古の道 正統な流れ

ここでは、「古の道 正統な流れ」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている青さんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

青さん

感想ありがとうございました。

> > 無空さん
> >
> >
> > 先ほどは
> >
> > セッションをありがとうございました
> >
> >
> >
> > それを何と呼ぼうとも
> >
> > 「真我」と言う言葉は
> >
> > なんとも
> >
> > えええ!!そんな呼び方でいいの??って感じです
> >
> >
> > 如来とか
> >
> > 宇宙とか
> >
> > 真の姿である自分自身とか
> >
> > 神とか
> >
> >
> > えへへ
> >
> > 何でしょう

何でしょう^^

「何か」という呼び方もありますね。
> >
> >
> >
> > はじめの共鳴では
> >
> > 大自然
> >
> > リラックスが半端なく
> >
> > 瞑想状態
> >
> > または
> >
> > シャバアーサナ状態でした
> >
> > ひらかれておりました

素晴らしいリラックスでしたね。
> >
> >
> > そのまま
> >
> > アイコンタクト
> >
> > いのちそのもの
> >
> > 源泉
> >
> >
> >
> > 瞑想は
> >
> >
> > 「真我」
> >
> > 真のわたし=如来
> >
> >
> > ハートの共鳴は
> >
> > 明るさ
> >
> > 軽さ
> >
> > 人生そのもの
> >
> >
> > 立場をかえては
> >
> > 古の道
> >
> > 正統な流れ

はい、これは最も古い道、

(古くて新しい)

原初そのもの(真の自己、自分自身)からの直接的で

絶え間なく続いている流れです。


在ること、

在ることに気づくこと、

自分自身に気づくこと、

自分自身を知ることは、

ゼロ距離(無限距離)、ゼロ時間(無限時間)、

ゼロ場(無限場)における永遠の流れです。

それは、自分から自分への絶対純度の絶対的に正当な流れです。
> >
> > 立場なし・ニュートラルは
> >
> > 「わたしは何者なのか」
> >
> > それは
> >
> > 問いではなく
> >
> > 答えでもなく
> >
> >
> >
> > ちょうど
> >
> > そこ
> >
> >
> >
> > でした

素晴らしいですね。
> >
> >
> >
> >
> >
> > 今日も素晴らしい共鳴をありがとうございました
> >
> >
> > 答えは
> >
> > 常に
> >
> > 内側にありますね
> >
> >
> >
> > 今日の共鳴では
> >
> > この2週間の間に
> >
> > 自分自身の中で
> >
> > 府に落ちていたことを
> >
> > 再び味わっているようなことでした
> >
> >
> > 人生の軽さは
> >
> > いきなりやってきました
> >
> > また
> >
> > 如来であるというのは
> >
> > この人生をまるっと讃嘆している日々の暮らしです

本当に素晴らしいですね。

在るの実現とも言えますね。
> >
> >
> >
> > 無空さん
> >
> > とのご縁(共鳴)は
> >
> > その正統さの道
> >
> > 遠く古の道
> >
> > 変わらぬいのちそのものの
> >
> > そこから
> >
> > でした

はい。
> >
> >
> > 感謝永遠に
> >
> >
> >
> > ありがとうございました
> >
> >
> >
> > 青

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック