クリアになってくると、無意識下にあった執着等にも気づけるようになってくる。

ここでは、「クリアになってくると、無意識下にあった執着等にも気づけるようになってくる。」 に関する記事を紹介しています。

Reflection / 反映(はんえい) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)


今回は、セッションを受けられているSさんから頂いた第11回セッション後の気づきを、参考までにご紹介させて頂きます。

昨日の続きです。

●日常にて

9回目の感想を書いていたからな
肉体が自分じゃない、というふうにみることができる。

そして真我は形がないことに気付く。どこまでもないのだ。
そして、すべての形を含んでいる。

すべての形を含むためには唯一「ない」でしかない。

からだがじぶんじゃないなら、次に思ったのは、思考やら記憶やらも・・そうして自分がなくなっていったとき、自分に執着している部分も無意識化に(当たり前すぎて気付かなかったが)あるんだなぁと思いました。

無空:共鳴等で個人の部分(観念、思い込み、溜め込んでいる感情等)がある程度クリアになっていくと、無意識レベルにあったさらに深い執着等に気づいたり、浮上してきたりして、浄化されていくのも、そういうことですね。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック