愛の浸透を感じ、愛が浸透するほど、落ち着いた愛が深く開かれることを感じました。

ここでは、「愛の浸透を感じ、愛が浸透するほど、落ち着いた愛が深く開かれることを感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているMonaさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Monaさま

> 無空様

> 本日も素晴らしいセッション、ありがとうございました。
> 今月から環境が大きく変わり、自由な時間がほとんどない状態となりましたが、必要なことが起こっていることを感じ、落ち着いて在ります。
> たくさんの素晴らしい光と触れあう機会に恵まれていることをありがたく感じています。

今回の環境の変化も、存在全体の深まりと成長、そして、実現にとてもよい機会ではないかと思います。
素晴らしい在り方で在られているようですね。
謙虚な在り方で学ばれ、受け取られていくのと同時に、深い理解から自然に放たれ、実現される存在の光、祝福が同時に起こっていることでしょう。
ただそこに在るだけ、ただ在るだけで為されているということがあります。
>   
> では、感想をお伝えします。

> 最初の共鳴
> 収まるべきところで開花するという言葉が浮かび、在るという基本の立ち位置に在ることの大切さをあらためて感じました。

自分自身(在る、真の自己、愛)であること、それ自体が開花ですね。

(同時に、自分自身であると、根そのもの、源そのもの、あるいは、マイホームそのものでもあるように、
とても安心、安定しています。
安心は、その存在の自然な開花を促します。
自分自身であることは、安心であり、また、開花そのものでもあり、また、さらなる開花を促すものでもあります。)

自分が自分に開かれる、
(気づいている意識がそれ自身に気づく、在るがそれ自身が存在していることに気づく、その事実に気づく、愛が愛を知る・・・)
自分を認識する、
自分を知る、

それは、無限に開かれていきます。
無限に開花していきます。

それは、無限そのもの、無限の可能性そのもの、無限の愛そのもの。

可能性は開かれ、愛は開花し、満ち満ちたものは、ただ満ち溢れ出します。

> その後、愛に包まれ、愛に見守られていることを感じ、開かれた愛を感じました。

> アイコンタクト
> 素晴らしいもの、大切なものを受け取っていることを感じ、在ることで感謝を伝えることが起こりました。
> その後、愛の浸透を感じ、愛が浸透するほど、落ち着いた愛が深く開かれることを感じました。

存在の深遠に、とても精妙に深く広く愛が浸透し、開かれていっているのが伝わってきます。
それは、とても落ち着いた愛ですね。

> 瞑想
> 必要なことが起こっている=愛を受け取っていることだと感じました。
> その後、愛のつぼみがイメージで浮かび、そのつぼみが開花することを待っているよろこびを感じました。
> そして、その意図のないよろこびのストレートさ、パワフルさを感じました。

意図のないそれ、“ただ”というのは、とてもつもない純度で、ストレートで、パワフルです。
それは、自ら然り、他の何ものにも依らず、本当に自然です。
真なるもの、絶対的な自然です。

> ハートの共鳴
> よろこびの開花を感じ、純粋なよろこびに貫かれることを感じました。
> そして、よろこびの尊さと美しさを感じました。

そのよろこび、そして、その尊さと美しさがとても伝わってきます。

> その後、感じることは受け取ることだと感じ、よろこびを受け取っていることを感じました。

そう認識されることで、さらに深く浸透していきますね。

> 立場をかえて
> 与えるものはよろこびの存在という言葉が起こり、よろこびがどこまでも大きく広がることを感じました。

ただよろこびそのものであることで、それは、とてもストレートに、素晴らしい純度で、

精妙に、やわらかく、やさしく、軽やかに、

そして、自然にどこまでも広がっていきます。

> 立場なし
> 落ち着いた愛の浸透を感じ、すべてのものが愛でできていることを実感しました。
> そして、ここに在るのは愛だけであるという理解が起こりました。

はい、それ(愛)だけが在ります。

在るのは、愛だけ。

在るものすべては愛

在るは、愛です。

それがすべてのすべてです。

> 次回もよろしくお願いいたします。

> Mona

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック