歩いている時も極力脱力して、在るに在る様な状態で歩く様にしています。

ここでは、「歩いている時も極力脱力して、在るに在る様な状態で歩く様にしています。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているストライクさんから頂いたご報告と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

ストライクさま

ご報告ありがとうございました。

> 先週からの状況
>  基本的には変わりありません。
>
>  日曜日に集まりが有って、
>  みんなで集まって30分くらい瞑想をしました。
>  その時は、ずっと心臓の鼓動が耳の辺りから聞こえていて、
>  その後、骨のようなものが見えてきて、
>  その中心を通れるような感じがしたので、
>  ずーっと通って行くようなイメージをしていたら、
>  時間になって終わりになってしまいました。
>  そんな感じの瞑想をしました。

必要なことが自然に起こったのかもしれませんね。
>
>  電車の中は、いつものように瞑想をすると
>  あっという間に着いてしまいます。
>  時間が止まっているというか、中抜けと言う感じです。
>  時間が止まっていると言う感じはしないです。
>  ずっと考えないで思考が止まっている感じで時間が過ぎてしまう。
>  感覚としては5分くらいの感じなんですが、
>  実際には40分くらい経っているいる。
>  考えないようにじっとしていると言う感じでは意識は使っていると思います。

思考・マインドが働くことにより、時間の経過感覚が生まれてくるとも言えます。
考えが起こっていないときは、あまり時間の経過感覚がないかもしれませんね。
>  
>  帰りもそんな感じで、慣れてきたので乗り過ごすと言う心配も無くなりました。
>  時間的に少し余裕をもって瞑想から出るという感じですね。
>  短いと5分くらいでも瞑想ができるみたいですね。
>
>  歩いている時も極力脱力して、在るに在る様な状態では歩く様にしています。
>  目を瞑るわけにはいかないので、そんな感じで歩いています。

いいですね。
>
>  時代劇の剣客商売に出てくる剣の達人に秋山小平と言うのがいるんですが、
>  その秋山小平の立ち方、脱力して立って歩くというのをイメージしながら
>  在るに在るような状態でなるべく歩くようにしています。
>  そうすると無駄な力が入らないというか、力みが入らない状態で、
>  結構スタスタと歩けています。
>  半分瞑想状態ですから決して速く歩けるわけではないですが、
>  結構軽快に歩けるので、そんな感じで楽しんで歩いています。

剣の達人と共鳴状態とも言えますね。
>
>  後、背骨の下の方がへその高さくらいまでの部分がちょろっと暖かくなる時がありました。
>  どうして暖かくあるのか、姿勢のせいか不明ですが、瞑想の時はなりませんが、
>  スースーするような温かいようなそんな感じの時が何回か有りました。

何かが調整されたり、活性化しているのかもしれませんね。
>  
>  後は、悟りを開いた人になったつもりで状態を感じてみるとかもしています。

まだ、そうではない、という思いなどが、障害になっていることもありますので、
そのような実践もよいかもしれませんね。
開いていること、開きそのものであること、大事です。

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック