存在が存在自身のことを認識できるというのは、とても稀有なことだと感じます。

ここでは、「存在が存在自身のことを認識できるというのは、とても稀有なことだと感じます。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているラバンジンさんから頂いた感想と、
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

ラバンジンさん

感想ありがとうございました。

> > 無空さん
> >
> > 今回も真のセッションをありがとうございました。
> >
> > ここのところ数日、とても新鮮で新しい感じや、何かが起こりそうで胸がときめくような感じがあるとお話させていただきました。
> >
> >
> > 共鳴
> >
> > 最近仕事が忙しかったので、なかなか在るに意識を向けられないなと感じていたのですが、
> > 存在はそんなことお構いなしに深まっているということを感じました。

はい、継続的なセッションと日々の実践の力が働いています。
> >
> >
> > アイコンタクト
> >
> > すべてのすべてという感じがとてもやさしかったです。
> >
> > そして、いつも整う方向に向かっているということを感じました。
> >
> >
> > 瞑想
> >
> > クリアで静かで輝いていました。
> >
> >
> > ハートの共鳴
> >
> > ハートの共鳴に入ってから、急にぐっと深くなりました。
> >
> > 自分が誰なのか、現れているものなのかいないものなのかも含め、何もわからなくなりました。
> >
> > そして、何も起こっていないことの連続だけが起こっていました。

真のところに在りましたね。
> >
> >
> > 立場をかえて
> >
> > 一瞬一瞬起こったことが何の跡形も残さず去っているのを感じました。
> >
> > そして、何も起こっていないことの連続だけがありました。
> >
> >
> > 立場なし
> >
> > 何も起こっていないことの連続だけがありました。
> >
> >
> >
> > そうか~、いつも、これまでも、何も起こっていなかったんだ~ということの理解が深まったように感じます。
> >
> > 在ることの不思議はいつも神秘的で、かと思えばとっても「普通」と感じるときもあり、とても奥が深く、その深さに触れる度に、何度も何度もまるで存在に恋をし直すかのようです。
> >
> > 存在が存在自身のことを認識できるというのは、とても稀有なことだと感じます。

はい、その自覚、認識は普通、当たり前、自然であり、同時にとてつもない奇跡、恩寵です。

はじめからそうであった奇跡。

それを知ってはじめて自覚できるもの、

その素晴らしさを享受できる恩寵です。

そして、その自覚の深さ、広さ、素晴らしさ、よろこびは無限に更新されていきます。
> >
> > いつも尊きセッションをありがとうございます。
> >
> > 次回のセッションもよろしくお願いいたします。
> >
> >
> > ラバンジン

こちらこそよろしくお願い致します。

ありがとうございます。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック