認識することを超えた、深さ、核、あたたかさに満たされる。

ここでは、「認識することを超えた、深さ、核、あたたかさに満たされる。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているTEさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

TEさま

感想ありがとうございました。

> > 無空さま
> >
> > いつもセッションをしていただきまして
> > まことにありがとうございます。
> > 平成27年1月のセッションの感想を
> > お送りいたします。
> >
> > ~共鳴~
> > 体中が広がる感覚、画面や身体も浮いているような感覚が
> > 広がっている。
> >
> > ~アイコンタクト~
> > 落ち着き、静穏さが戻ってくる。ただ意識である。
> >
> > ~瞑想~
> > 認識の手前へ。気づいていると気づく前、ただ
> > 気づいていることは、気づいているというのもふさわしいことば
> > かどうかわからないともいえそうだ。

よく感じ取られていますね(すでにそうであるものの直知、
あるいは、それそのものであるものの直知)。
> >
> > ~ハートの共鳴~
> > 認識することを超えた、深さ、核、あたたかさに満たされる。
> > 満たされている。

超えたそれ、そのものであるそれ、直接的なそれですね。
> >
> > ~立場をかえての共鳴~
> > 穏やかで、やさしいエネルギーを感じる。言葉はあまり起こらない。
> >
> > ~立場なしでの共鳴~
> > 清々しく、気持ちが良い。すべてはうまく行っていないことも
> > 含めて、うまく行っている。

ひとつであるもの、全体、在るのトータルな視点ですね。
すべてに絶対的に浸透し、すべてを貫き、すべてを結び包み込む、
すべてをひとつであるもの、すべてをひとつの(大きな)生命そのものとして見る、
そして、すべてであるそれ自身を相対を含み超えた真・善・美として知る
在るの視点、愛の視点ですね。
(ぶれることなく、ゆらぐことのない在るの絶対的な視点、
そして、とてもシンプルで自然な視点とも言えます。)
> >
> > 以上です。
> >
> > 日常生活では、理解力の浸透により、ある視点からみれば、立ち位置の
> > シフトが起こっていることが感じれるようになっています。

素晴らしいですね。
> >
> > 振り返ってみれば、もともと、それを繰り返し、繰り返しお話されていた
> > ことだと今ではよく分かります。分ると感じられます。

「分かると感じられる」
理解の力の為せる業ですね。

また、
「分かると感じられる」
そして、
「感じられると分かる」
それは、
無限の深さ、無限の広がり、無限の奥行きを持つ在る、
無限そのものである在るのことでもありますね。

無限そのものでもある在るは、その理解に応じた在るの真実を
在るがままに実感、体験させてくれ
また、実現してくれます。

在るの自分自身への愛は、それほどに深く、大きなものです。
それは、絶対的な愛、そして、無限の愛です。
> >
> > 本当にありがとうございます。
> >
> > TE

ありがとうございます。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック