのものとして存在しています。


青の奇跡・在るという奇跡
深い青の癒し

先日の記事で、すでに目の前に、一瞬、一瞬奇跡は起きているとお伝えしました。
さて、今日のタイトルは、「奇跡を超えた奇跡」。
一瞬、一瞬起きている奇跡以上の奇跡とは何でしょう。
もう、これ以上のものはありません。

それは、あなたが「在る」ということです。

あなたはあなたが「在る」ということに意識を向けたことがありますでしょうか?
あまりに当たり前で、普段は「在る」というところに意識が向いてないと思います。
マインド、心の傾向は、普段は外側、しかも、何か形あるもの、具体的なもの、五感で感じられるもの、感情が喚起されるようなものなどに向いています。

マインドが成熟していなければ、自然にそこに意識が向くということはなかなか難しいかもしれません。

健康な時に健康に意識を向けるようなものです。

当たり前にすべてのものが見えているのに、なぜ見えているのか、目に気づこうとするようなものです。

それがなければ、なにも為し得ません。

「在る」というところは、マインドを超えていて、コントロール不可能です。
意志を使い、選択ができる領域の外にあります。
焦点を当てないことはできますが、それをなくすことはできません。

個人であるあなたが、心でどうのこうのできる代物ではないということです。
それが絶対の存在であり、ゼロであり、無限の愛であり、個人だと思っているあなたを超えた本当のあなたです。


時間を超えているところにありますので、時の流れの中で変化することもありません。
もう、在るのですから、なくなることはありません。
あなたは、これまでも在り、今在り、そして、これからもずっと変わらずに、無限の愛として、幸せそのものとして、現れているすべての現象の基盤として在り続けます。

この色も形もなく、何も具体的でなく、絶対的な「在る」の中に全ての可能性が含まれています。

「在る」がなければ、可能性は存在することすらありません。
でも、「在る」があるので、その可能性は無限です。

あなたの中の「在る」という感覚に焦点を当ててみてください。
それは、あなたがどんな状態のときも、ずっと変わらずに在り続けます。
あなたが楽しい時も楽しくない時も、幸せな時もそうでない時も。
あなたが子供の頃から、年をとっておじいさん、おばあさんになるまで全く変わらずに。
そして、生まれてくる前、死んだ後もそれはそのまま在ります。

その自体は、生まれも死にもしません。

なぜなら、それは時間を超えていて、時間の中にはないからです。

そこから時間、空間がうまれ、すべての宇宙が生まれてきています。
今、この瞬間も、創造は起こり続けています。

今のあなたは、その時間を超えた「在る」と、時間と空間の中にいる個人のあなたがミックスされた状態です。
記憶、観念、感情、そして、個人である体は、変化し続け、生まれ変わっていきます。
「在る」は、その間ずっと変わらず、個人であるあなたを見守り、支え続けています。

でも、本当のあなたは変化し続ける個人の方ではありません。
一つの人生の中では、一つに体を持ち、人格もありますが、それは期間限定です。

「在る」という本当の自分に気づくことにより、個人、記憶、観念、感情から大きく解放されていきます。
大きな自由を得ることができます。

「在る」という本当のあなたは、普遍であり、絶対的に安全で、絶対的に幸せな存在です。
どんなものにでもなれますし、どんな経験でもできます。

でも、もっとも幸せなのは、純粋に「在る」で在るとき、つまり、本当の自分自身で在るときです。
それは、もっとも凝縮された愛、幸せな状態であり、かつ、とても自然な状態です。

その一部が現象として、私たちの心、感情で感じ、理解しやすいような幸せの形をとって現れています。

「在る」という幸せは、この世界にあるすべての幸せを足したものよりも大きく、あなたが時間、空間の中で、過去、現在、未来にわたって経験するすべての幸せを足したものよりもさらに大きなものです。

それが本当のあなたです。

時空をこえて、常に変わらずに在り続ける存在であり、実在です。

ただ、そこに焦点が当たっていないだけ。
その習慣がないだけです。
心が静かにしていられず、そこに居続けることができないだけです。

でも、そこに注意が向いているかどうかにかかわらず、すでにあなた自身が在るということが、奇跡以上の奇跡、奇跡を超えた奇跡なのです。

その「在る」というものを、本当のあなたを、その存在感覚を感じとることができますでしょうか?

あなたの一番大切なものは、あなたの一番近くにあります。

一日の中で、少しでも「在る」というところに注意を向けてみてください。
個人である自分を手放して、純粋に、ただ「在る」というところに意識を向けてみてください。

そこでは、あなたはすべての存在とひとつです。

慣れてくると、そこに無限のエネルギー、無限の愛、無限の幸せなど、とても言葉では表現できないような素晴らしいものを感じとれるようになるかもしれません。





本当の自分は、客観的に知覚することはできない。
それは、目がそれ自身を見ることができないのと同じ。

目は自分以外のすべてを見ることができる。
本当の自分も、自分以外のすべて、思考、感情、観念、言葉、体、世界、すべてを知覚することができる。

本当の自分はそれらすべてを生み出す源。

客観的に知覚できるものは、本当の自分ではない。
それらすべてを知覚している主体が、本当の自分。

本当の自分を知るには、知覚しようとする心は止まらなければならない。