至福=普通という理解が起こりました。

ここでは、「至福=普通という理解が起こりました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているMonaさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Monaさま

感想ありがとうございました。

> 無空様

> 昨日も素晴らしいセッション、ありがとうございました。

> 今週は、起きていることに向き合うことで、落ち着きが深まり、完結したものとして在りました。
> 現実と向き合うことと真剣に生きることは同じなんだなと感じます。
> そして、真剣さは、愛が愛を知りたいから起こっていることを感じます。
> また、存在が意図となり、いのちとして動く、それが自然なる姿なんだなという理解も起こり、無為自然という基本の在り方の大切さもあらためて感じました。

本質的なところを素晴らしい理解と共にとてもよく感じ取られていますね。

> では、感想をお伝えします。

> 最初の共鳴
> 終始ゼロを感じました。
> 何も起こらないからすべての可能性を含み、またあらゆることが起こることを感じました。
> そして、ゼロの広がりを感じ、どこまで行ってもゼロ、何をしてもゼロ、ゼロの躍動、ゼロのよろこびを感じました。
> 後半は、ゼロの中心として在り、凝縮したもの、濃密なものを感じました。

> アイコンタクト
> 波立つもののないフラットさ、ゼロを感じました。
> それは、満ち満ちているもの、静かなるものでした。
> この波立つものがなく、五感を超えたところで感じているような静かなる深いよろこびを至福と呼ぶのかもしれないと思いました。

セッションで、確認できましたね。

> 瞑想
> アイコンタクトで感じた至福をより深く味わうことが起こりました。
> それは本当に馴染みのあるもので、ずっと知っているものだと感じました。
> 至福=普通という理解が起こりました。

そのとおりです。
いつも変わらないそれ(普通・不変不動なるもの・本質)、いつもと変わらないそれ(普通)を
真に至福と知ることができる方は幸いです。

> ハートの共鳴
> フラットだった至福が開かれ、至福の広がりを感じました。

> 立場をかえて
> 至福の愛が、外に向かって一身に注がれていることを感じました。
> そして、在るはそれに関してまったく無頓着であることを感じました。

それゆえ、在るも、そして、そこから放たれ、注がれている至福の愛も、
純粋なままに保たれます。
そこには、余分なもの、付属するものは、一切ありません。
形跡を残さない、それが在る(空)の在り方です。

> 立場なし
> 今度は、至福の愛が自分に注がれていることを感じ、深い落ち着きを感じました。
> 後半は、溶け合い、至福の愛そのものとして在りました。

今回も素晴らしい理解と実感が展開された共鳴でしたね。

> 次回もよろしくお願いいたします。

> Mona

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック