思考が在りましたが それ以上に在れました。

ここでは、「思考が在りましたが それ以上に在れました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているジェイリーさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

ジェイリーさん

感想ありがとうございました。

> > 無空さん
> >
> > こんばんわジェイリーです。
> >
> > 12回目の感想を送ります。
> >
> > 最近は、仕事が忙しすぎてますが
> > 気負いせずに過ごしてました。
> > ダイブ、在るへの憧れが減ったようような
> > 感じです。

いいですね。
本質(在る)に何度も意識を向けること、
あるいは、自分自身を自覚することで、
マインドの変容、成熟が進んできていますね。
> >
> >
> > 共鳴
> >
> > 感覚的に少し怖かったです。
> > 思考は浮かんでましたが周りの感覚が
> > なんとも言えない感じで怖く感じました。

本質へのシフトは、慣れないと怖く感じられることもあります。
それは、安心そのものでもありますが、
同時に、未知そのもの、何ものでもないものそのものでもあります。
(マインドは、好奇心という側面もありますが、自己防御、自己防衛的な側面から
知らないもの、不確かなものを恐れます。)
在るの様々な側面、在り方を体験していきながら、
在るをよりトータルに知っていきましょう。
> >
> > アイコンタクトも時は思考が在りましたが
> > それ以上に在れました。

とてもよい感じですね。
> >
> > 意識を向けるとは?なんだろうと?
> > ハート共鳴の暑さを感じるときに思いました。

本質的には、自分自身に意識を向けるということになりますので、
自分自身を自覚する、ということになります。
意識を向ける“方向”というものはありません。

ただ在る、
その場に在る、
そのままで在る、
そのものとして在る、

ただ在ることの自覚、

それが真の自己であることの自覚

です。

真の自己であることの自覚により、自己理解は進んでいきます。
> >
> > 通常は頭がギューとなっていますがハート共鳴では
> > ハートが暖かくなります。
> >
> > こうしている間も在ります。

いいですね。
> >
> > 逆バージョンでは、本当に在るのか?何者でもない、私が
> > あるのか?という感覚でした。
> >
> > 言葉にしますと伝わらばいような感じです。

はい、そのままの感じがいいですね。
> >
> > 来週、お願いします。

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック