清濁併せ飲む「そこ」でした

ここでは、「清濁併せ飲む「そこ」でした」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている青さんから頂いた感想と無空の返信を、
参考までにご紹介させて頂きます。

青さん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> ありがとうございます
>
>
> 今日は
>
> 朝からぼ~~っとしていて
>
> 鼻炎もひどくて。。
>
> そんなところでした。。
>
>
> あまりにきれいに忘れてしまいますが
>
>
> そこではっきりとしたマインドがそこにあるのは
>
> 分かっています
>
> そこから離れているときというのも
>
> 自覚できるようになりましたが
>
> そのマインドに巻き込まれている(それそのものになっている)
>
> 肉体の本能そのものになっているような時とか
>
> 楽しみや
>
> 喜びや
>
> それら様々な自分そのものを自覚
>
> 実感してるようなことです
>
>
> それでいながら
>
> すべてがいつもきれいさっぱり消えてしまうようです
>
>
> まだまだ変容中なのでしょうか。。。(汗)

変容が続いているということは素晴らしいことです。
>
>
> さて
>
> 始めの共鳴は
>
> ものすごい吸引で
>
> ぼ~~~~っとしているマインドの膜のようなものが
>
> 吸い取られていくようでした
>
> 自身も吸い込まれていました
>
> そんな感覚でした
>
>
>
> アイコンタクトは
>
> 自分自身である
>
> ということは
>
> 「よくわからない」ということのようでした

それは、無限の可能性そのもの、未知なるものでもあります。

同時に、なつかしく、安心感があり、とても馴染み深いものでもあります。
>
>
>
> 瞑想は
>
> 飛び回る蝶の気分だったのです
>
> 花畑の上を・・・
>
> そのうちに一つの花に
>
> 降りていきました
>
> そこが安住の地でもあるかのようでした
>
> 蜜を吸っていました
>
> すると
>
> 細胞分裂が始まり
>
> それが受胎した様子を再現して体験しているようでした
>
> 今日は自分の誕生日ということを思い出していました
>
> ダイナミックで不思議な
>
> 夢を見ていたような気分です

自然に必要なことが起きていたようですね。
>
>
>
>
> ハートの共鳴
>
>
> 生まれたことを嬉しく思いました
>
> お誕生日だったのです(^0^)

おめでとうございます(^o^)
>
>
>
> 立場を変えて
>
>
> 透明な美しい純度の高いものではありません
>
>
> すいません
>
> それであるものをそのまま
>
> 受け止め
>
> 受け入れていただいたような感覚でした
>
> ありがとうございました

在る(真我・愛・全体・気づいている意識・無・空)は、全肯定、絶対肯定です。
>
>
>
> 立場なし・ニュートラルは
>
> 深いですね
>
> 清濁併せ飲む「そこ」でした

全体そのもの、トータルであるそれ(在る・真我・愛・気づいている意識・無・空)は、

相対的なものを含み超え、その純度は至高のまま(絶対均質)、そのように在ります。
>
>
>
>
> いのちは
>
> また
>
> 新しい
>
> そのものを見せてくれています

はい、それは無限に奥深く、そして、いつも新鮮です。
>
>
>
>
>
>
>
> ありがとうございました
>
>
>
> また来週もどうぞよろしくお願いいたします
>
>
>
> 青


こちらこそよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック