存在の影響力

ここでは、「存在の影響力」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているストライクさんから頂いたご報告と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

ストライクさま

感想ありがとうございました。

> 先週からの状況
>  全く普通の感じで、
>  歩いてても普通の感じですね。
>
>  前感じていた、世界が近くなったような感じも
>  しなくなってきました。
>  前は、そこにあった物がより自分に近くなってきたような
>  そんな感じがしていたのですが、それもなくなって
>  普通になってきました。

統合され、落ち着いてくると普通になってきます。
すべては、普通(在る・真我・愛・全体・自然)の中に溶けていきます。
>
>  電車の中の瞑想もあまり深い感じがしない。
>  考えとかは止まっているんですけど、
>  ただ止まっているだけで、瞑想をしている感じがない。
>  深くやれたなという感じもない。
>  目を瞑ってじっと止まっているという感じで終わってしまう。
>  そんな感じなんです。
>  ちゃんとリラックスしてできていないのかな?

そうではないと思います。
>  
>  本当に瞑想をやっているやった感じが無い。
>  と言っても疲れるようななったわけではなく、
>  相変わらず疲れとしては全く感じていまません。
>  でも、やった感が全くないのも本当に困ったもんだな!

するではなく、在るというところにより注意を向けてみましょう。
そこでは、する感じ、やった感は、ゼロです。
>  
>  思考を見てみようと思うんですが、まあ見れないです。
>  観ているときは出てこないというよりも
>  いつの間にか考えているのに気がつく。
>  考えているのを見ているっていうのはできないんでしょうか?

意識的に“見よう”とすると、消えてしまったり、出てこないことが多いかもしませんね。

>
>  頭の中で考えていることを見ようとするんですけど、
>  いつの間にか見ているはずの方で考えている。
>  メインステージは一つしかないのかな?
>  と言う感じで自分が考えているところをなかなか観れない。
>
>  意識している(在る)方にメインを置いてら、
>  いつの間にか考えてしまうこともある。
>  考えている自分を観たいんですが、そういうことは可能なんでしょうか?
>
>  夢なんかでも殆ど流されちゃってますよね。
>  やはり、そんな感じなんですかね?
>  気づいたらもどるしかないんですかね!
>  同時進行は無理ですかね!
>  瞑想をやった感が無いのが困りますね。
>  
>  夜寝ようとしも寝付けない時に、布団の中で瞑想しようと思っても
>  何か苦しくなってしまってできないんです。
>  いつも電車の中でやっているせいですかね。
>  眠れないので、瞑想したまま眠りに落ちれば良いかなと思っているんですが、
>  苦しくなってしまうんです。
>  眠れないからってやっているからそうなるんですかね。
>
>  なかなか変化が出てこないので困っています。
>  まあ、続けるしかないですね!

はい、地道な実践が大切です。
(顕在意識レベルで気付かなくても、深いところで変容が進行しているということがあります。
また、熟成期間というのも必要です。)
それが、マインドの成熟にもつながっていきます。
>
>  葉物(ポトス)に水をやっているのですが、
>  普通なら時期的に元気がなくなってくる時期なんですが
>  最近急に急に元気が出てきて、伸びているんです。

ストライクさんの存在の影響力が増しているということかもしれませんね。
さらに進んでくると、より微細な変化、小さな変化にも気づけるようになってきます。
>
> ストライク

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック