セルムさん体験談・他

ここでは、「セルムさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

今回は、セッションを受けられているセルムさんから頂いた感想をご紹介させて頂きます。

無空さま

セルムです。

第28回スカイプセッションの報告をさせていただきます。


二日前のSAKUさん体験談(定期的な継続の力はとても大きいです。)内の無空さんのコメントにあった

①怒り等が起こる

②それに気づく

③不快な感じを味わう

④それを嫌い、そこから逃れようとする、それを何とかしようとする。

という4分類法は、とても参考になりました。

あまりこだわってマインドの理解に留まってしまってはいけないですが、一つの観点としての整理になりました。



最近、

老荘思想も、じつは「在る」を表したものであることに気づきました。


あとは、ただ気づき続ける(上記の②)。

そして、コントロールしたくなる心の衝動(上記の④)にも気づき続ける。

それだけだな、と思います。


真実は究極にシンプルですが、

マインドはいろいろやりたがります。



最近の傾向として、

「不快なものには気づきやすいけど、快には気づきにくい(=心地よいので、巻き込まれやすい)」

という状態です。

快は、「気持ち良い」ですので、べったり張り付きやすいのでしょう。


無空さんからは、

「現れに焦点を当てるよりも、『在るそのもの(気づき)』がしっかりしてくれば、

気づきやすいことから気づけるようになっていき、

最終的には微細なものにも気づいていけます」

というアドバイスでした。




いろいろ工夫してきましたが、

結局戻ってくるのは、悔しいくらいにシンプルなところだなぁ、と感じます。

「在るそのものである」

「思考・感情は距離の離れた対象物」

今、ただ、そう在ろうと思います。


「同じ地点に戻ってきているようでも、それはより洗練されています」

という無空さんからのコメントに、なるほどと思いました。





最近、花や植物、物等が迫って見える体験が少なくなっていますが、

気になりませんし、体験を追うこともありません。


体験には一切囚われない、ただ、気づきそのもの

というあり方で在ろうと思います。




1年前の自分と比べますと、かなりシンプルになって幸福感も上がってきています。

一週間単位でみると、上がり下がりがあるのですが、半年とかでみてみると、前進(=マインドが落ちて)しているようです。



「『これが在って、それから起こる』という感じでいきましょう」

ということでした。





・共鳴

 在るそのもの。在るの偏在。
 現れに気づいて、在るに戻っている。

 水音が「チョロチョロ」と聞こえていました。
 (無空さんは聞こえてないとのことでした。不思議です)



・アイコンタクト

 在るに気づきながら、現れと、現れを打ち消したい気持ちに気づいている(②、④ですね)



・瞑想

 在るから観ている

 身体にも気づいている


・ハートの共鳴

 在るに集中。

 途中、フーマンが清貴さんに向けて何度も言っていた言葉「これ以外にリアルはない」

が起こっていました。


無空さんからは、

「それ以外(=現れ)にリアリティを与えているのが『在る』です」

「焦点、エネルギーを与えているから、リアリティがあるわけです。

それ自身にだけ焦点があたっていれば、リアリティはない、といえますね」

「ある意味、どれだけリアリティを与えちゃっているか、ということでもあります。

まあ、視点はいろいろありますけどね」

「真にリアルなのは、『在る』だけ」

ということでした。(理解につながりました)



・立場を変えての共鳴

 最初は(この共鳴の時いつも感じる)見守る感じ。

 途中から、溶けていくような感じ。



明日のセッションもどうぞよろしくお願いいたします。



セルム

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているセルムさんから頂いた感想をご紹介させて頂きます。

無空さま

セルムです。

第27回スカイプセッションの報告をさせていただきます。


(今回、無空さんとお話させていただく中で、

話すテンポがスローになり、静寂を感じながらという状態でした)



先日、友人に貸していたフーマン3部作が戻ってきて、

無空さんが最も推薦されている一冊の

「恩寵の扉が開くまで〈2〉フーマンからの贈り物」
(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/443413387X/mukublo-22)

を一年ぶりに読み返してみますと、

今の私にとって、非常に大事なメッセージの数々が飛び込んできて驚きました。(前回読んだのは、無空庵の存在を知らなかった頃です)


フーマンの

「マインドがあるうちは、『これ』と共存ができない」

というメッセージと、

天野 清貴氏(著者。フーマンの対話相手)に対し、

手を変え品を変えて何度も『これ』に導く対話は、

まるで私がセッションを受けているようで非常に印象的でした。


無空さんからは、

「『それ』に落ち着いたら、マインドがあろうがなかろうが関係ないです。

 マインドに気づいているのは、『それ』ですからね」

「どういう文脈で言われているのかもありますが、

外側に興味・注意が向いていれば、なかなか『それ』には落ち着けないですね。

本当に『それそのもの』という時には、マインドはなかなか共存できないですね」

ということでした。



今、静寂に導かれる感じがしています。

現実的な興味が薄れてきています。


その反動で、寝ている間は現実に戻されるというか、

夢をものすごくよく見ます。

目が覚めると、元に戻っている(=古い自分に戻っている)という感じがする日々です。



全体性にシフトしている時が増え、

友人とのいざこざ、感情のもつれがあっても、

それを俯瞰して観ている自分に気づいたりします。

その状態と、古い巻き込まれた状態が交互にやってくる感じです。




最近は、ハワイにいてフーマンのセッションを受けている清貴さん状態でした。

「人々とあまり接せず、『これ』にただあり続けなさい」

という時期のような気がします。


無空さんからは、

「デリケートな時期もありますね。

 同時に、ある程度わかってきたら、社会にもまれることで成熟していく部分もあります」

とのことでした。




■共鳴

・ 意識共鳴

 在るそのものから観ている感じでした。

 「止まっている感じは?」

 止まって現れをみている感じでした。


 「現れが自然に見えますが、その焦点を『自分自身に戻していく』『自分自身を自覚する』それも大事です。

 『自分自身が在ることに気づく』 『自覚する』です」

というアドバイスは本当に参考になりました。

 (共鳴中は、あまり返事ができなくてスミマセンでした)



・アイコンタクト

 『在る』を感じながら、という感じでした。


 「とてもよいですね。そうやって自己理解を深めていくわけです。

 それを実践し続けていくと、より自然になってきます。今はそれが大事ですね」

「自分に気づく力・認識力をより高めていきたいですね」

「その視点になじみ、より感じれるようになります。ただ、そこであまり一生懸命になる必要はありません」

「そのままリラックスしていられれば良いですね」

というアドバイスをいただきました。(ただただうなずくだけでした。感謝です)


ずっと思考が停止したままでした。

「それそのものに100%焦点を当てていれば、そうですね。それがマインドの落ちている状態ですね」

ということでした。



・瞑想

 ひたすら「在る」でした。


・ハートの共鳴

 在るから気づいていました。思考も聞こえている雑音と同等なんだとみていました。


・立場を変えての共鳴

 「見守っている」「本当は一つ」



「今日の共鳴の感じはとても良かったです。着実に進んでいます。

 あとは日常で『在る』をちょこちょこ認識してください」

というアドバイスをいただきました。


今回の共鳴セッションは、まるでフーマンのセッションを受けているような感じでした。

ありがとうございました。


明日のセッションもどうぞよろしくお願いいたします。



セルム

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているセルムさんから頂いた感想をご紹介させて頂きます。

無空さま

セルムです。

第26回スカイプセッションの報告をさせて頂きます。


先日、数日間開けていた自宅に帰宅した折り、

パソコンやタイマーの電子機器が突然壊れていました。

最近取り組んでいた「在る・気づく測定」ができない状況になりました。(エクセルファイルが消失)

これは静寂からのメッセージだと捉えています。




■前回からの報告

日常的に在る・気づくをやっている中で、

呼吸の切り替わり時に「在る」に気づきやすいことに気づきました。


健康管理を目的に半年前からやっているヨガも、

「とても気づきやすい」

ということに気づきました。インドのヨガも、それがそもそもの目的だったのだと思います。


ただ現状は、

午前中は良くても、午後はどうしても在れないといった傾向があります。


それにも、気づいています。




■意識共鳴

・意識共鳴
 どっしりした感じ。
 想念が少なく、エネルギーを感じていました。

・アイコンタクト
 身体が浮くような感じ。
 想念がない。無空さんが若く見えました。

・瞑想
 在るに落ち着き、
 起こっている思考に距離を置いて気づいている

・ハートの共鳴
 在るに集中
 巻き込まれることも起こりました

・立場を変えての共鳴
 静止



明日のセッションも、どうぞよろしくお願いいたします。


セルム

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているセルムさんから頂いた感想をご紹介させて頂きます。

無空様

セルムです。

いつも大変お世話になっております。

徐々にではありますが、深まる静寂を感じつつあります。


第25回スカイプセッションの報告をさせていただきます。




■前回からの報告

在る・気づくを淡々と実行しながら記録しています。

記録を取ることで、微細なところへ意識の焦点があたりやすいようです。

いくつかの傾向が、どうやら幸せには繋がっていないということに気づき始め、自然に減り始めています。

記録を取ることは、マハラジのいう「自分のマインドをよく調べなさい」ということの一つの実践と捉えています。


無空さんからは、
「そこまで調べている人は、無空庵にもあまりいないかもしれませんね。良いですね」
とのことでした。

過去に仕事で数値をあつかってきた私なりのアプローチ方法であり、
数値で捉えることは、エゴによる記憶の捏造(自分は全然やってない!自分は全然駄目だ!など)を許さない正確さや、記録という動かぬ証拠からエゴが観念しやすい一面があるので、その利点を生かし(一方ではエゴによる目標設定、努力という罠にはまらないように)、
「達成感」というエゴの満足感にも気づきながら在ろうと思います。



無空庵ブログについて、以前ほどはチェックしなくなってきました。(とはいえ、ひととおり読まさせて頂いています)
だいぶ理解してきた感覚があります。(とはいえ、先達のものすごい覚醒体験や不思議な表現は理解できていないのですが)

無空さんからは、
「独特な感想もあります。体験談は『こういった体験もあるんだ』ぐらいで良いですね。”分かった”までいかなくても良いです」
とのことでした。


生活全体が楽しくなってきた感じがあります。

在る・気づくの取り組みとして回数を数えることなどの取り組みを整えること全体が楽しい感じです。
数えること自体が在る・気づくに注意を促してくれます。
努力は必要ないし、いかに努力せずにシフトするのか?という感じです。


無空さんからは、
「目標ではなく、『それ自体が楽しい』というのが良いですね」
「生活全体がシンプルになってくると良いですね」
「『真我を意識することが何よりも楽しい』となってくるとしめたもの、という感じで非常に良いですね」
とのことでした。




思考に巻き込まれる時間が減ってきていて、一方で思考に巻き込まれても、「いいや」という感じです。

いかに今までは『巻き込まれっぱなし』だったのか、気づかされました。

無空さんからは
「そうなってくると良いですね。
だいたいの方の場合は、『人生巻き込まれっぱなし』といった感じかもしれませんね」
ということでした。

1,2歳の頃の、巻き込まれ度が少なかった頃の「なんでここに在るんだろう?」といった

「在りっぱなしな感覚」を想い出しました。




前回、無空さんのご趣味についてお伺いする流れとなり
「あえていえば、自然を見ることが好きですね」
とおっしゃられたことが今回、腹落ちしました。
趣味とは執着・嗜好性などの「マインドの偏り」でもあったりするわけで(愛の現れともいえますが)、
真我にあればそういったことは必須条件ではなく、

「ただ在るだけで幸せ」
「ただ散歩しているだけが幸せ」

となっていくのだなと気づきました。



■共鳴

・意識共鳴

 全体が繋がっているような感じ。

「在るはどうですか?」というご質問に対しては、

在るそのものという感覚が芽生え始めたという感じです。




・アイ・コンタクト

 在るに集中しているという感じ

「集中度がとても高いですね」とのことでした。


「気づきが気づきに気づいてる感じ」については、
まだ弱いです。

「思考に気づき、時に巻き込まれている」がより強い感じです。

「在るに気づいていれば、『気づきが気づきに気づいているのと同じ』とも言えますね。
『焦点が100%それではなくて、在るに気づきながら出てくる思考にも気づいている』
という感じですね」
とのことでした。



・瞑想

 気づきに集中している
 現れが起こっても、気づいている



・ハートの共鳴

 在るに集中




・立場を変えての共鳴

 見守っている


今回の共鳴は「なぜか入れなかった」というか、「気づいているだけ」といった感じでした。


無空さんからのアドバイス

「状態はその時で違います。
『なぜか』、で止めといて、
『なぜ?』と考えださないで良いです。

『なぜかそうだった』 『今日はそうだった』
これを淡々とですね」

は大変参考になりました。



明日は、久しぶりのセッション、どうぞよろしくお願いいたします!!



セルム
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているセルムさんから頂いた感想をご紹介させて頂きます。

無空様

セルムです。

いつも大変お世話になっております。

昨日は大変素晴らしい秋晴れでしたね。
気温も22度と、図書館までの20分の道のりが大変心地よく、
在る喜びを感じながらの一時でした。



第24回スカイプセッションの報告をさせていただきます。


■前回からの報告

理解を深めながら進めています。

先ほど、イチローが所属するヤンキースのプレイオフ戦を見ていたのですが、ふと、

 スタンディングオベーション=エゴの快楽
 ブーイング=エゴの痛み

であり、

「エゴの一喜一憂ゲームをずーーーっと続けているのが世界」

という認識が起こりました。


無空さんからは、
「そう見ることもできますね。ブーイングは特にそうですね。
もっと深い一元性の視点から見れば、『全てはそれ』とも言えます」
とのことでした。



「なぜ、それをやってしまうのだろうか?」
という問いを続けることで、
自分が現れに巻き込まれる傾向がわかってきました。
そこから個人的なエゴの傾向が、大きく三つに整理できました。

そこで、その三つに加え、
「在る・気づく」と「在るへの理解を深める勉強」の合計5種類の時間配分について、
計測することを始めてみました。

それぞれのおおよその時間を測定し、可視化することにより、以下三つの効果がありました。


・時間配分の偏りに気づくと、自然とバランスを取る方向に(努力無しに)行動が修正されていく

・「全然努力していない」と自分をぶっていた傾向はエゴの幻想であり、実は意外と取り組んでいたりすることにも気づき、幸せ感が増す

・時間測定することが楽しくもあるため(行動心理学上は、「測定すること自体が報酬」とされています)、巻き込まれることに気づきやすくなる



個人的なエゴの傾向の一つとして、
海外で活躍する日本人スポーツ選手を追うのがすごく好きなのですが、
それは自分の行動(在るへの取り組み)を避け、スポーツ選手に努力を投影することでもあると感じています。

無空さんからは、
「在りながら楽しむこともできます。
ただ、あまり強烈に在ると、映像を見ていてもわからないですけどね(笑)
あるいは、
『在るへの理解』がすでにあるので、
そのうえで試合に没頭(巻き込まれる)することを楽しむ、
ということもできますね」
とのことでした。
非常に参考になりました。




■意識共鳴

・意識共鳴
 在るそのものへのシフトする直前
 現れとの距離を感じていました。


・アイ・コンタクト
 「本当は何もできない」ということに気づいていた


・瞑想
 気づいている


・ハートの共鳴
 不覚にも、去年に別れた女性の記憶に完全に巻き込まれていました。

 無空さんからは、
 「浮かんできては、消えていく。いかに注意深くあろうとしても、巻き込まれます。
 気づいて、戻れば良いですね」
 とのことでした。


・立場を変えての共鳴
 不動の位置から、暖かく見守る

 無空さんからは、
 「とても良いですね」
 とのことでした。

 この共鳴が一番しっくりくる感じがします。

 「主体的になりますからね。一人である時も、純粋な主観性そのものであれます。
 体験していただくために、立ち位置を変えたりして(いろんな共鳴を)行なっています」
 とのことでした。


明日のセッションもどうぞよろしくお願いいたします。




セルム

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ