自分自身に忠実である事、そこから生まれる自己信頼がとても大事だと思いました。

ここでは、「自分自身に忠実である事、そこから生まれる自己信頼がとても大事だと思いました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているM.S(いしぽん)さんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させてただきます。

M.S(いしぽん)さま

感想ありがとうございました。

> > 無空 様
> >
> > M.S(いしぽん)です、先ほどはセッションありがとうございました。
> >
> > 話していて気づいたのですが
> > 「起こるがまま」に抵抗しているのは
> > 過去の記憶、「身体が思い通りにならず苦しかった」という
> > 思い込みがあるからで、だから手放したくない、と。
> >
> > しかしそもそも、「身体を思い通りにしたい」事そのものが
> > 「あるがまま」に抵抗していたから、それが起こった訳で
> >
> > それは他者や社会観念、「外側」に振り回されていたために
> > 起こった事でもあり、
> >
> > 真の自分、ハートというのか何というのか
> > 自分自身に忠実である事、そこから生まれる自己信頼が
> > とても大事だと思いました。

今回も、よい気づきが起こりましたね。
> >
> > と、こうして気づいた事を書いている時も
> > どこかに「認められたい」という思いが
> > 滑り込んでいる事に気づくのですが
> > これはなかなか根深いなぁと思います。

(真の自己理解が深く浸透する前の)マインドの自然な傾向とも
言えますので、マインドとはそのようなものであり、
ただマインドがマインドの働きをしていると気づいていられるとよろしいと思います。

(“ただ”気づいていることは、とても大きなパワーがあります。
ただ”気づいていること、あるいは、真に見ることができれば、落ちるものは落ち、
変容するものは変容していきます。
“ただ”の度合いは、気づいている主体の純度、自己理解の深さ等も関係してきます。
それを進めていくために、自分自身に気づくこと、在るに意識を向けることを何度も繰り返していくこと、
起こっている現象の方ではなく、あるいは、それと共に、起こっていることに気づいている主体のワークが必要です。
そして、起こってきた理解、気づきの視点から、日常を丁寧に生きていくこと、体験していくことが大事ですね。
それらが総合され、マインド、ハートを含め、存在全体が変容、成熟していきます。)
> >
> > 「自分が自分を認める以外に無い」という事は
> > 今まで散々体験して来て身に染みている筈なのですが。
> >
> > とはいえ、これも起こるがまま、です。

身に染みてきていることで、徐々に起こることも変わっていくでしょう。
> >
> >
> > それでは6月も木曜18時に宜しくお願い致します。

こちらこそよろしくお願い致します。

M.S(いしぽん)

ありがとうございます。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック