いのちそのもの 真っ白い光でした

ここでは、「いのちそのもの 真っ白い光でした」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている青さんから頂いた感想と無空の返信を、
参考までにご紹介させて頂きます。

青さん

感想ありがとうございました。

> > 無空さん
> >
> > 私がヨーガの先生になりたいのは
> >
> > 経済的自立のためです
> >
> > それが発端でした
> >
> > ヨーガ自身の目的は
> >
> > おそらく真我
> >
> > (本来の自分自身)を深く理解する
> >
> > または神我一体ともいいましょうか
> >
> > そのようなところと聞いております
> >
> >
> > ヨーガの行法は
> >
> > 古くから
> >
> > 伝えられ
> >
> > 正しく行うことが出来れば
> >
> > それなりの体験や理解を深めることは出来ると思います
> >
> >
> > 青が
> >
> > やはりヨーガにこだわり
> >
> > その真実を照らす片隅になりたいと願うのは
> >
> > わたしにとって
> >
> > これ以上ない仕事と思っております
> >
> > 今回
> >
> > いろいろな先生に出会うことが出来て
> >
> > どのように指導していても
> >
> > その先生のあり方や
> >
> > 理解の深さが
> >
> > そのままに伝わるものなのだと思いました

そうですね。

それが、自然(在る、真実、愛、全体、在るがままそのもの)の在り方、起こり方です。
> >
> >
> > しかしながら
> >
> > この数日の
> >
> > マインドの上昇は。。
> >
> > 相変わらずのところで。。つまずいております。。

何度もつまづくところは、大きく成長できるところでもあります。

そのような理解を持ちながら在りましょう。
> >
> >
> >
> >
> >
> > 始めの共鳴では
> >
> > これでもか!!というほど
> >
> > そのマインドでもあるところに向かい続けていました
> >
> >
> > このまま
> >
> > 息が止まればいい
> >
> > そんなことを祈っていました
> >
> >
> > この地上はもう見たくない
> >
> > もう十分です
> >
> > そんな感じです
> >
> >
> > 簡単にあきらめていますね。。
> >
> > なにか
> >
> > 誰かがブレーキをかけて
> >
> > わたし自身が自分自身であることが
> >
> > 誰かが不都合でもあるかのようです

いろいろなことが起こっているのかもしれませんね。

そのような中、自分自身であり続けることで、

周囲に自然に気づき、変容が促されていくでしょう。
> >
> >
> >
> > アイコンタクトは
> >
> >
> > そのネガティブの中心から
> >
> > 離れていくのが分かりました
> >
> >
> >
> > そのときに
> >
> > 感じていたのは
> >
> >
> > 宗教や
> >
> > ヨーガなどの団体や
> >
> > それら集合意識のことでした
> >
> >
> >
> > 瞑想では
> >
> >
> > 無空さんに尋ねておりました。。
> >
> >
> > 無空さんは
> >
> > 何かを伝えている人なのでしょうか
> >
> >
> > 「在る」ことで伝わっていく
> >
> > このいのちの喜びは
> >
> > 誰のものでもありません
> >
> > そんな風に思うのです

はい。

誰のものでもなく、

(誰かが独占し、所有しているものではなく、

あるいは、本質的には、それは所有するという類のものではなく、

また、それを所有できる存在というのも実在ではなく、)

また、すべての存在に開かれているもの、

ただひとつであるものでありながら多様性として現れている、

(現れていながら、けっして現れていない)そのような在り方の中で、

すべての存在が、それそのもの(いのちの喜びそのもの)であることを

それ自身として認識し、味わうことができるものであると言えます。

(味わうものと、味わわれるものはひとつである。

わたしは、よろこびであり、

よろこびは、わたしである。

わたしは、いのちであり、

いのちは、わたしである。)




> >
> > 先生という立ち位置に立ってしまうと
> >
> > 伝えるとか教えるとか
> >
> > 肝心なものはまったく伝わりようがありません。。。

どの立ち位置に立とうとも、

あるいは、どの立ち位置が現れようとも、

それが純粋なものであれば、

あるいは、立ち位置そのものとしてただ在ることができれば、

必要なものは伝わってきます。

あるいは、そのときに必要なことが起こります。

(起こること、伝わることが、必ずしも、受け取る側の自我が

期待するものでない場合もあります。

━真我、在る、愛、全体、自然は、何が起こっても、

その一瞬一瞬において、ただそうであるの全肯定、

相対的な否定、否認、非受容も含め、

「ただそうである」で在り続けます。━

何も起こらないことがそのときに必要であれば、

そうなることもあるでしょう。、

そして、体験を重ね、マインドの成熟も促されてくると、

全体として、その時はそれでよかった、

あるいは、その時はそれが起こるのが自然なことだった

等の理解も起こってくるでしょう。

いずれにせよ、起こることが起こります。

大事なのは、そのときにどう在るか、

起こったことをどのように受け取り、

どのように認識、理解できる視点、立ち位置に在れるか、

どのような存在として在れるか、

どんなときも自分自身で在れるか、

全体としての自然(愛)、

自然としての全体(愛)で在れるか、

そのようなところですね。)

> >
> >
> > 「在る」愛は
> >
> > とてつもない自然でした

はい。
> >
> >
> > 集合意識を
> >
> > 丸々大きく包んで在り
> >
> > また
> >
> > さらに大きく膨らんで
> >
> > その愛は柔軟そのものでした

そのように実感、体験しながら、自己(愛)をさらに

深めていきましょう。
> >
> >
> >
> > ハートの共鳴では
> >
> > 滞っておりました
> >
> > マインドのエネルギーが消え去り
> >
> >
> > そのまま大きな流れのようでした
> >
> >
> >
> > 立場を変えては
> >
> > いのちそのもの
> >
> >
> > 真っ白い光でした

本来の在り方に戻りましたね。
> >
> >
> >
> > 立場なし・ニュートラルでは
> >
> > 宇宙大の「在る」
> >
> > 在るの在り様そのものでした

素晴らしいですね。
> >
> >
> >
> >
> > どうもありがとうございました
> >
> >
> >
> > マインドの騒ぐままだと
> >
> > 本当に辛いですが
> >
> >
> > そうではない
> >
> > そんな自分自身を知っていることは
> >
> > 何にも代えがたいことです

はい。
> >
> >
> > ここ一番の浄化ポイントに
> >
> > はまっていたようにも思います
> >
> >
> > 今世でクリアしたいというポイントでもあります
> >
> > いろいろと複合的に現象として起こってきますが
> >
> > そこで体験し
> >
> > 見ているものは
> >
> > それです
> >
> >
> >
> >
> >
> >
> > どうもありがとうございました
> >
> >
> > 青

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック