輝きが崇高さを伴った美とともに、音色のように響き渡っていることを感じました。

ここでは、「輝きが崇高さを伴った美とともに、音色のように響き渡っていることを感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているMonaさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Monaさま

> 無空様

> 先日も素晴らしいセッション、ありがとうございました。
> 日常では、マインドが動いても、在るとすぐにまとまって落ち着いて在ります。
> それは散らかっていたものが収まるべきところに収まっていくような感じで、とても自然に為されます。
> ゆったりとした日常の流れを、ハートとともに過ごしています。

とてもよい感じですね。

> では、感想をお伝えします。

> 最初の共鳴
> 朗らかな太陽の輝きを感じました。
> その温かく、やさしくほっこりするような輝きが、一人一人の存在の個性や才能を照らし、また照らされていることで輝いていることを感じ、これでいいということを理解が起こりました。

在るの立ち位置からの理解ですね。

> アイコンタクト
> 透明感のある美しい輝きを感じ、自らの美を讃えていることを感じました。

はい、それ自身が讃えています。
それは、輝きそのもの、美そのもの、讃えそのものです。

> 瞑想
> 輝きが崇高さを伴った美とともに、音色のように響き渡っていることを感じました。

素晴らしく美しく感じ取られていますね。

> ハートの共鳴
> しあわせはここに在ることを感じると、しあわせが開かれて在ることを感じました。
> その後、しあわせの輝きとして在りました。

そのものですね。

> 立場をかえて
> しあわせの輝きとして在りました。

> 立場なし
> しあわせの輝きの定着を感じ、しあわせから決して離れることはないことを感じました。
> 後半になるにつれ、しあわせの微笑みとして在りました。

しあわせにも無限の在り方がありますね。

> 次回もよろしくお願いいたします。

> Mona

こちらこそよろしくお願い致します。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック