私は常にいる、在るのですから。

ここでは、「私は常にいる、在るのですから。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているジェイリーさんから頂いた感想と
無空の返信を参考までにご紹介させて頂きます。

ジェイリーさん

感想ありがとうございます。

> > 無空さん
> >
> > お世話になります。ジェイリーです。
> >
> > 二回目セッションの感想になります。
> >
> > 今回は前回と比較して強烈に何かを感じる事が全体を通してありませんでした。

はい、在るの在り方は無限であり、その感じ方は様々です。
前回の感想のご返信に、日常そのものが在るですというようなことを書いたと思いますが、
それ(在る、愛、全体、空)は、普通、当たり前、いつも通り、自然という在り方で実在しています。
変わることのない本質、
すべてを常に支え、すべてに浸透し、すべてをいつも包んでいるもの、
そして、すべてのすべて、すべてそのものとして在るものは、そのように在ります。

共鳴のときには、それを強く感じたりすることもありますが、その本質を知り、
いつもと変わらない中にそれを見出すことがとてもとても大切です。

それは、いつもそのものでもあるのに、いつもと違うものを探していたのでは見つかりません。

いつも在るもの、どんなときでも在るもの
共鳴する前から在るもの、
共鳴中も在るもの、
共鳴の後も変わらずに在るもの、
それに気づいて在りましょう。
> >
> > 先週から特段に在るを意識していなかったようにおもいます。ただ長年自分とは?を追いかけていると絶対に気づく事ができない方向性を無空さんに指して頂きました。
> > もしかしたら、たった今、現実の辛さから精神世界を知り、独自に自分とは?に取り組まれている方に、かなりいい情報になるのではないか?と思います。
> > 年でいえば30代半ば~40代の方、私もそうですが、この社会はいったい何なのだ!とかんじられている方など‥
> > 私は常におり、在るのです。頭では解ります。
> > 独自で取り組んでいると常に疑心があります。逆に自分を信頼しきっている方は、この世界に興味が湧かないのではないかと思います。

自然で必要な注意は向きます。それが起こります。
ただそれに必要以上にとらわれるということがなくなっていきます。
体験は味わい深く、そして同時に、とても軽やかです。

> > 連続している意識、在るのです。何かになるのではなく、今在るもの!
> > 本で読んでいるだけ、ネットで見るだけでは、これでいいのか?すら苦しみの原因になります。
> > 私の場合は自分を知っている存在への確認が「どうしても」必要なようです。
> >
> > この感じでよいのか?本当に現象なのか?全ては私であり、私が元になっているのか?
> >
> > ですので、最初は日頃から感じでいる事と変わらない感覚であたり前だと思います。
> >
> > 私は常にいる、在るのですから。

そこがポイントですね。

マインドの自然な傾向、また、これまでの習慣から、そして、さらに大きく見るなら、在るの自然本性から、

注意は、変わらないそれ自身とは違う(これもひとつの視点からの表現で、

変わらない本質から現れたものも含め、すべては変わらないそれ自身であるという視点もあります。

どの視点、どの角度、どの立ち位置から、どのように見るかで、見え方、理解等が変わってきます。

理解が深くトータルになっていくと、

様々な視点を包括できるようになっていきます。)外側の何か、現れた何かに自然に向きます。

ですから、気づいたら、意識、注意を自分自身に戻すということが必要です。

(これも、機が熟したときなど、様々なプロセスを通して起こる在るの自然本性でもあります。)

何度も戻り、自己認識、自覚を重ね、自分自身をより深く、よりトータルに知っていくこと、自己理解が大切です。

それが、マインドを含めた存在全体を変容させます。

真の自分とは、何ものであるのか、変わることのない本質、そして、そこからの現れも含め、全体としてどのようなものであるのか、

それをどのくらい深く知ったか、どれくらいトータルに知ったかで、軽やかさ、穏やかさ、落ち着き、自然さ、シンプルさ、

とらわれのなさ、平和度、幸せ度等は変わってきます。

(もちろん、それぞれの方のもともとの気質的なもの、タイプ、そして、どの質がより開かれているか等によりますが。)
> >
> > 私の境界線が何処か?不明なように理解を体感できるよう今後も継続させて頂きたく思います。

体感、実感を重ねしてくことにより、そこからの直接的な理解が徐々に存在全体に浸透していき、変容が進んでいきます。
> >
> > 私はこれまでの親、学校、周囲の教えをあたり前に思ってました。今も信じておりますが‥
> > どうしても、おかしく思います。周囲の方は仕事、飲み会など一生懸命しており、否定はしませんが私には死ぬ為に頑張っているようにしか見えません。お客さんにもお金を持っているから丁寧に接し、日々気に入られる努力をしているように思えます。ブログにも書きましたが極論でいえば今すぐ楽になったほうが良いのではないか?と思います。
> >
> > 私は子供にうそをついてはいけない、と言えないようになりました。日頃から私はうそをついている事を知っているからです。ガ
> > それとは違い、無空さんを始め、自分に気づいた方の言うことは府におちます。
> >
> > これまで教えてもらってばかりの歩みでしたので無空さんの助けをお借りしながら自身で体感いたします。

はい、自己理解を深めるためには、自身での体感、実感が不可欠です。

また、「これでいいのか?」という疑問は、トータルにマインドが変容、成熟するまで、何度も起こってきますので、

確認しながら進んでいきましょう。
> >
> > 感想になっていないかも知れませんが私が苦しみながらネットを読みあさっていた頃を思いだし、多少なりにも今苦しんでいる方に寄り添って頂ける方の重要性を記したく、文にさせて頂きました。
> >
> > 今後も宜しくお願いします。

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック