ストライクさん体験談・他

ここでは、「ストライクさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

今回は、セッションを受けられているストライクさんから頂いたご報告と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

ストライクさま

ご報告ありがとうございました。

> 先週からの状況
>
>  空や景色を見ていると地球が丸いのが
>  空が球状や景色が球状に感じるように
>  見えることで感じていました。

より大きな視点が働いているような感じですね。
>
>  最近元気のいい植木のポトスに水をやっていたら
>  ヨウちゃんと言う名前なんだと感じた。

ひとつであるという本質をベースにした親密性が
高まっていると言えるかもしれませんね。
>
>  ただ、ここ2日程は調子が悪く、
>  在るに在れない、
>  瞑想をしても10分くらいで終わってしまいます。

微細な浄化が起こっているのかもしれませんね。
>
>  目を瞑ると下の方が明るく感じるんです。
>  今までは、目を瞑ると前の瞼の辺りが明るく感じていたんですが
>  それが下の方が白く光っていると言う感じが有ります。
>  でもその下の方が観れるわけでもないんです。
>  上は暗くて多分見えている範囲の下だと思うのですが
>  白く光っている感じが有ります。
>  意識より下の方で、ほんの少ししか見えていないのですが
>  そこからずーっと白い光が続いてそうな感じがします。

深まりのひとつの現れとして見ることができるかもしれませんね。
>
>  ここ2日は、
>  歩いている時も、在るに在れない。
>  瞑想も深くなく直ぐに終わってしまう。
>  不調です!

在るに在る(さらに、進むと、在るである)実践を始められたからこその
浄化かもしれませんね。
>
>  どの位この不調が続くんでしょうか?

どのくらいというのは、それぞれですので何とも言えませんが、
ストライクさんの場合は、それほど長くないのではないかと思います。

いずれにせよ、無理なく可能な範囲で、地道に実践を続けていくことが大切です。

そうすれば、それは終わるときに終わるでしょう。

どんな調子、どんな状況のときにも、地道に実践を続けていけば、
存在全体の成熟も進んでいきます。

好調、不調は現れレベルにあるものです。

それに左右されないところ(在る)に落ち着き、それを実現していきましょう。

在るに在れない、在るであれない、在るを感じられない、というときにも、

在るがなくなったわけではありません。

そのようなときには、“在る”、“存在している”、という“事実”に注意を向けてみましょう。

もしくは、気づいている意識の方が、マインドが多めに起こっていたり、浄化中のときでも、

在るに比べて、気づきやすく、感じやすいことがありますので、そちらに注意を向けてみましょう。

> ストライク

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているストライクさんから頂いたご報告と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

ストライクさま

ご報告ありがとうございました。

> 先週からの状況
>  基本的には変わりありません。
>
>  日曜日に集まりが有って、
>  みんなで集まって30分くらい瞑想をしました。
>  その時は、ずっと心臓の鼓動が耳の辺りから聞こえていて、
>  その後、骨のようなものが見えてきて、
>  その中心を通れるような感じがしたので、
>  ずーっと通って行くようなイメージをしていたら、
>  時間になって終わりになってしまいました。
>  そんな感じの瞑想をしました。

必要なことが自然に起こったのかもしれませんね。
>
>  電車の中は、いつものように瞑想をすると
>  あっという間に着いてしまいます。
>  時間が止まっているというか、中抜けと言う感じです。
>  時間が止まっていると言う感じはしないです。
>  ずっと考えないで思考が止まっている感じで時間が過ぎてしまう。
>  感覚としては5分くらいの感じなんですが、
>  実際には40分くらい経っているいる。
>  考えないようにじっとしていると言う感じでは意識は使っていると思います。

思考・マインドが働くことにより、時間の経過感覚が生まれてくるとも言えます。
考えが起こっていないときは、あまり時間の経過感覚がないかもしれませんね。
>  
>  帰りもそんな感じで、慣れてきたので乗り過ごすと言う心配も無くなりました。
>  時間的に少し余裕をもって瞑想から出るという感じですね。
>  短いと5分くらいでも瞑想ができるみたいですね。
>
>  歩いている時も極力脱力して、在るに在る様な状態では歩く様にしています。
>  目を瞑るわけにはいかないので、そんな感じで歩いています。

いいですね。
>
>  時代劇の剣客商売に出てくる剣の達人に秋山小平と言うのがいるんですが、
>  その秋山小平の立ち方、脱力して立って歩くというのをイメージしながら
>  在るに在るような状態でなるべく歩くようにしています。
>  そうすると無駄な力が入らないというか、力みが入らない状態で、
>  結構スタスタと歩けています。
>  半分瞑想状態ですから決して速く歩けるわけではないですが、
>  結構軽快に歩けるので、そんな感じで楽しんで歩いています。

剣の達人と共鳴状態とも言えますね。
>
>  後、背骨の下の方がへその高さくらいまでの部分がちょろっと暖かくなる時がありました。
>  どうして暖かくあるのか、姿勢のせいか不明ですが、瞑想の時はなりませんが、
>  スースーするような温かいようなそんな感じの時が何回か有りました。

何かが調整されたり、活性化しているのかもしれませんね。
>  
>  後は、悟りを開いた人になったつもりで状態を感じてみるとかもしています。

まだ、そうではない、という思いなどが、障害になっていることもありますので、
そのような実践もよいかもしれませんね。
開いていること、開きそのものであること、大事です。

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているストライクさんから頂いたご報告と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

ストライクさま

感想ありがとうございました。

> 先週からの状況
>  全く普通の感じで、
>  歩いてても普通の感じですね。
>
>  前感じていた、世界が近くなったような感じも
>  しなくなってきました。
>  前は、そこにあった物がより自分に近くなってきたような
>  そんな感じがしていたのですが、それもなくなって
>  普通になってきました。

統合され、落ち着いてくると普通になってきます。
すべては、普通(在る・真我・愛・全体・自然)の中に溶けていきます。
>
>  電車の中の瞑想もあまり深い感じがしない。
>  考えとかは止まっているんですけど、
>  ただ止まっているだけで、瞑想をしている感じがない。
>  深くやれたなという感じもない。
>  目を瞑ってじっと止まっているという感じで終わってしまう。
>  そんな感じなんです。
>  ちゃんとリラックスしてできていないのかな?

そうではないと思います。
>  
>  本当に瞑想をやっているやった感じが無い。
>  と言っても疲れるようななったわけではなく、
>  相変わらず疲れとしては全く感じていまません。
>  でも、やった感が全くないのも本当に困ったもんだな!

するではなく、在るというところにより注意を向けてみましょう。
そこでは、する感じ、やった感は、ゼロです。
>  
>  思考を見てみようと思うんですが、まあ見れないです。
>  観ているときは出てこないというよりも
>  いつの間にか考えているのに気がつく。
>  考えているのを見ているっていうのはできないんでしょうか?

意識的に“見よう”とすると、消えてしまったり、出てこないことが多いかもしませんね。

>
>  頭の中で考えていることを見ようとするんですけど、
>  いつの間にか見ているはずの方で考えている。
>  メインステージは一つしかないのかな?
>  と言う感じで自分が考えているところをなかなか観れない。
>
>  意識している(在る)方にメインを置いてら、
>  いつの間にか考えてしまうこともある。
>  考えている自分を観たいんですが、そういうことは可能なんでしょうか?
>
>  夢なんかでも殆ど流されちゃってますよね。
>  やはり、そんな感じなんですかね?
>  気づいたらもどるしかないんですかね!
>  同時進行は無理ですかね!
>  瞑想をやった感が無いのが困りますね。
>  
>  夜寝ようとしも寝付けない時に、布団の中で瞑想しようと思っても
>  何か苦しくなってしまってできないんです。
>  いつも電車の中でやっているせいですかね。
>  眠れないので、瞑想したまま眠りに落ちれば良いかなと思っているんですが、
>  苦しくなってしまうんです。
>  眠れないからってやっているからそうなるんですかね。
>
>  なかなか変化が出てこないので困っています。
>  まあ、続けるしかないですね!

はい、地道な実践が大切です。
(顕在意識レベルで気付かなくても、深いところで変容が進行しているということがあります。
また、熟成期間というのも必要です。)
それが、マインドの成熟にもつながっていきます。
>
>  葉物(ポトス)に水をやっているのですが、
>  普通なら時期的に元気がなくなってくる時期なんですが
>  最近急に急に元気が出てきて、伸びているんです。

ストライクさんの存在の影響力が増しているということかもしれませんね。
さらに進んでくると、より微細な変化、小さな変化にも気づけるようになってきます。
>
> ストライク

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているストライクさんから頂いたご報告と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

ストライクさま

感想ありがとうございました。

> 今回は、録音に失敗してしまったので、
> 記憶を辿り書きましたので、
> 思い出せる範囲となってしまいました。

はい、それで十分です。
ありがとうございます。
>
> 前回からの状況
>  全く普通の感じになってしまいました。
>  「今ここ」や「あるがまま」がシックリこないので、
>  「在るに在る」という感じがシックリするので
>  「在るに在る」でやっていたら、全く普通の感じになってしまった。

はい、在るは、不変、普遍であり、そう在るものは、普通な感じです。
真我(在る)の実現とは、真の意味での普通を実現すること。
普遍的にすべてを貫いているもの、すべてに行き渡っているもの、すべてに通じているものを実現すること
普通実現でもあります。
禅の十牛図の視点などでも、後半はより自然な姿、在り方へと進んでいきます。

参考:十牛図 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E7%89%9B%E5%9B%B3

その他、他の方への返信でも、何度かご紹介させて頂いていますが、

リンクさせて頂いているまるまるさんの「老子」の記事も参考になるのではないかと思います。

http://ameblo.jp/marumarusukkarakan/entry-11520241213.html

OSHOが老子について説明している一文をそのまま載せられていらっしゃいますので、

ここでも、それをご紹介させて頂きたいと思います。

**********

仏陀の精神性を見るのは簡単だ。ごく簡単だ。

それを見逃す方がどうかしている。

彼はそれほど桁外れだ。


だが、老子の精神性を見るのは難しい。

彼は実に当たり前だ。

まるであなた方と変わらない。

それを見るためには、

あなたは<理解>ということに熟達しなければなるまい。


仏陀がかたわらを通り過ぎる・・・あなたはたちまちそれを認めるだろう。

ひとりの卓越した人間が通り過ぎた。

彼はそのまわりに卓越した人間の魔力を持っている。

彼を見逃すのは難しい。ほとんど不可能だ。


だが、老子・・・ひょっとしたら、彼はあなたのお隣さんかもしれない。

あなたはずっと彼を見逃してきているのかもしれないのだ。

彼はそれほど当たり前だ。

彼はそれほど桁外れに当たり前だ。


そして、それがそのビューティフルなところだ。

当たり前でなくなるのは易しい。

ただ、努力が必要なだけ、練磨が必要なだけだ。

それは深い内的な訓練にすぎない。

あなたはごくごく洗練された、

何か完全に非地上的なものになれる。

しかし、当たり前であるということは、

本当は最も当たり前でないことだ。

何の努力も役立たない。

無努力性が必要だ。

何の稽古も役立たない。

無方法、無手段が役に立つ。

ただ理解すること・・・。


瞑想ですら、何の助けにもならない。

仏陀になるには瞑想が助けになるだろう。

老子になるには瞑想ですら無用の長物だ。

ただ理解すること。

ただ生をありのままに理解すること。

そして、それを勇気を持って生きること。

それから逃げ出さないこと。

それから隠れないこと。

それに直面すること。

それが何であれ、

良くても悪くても、

聖でも魔でも、

天国でも地獄でも。


老子であったり、あるいは老子を認識したりするのはとても難しい。

実際のところ、もし老子を認識できたなら、

あなたはすでに老子なのだ。

仏陀を認識するのに、仏陀である必要はない。

しかし、老子を認識するには、

あなたは老子である必要がある。

さもなければ、それは不可能だ。




そして、教えてあげよう

老子は最も深い

誰一人としてあそこまで行ってはいない

老子こそ最大の鍵だ

もし彼を理解したら

彼こそマスターキーだ

あなたは生や存在の中にある

あらゆる鍵を開けることができる

この”おいぼれ”はトータルだ

あなた方は老子の中に存在する

そして何千というブッダたちも・・・

彼はその両方なのだ

そして、もし彼を理解出来たら

それ以上理解されるべきことなど何もない

*************


また、シックリするという点からも、その正しさ(自然さ)が分かりますね。
(プロセス等において、そのときどきでシックリくるものが変わってくるということはあります。)
特別な感じがあるときは、シックリという感じとは違うのではないかと思います。

真の自己、在る、本当の自分、自分自身であることは、とても自然なことであり、
とてもシックリくるものでもあります。
そして、シックリくるものは、普通な感じがします。
(その他の質、感じもありますが。)

本質は、けっして特別な感じはしません。
それが特別なものであれば、それは本質ではなくなってしまいます。
本質は、普通な感じで、普通そのものとして実在しています。

>  歩く時も、自分が歩くと言うよりは、自分という入れ物が歩いており、
>  地面と自分の中のエネルギーは同じもので、
>  自分と言う入れ物の形だけが移動するようなそんな感覚で歩く練習をしいました。
>
>  前は、目で見ている現実に2重になって暗い世界が観えていた感じがあったのが
>  そう言う感じはしなくなってしまった。

あるがままのより普通で、より自然な姿が見えるようになってきた、
以前の見え方から再統合された感じかもしれませんね。

より進み、より自然になってくると、その方が特に必要とするものでない限り、
(それぞれのタイプ、特質等もありますが。)
いわゆる特別な感じは落ちていく、普通(自然)の中に溶けていく、吸収されていく、
統合されていく傾向にあるということが言えます。

(以前にもご紹介したかもしれませんが、

ニサルガダッタ・マハラジの「I AM THAT」にも、

【私は光を見たり、声を聞いたり、神々に出会ったり、彼らと話をしたりという奇妙な体験を通り抜けてきた。
ひとたびグルが私に「あなたは至高の実在だ」と言ったとき以来、幻想や超越状態を体験することはなくなり、
とても静かに、そしてシンプルになった。私は欲望をもつことや知ろうとすることがだんだんなくなっていき、
最後にはまったくの驚きとともに、「私は何も知らない。私は何も欲しくない」と言うまでに至ったのだ。】

とあります。)

逆に言えば、普通の中に、無限の特別性を無限に感じ取れるようになっていきます。
それは、それまでの相対的な特別性ではなく、絶対レベルの特別性です。
在るであることの実践を重ねていくことにより、存在がより自然に、より普通に、よりシンプルに
そして、よりクリアに、よりやわらかく、より深まっていくことで、それらが感じ取れるようになっていきます。
>
>  ただ、目の前にある世界が普通にあるように観えるだけのようになった。
>
>  ただ、自分が見ている世界と自分の世界には境界が存在しないような
>  感じがして来たような気がする。
>
>  自他の区別も前に比べて薄くなったような気がする。
>  どちらが優先かと言うよりは、どちらがよりスムーズに流れるかと言う感じで、
>  お先にどうぞという機会が増えてきた。
>
>  とにかく全く当たり前の世界が観える。
>
>  ただ、少し違和感というか、他人じゃないような感じがする。

素晴らしいですね。
在る(全体、ひとつであるもの)の質が、存在全体に、より浸透してきている感じですね。
>
>
> ストライク

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているストライクさんから頂いたご報告と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

ストライクさま

ご報告ありがとうございました。

> 先週からの状況
>  また、少し胸の辺りが詰まるような感じがしていました。
>  ここ三日くらいは、隣の部屋のお掃除をしていて、
>  それで何も考えなくていたら、胸の感じが無くなりました。
>  そして自分も無くなったような気もしました。
>
>  胸というよりは、何か体全体で意識できるたような感じがしました。
>  胸とか、目の奥とかではなくて、全体で。
>
>  何も考えずにお掃除をしていたのが良かったと思います。

そうですね。
下に書かれてあるように、瞑想のような感じだったのではないかと思います。
>
>  お掃除以外のことは何も考えないし、感情も出てこないし。
>  ただ子供の小さい時の写真なんかが出てくると
>  こんなだったのかなとは感じますが、
>  それが良かったのかなと思います。
>
>  明日も休みなので、掃除をするんですけど。
>  結構、瞑想に近いような感じですね。

はい、言い換えれば、ただする、行為だけがある、あるいは、
ただ在るという感じにも近いものでもありますね。
>
>  かえってお掃除の方が体を動かして何も考えないで、
>  ずーっとできるって言うメリットがありますね。
>
>  どうしても瞑想だと30分くらいが限度なので
>  そう言う意味ではお掃除もいいのかな!
>
>  少なくとも感情はほとんど使わないで、
>  ちょっと手順を考えたらそれをやって行くだけなので、
>  ほとんど瞑想状態でした。

とてもよい感じですね。
>
>  後は、それほど変わりはないですね。
>
>  体全体っていうか?
>  少し体の外に近いかもしれませんね。
>  体から少しはみ出ている感じはしますね。

はい、意識は体の範囲内に限定されるものではありません。
掃除を通して、自然に感じ方の変化が起こってきましたね。
>
>  他には変わった所は有りません。
>
>  夢も相変わらずつまらない夢です。

浄化的なものもあるかもしれません。
雑念などと同様に、内容は気にしなくてもいいですね。
>
>  今は胸の詰まりは無くなりましたが、
>  また胸の所で観ようとしたら出てくるかもしれません。。

はい、起こるがままに。
>
>
> 今日は、ありがとうございました。
>
> 来週も宜しくお願い致します。
>
> ストライク

こちらこそよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ