「ああ、在れている。」と感じます。

ここでは、「「ああ、在れている。」と感じます。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているK.M(のびのび)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

K.Mさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> セッション(第248回目)ありがとうございました。
>
> 感想です。
>
> はじめの共鳴では、「普通という名の神聖」、「自己への愛=すべてへの愛」を感じました。
>
> アイコンタクトでは、「無為=愛」を感じました。
>
> 瞑想では、「無為=愛の在り方」を感じました。
>
> ハートの共鳴では、「”ただ”在る」、「愛そのもの」を感じました。
>
> 立場を変えての共鳴では、「そのままに気づいている、そのままを知っている」を感じました。
>
> 立場なしの共鳴では、「自己の自己への愛」、「唯一の自己」を感じました。

今回は、在るである自己への愛が素晴らしく開かれ、活性化していた共鳴でしたね。
>
>
>
> 日常では、
>
> 体験を通して、絶対が深まり、「不機嫌は悪くない」ということが真の真に分かった、という感覚が起こりました。
>
> (「不機嫌は悪い」というのは根深いとらわれでしたが、もう随分軽やかになってはいました。)
>
> とらわれを通して、自己理解が深まっていきます。
>
> その後は、大きく更新されたような実感があります。
>
> すべてがただ通り過ぎていきます。
>
> 楽そのものです。
>
> 「ああ、在れている。」と感じます。
>
> 自然に、何の努力もなく、セッションのときと同じように、ただ在れています。

本当に素晴らしいですね。

大きな更新、さらなる更新が続いていますね。
>
>
>
> 素晴らしいセッションをありがとうございます。
>
> K.M

ありがとうございます。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック