鏡の前で、没我没入、サマディ状態へ。

ここでは、「鏡の前で、没我没入、サマディ状態へ。」 に関する記事を紹介しています。

(c) .foto Project


今回は、セッションを受けられているM.Hさんから頂いたセッション後の報告と無空の返信をご紹介させていただきます。(その1)

M.Hさま

こんにちは、メールありがとうございました。

> 無空さま

> 先日の深いセッションの後、いくつか感じたことがあったのでご報告です。

> まず、お風呂上りに鏡の前でドライヤーをかけていたのですが、鏡をぼーっと覗いていると、
>
> そこにいるのは自分ではないような、知ってるような、知らないような、なんとも不思議な目があり、
>
> 恐怖も感じたのですが、引き込まれるようにずっと眺めていました。
>
>
> ふと気がつくと、鏡を覗いたまま、思考が停止していて、ただその場にいるだけの
>
> 何にもしていない時間を1時間ほど過ごしていたようです。

没我、没入、サマディー状態ですね。
結跏趺坐などして、目を閉じての瞑想状態ならまだインドなどにいそうですが(笑)、
鏡の前で、そのままその状態でいられたというのはすごいですね。

> 何もしていなくて、でも、あるに留まっている。
>
> 何にも考えず、ただ、そこにある。
>
> 違和感もなにもなく。そこにはすべてがありました。

そうですね。それ(すべて)はまったく自然にそこにあります。

> 意識的にではなく、我を忘れるほどにあるにいれたのは初めてです。とても素晴らしい体験でした。
>
> あの深いセッションの効果ですね。ありがとうございます。

今週は、とても自然な状態で、とても深かったですからね。

・・・明日に続きます。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 没我・没入, サマディー状態,

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック