おおきくひろがって、澄んで、マインドにはつかむところも、足場もない。

ここでは、「おおきくひろがって、澄んで、マインドにはつかむところも、足場もない。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているハリマンさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

ハリマンさん

おはようございます。

事務連絡、感想ありがとうございました。

> > 無空さん、こんばんは。
> >
> > 今年もよろしくお願いいたします☆

こちらこそよろしくお願い致します☆

~事務連絡につき、省略させて頂きます~

> > 〇11月26日の感想です。
> >
> > メモをたよりに。
> >
> > 近況報告
> >
> > 自身の奥の方にいる感じ。

存在には厚みがあり、そこには奥行きがありますね。

その在り方は、前面に出たり、奥の方にいたり(在ったり)、

中心に在るようなかんじであったり、全体的であったりと様々です。
> >
> > そしたら、周りの人や出来事がふっくらとある感じに。
> >
> > 自分を含めて色んなものや事が、宇宙のなかの一点に感じられ、その一点から時間や空間を超えた「宇宙」を感じる。

素晴らしい体験、実感、認識をされましたね。

自己の理解がさらに広がり、深まって、厚み、奥行きのあるものとなっていきますね。
> >
> > 共鳴
> >
> > ただ「在る」がひろがっている。
> >
> > 「眠り」も「目覚め」も「覚醒」も何の関係もなく、
> >
> > それら(言葉)を超えてただひらかれている。
> >
> > 裸のまま。

マインドを超えた純粋な状態、在り方ですね。
> >
> > アイコンタクト
> >
> > 「ハリマン」も「無空さん」もそのままに超えて(通り過ぎて)ただ「在る」だけ。
> >
> > そこに「意味」はなし。
> >
> > そして、「意味を持つ」「意味を握る」そういう人生を送る・そういう在り方も、否定されることもなく、
> >
> > 一つの在り方としてそのままに。

はい、それが在るの在り方、スタンス(愛)です。
> >
> > 瞑想
> >
> > 始めの共鳴の際から「ずしん」と在る感を味わっていましたが、それを感じているのは「ハリマン」であって、それを通り過ぎて「ハリマン」と無関係に在る。
> >
> > 「わしゃ、知らん。わしゃ、わからん」ってコトバが起こりました(笑)。
> >
> > ラマナ・マハルシの
> >
> > 「誰がその質問をしているのか?」
> >
> > 「そう思っているのは誰か?」が思い出されました。

本質と現れの理解がさらにクリアになったのではないかと思います。

現れも、状況、あるいは、視点等により、自動的に現れ、ただそこにあります。

本質(在る・変わることのない真の自己・気づいている純粋な意識)は、

それ(現れ)と無関係にある在り方である場合もあれば、

それ(現れ)そのものとして在る場合もあります。

在るの在り方は無限です。
> >
> > ハート
> >
> > おおきくひろがって、澄んで、マインドにはつかむところも、足場もない。

在る、純粋なそれ、形なきそれをとてもよく感じとられ、表されていますね。

つかむところ、足場もないところで、ただ在れる。

そのまま、不安も恐れもなく、バランスを崩すこともなく、

それだけで在れる。

ただ自らにより在れる。

名前もなく、定義もなく、何ものでもないもの、

もっとも弱いものとして(もっとも強いものでもありますが)、

ただ在れる。

落ち着き、くつろぎ、静かに、穏やかに満ちて在れる、

ただそのまま在れる。

それが在るです。
> >
> > 立場を変えて
> >
> > 「楽しいね」「面白いね」
> >
> > 立場なし
> >
> > 笑いが起こる。
> >
> > 「小さな子供の頃は泣いても、怒っても、笑っても・・・ぜんぶ同じこと」。

そうですね。

すべては同等(在る・愛)です。
> >
> > 無空さん、ありがとうございます

ありがとうございます。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック