成熟した落ち着き

ここでは、「成熟した落ち着き」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているMonaさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Monaさま

感想ありがとうございました。

> 無空様

> このたびも素晴らしいセッション、ありがとうございました。

> 今週の前半は、自然の中に溶け込んでいる感じで過ごしましたが、後半は重さやしんどさが起こりました。
> ですが、それらもまた愛であることを知っているので、落ち着き、愛として向き合い、受け入れるようにしました。

素晴らしい在り方ですね。
知っている(理解)という力は大きいですね。

> セッション前までは、まだ完全に戻っていなかったのですが、セッション後の今は、落ち着き、成熟した愛を存在全体で感じています。
> そして、この愛を大切にしていきたいという思いが起こっています。

はい、大切に育てていってください。

> では、感想をお伝えします。

> 最初の共鳴
> 終始感じたのは、愛でした。
> これだけが知るべきものであることを実感し、愛に溶けあい、愛を知るものとして、また、愛として在りました。

素晴らしいですね。

> アイコンタクト
> 前半は、愛の輝きとして在り、後半はそこに落ち着きが加わりました。
> 愛だけが在ることを再確認しました。

確認、再確認により、それ(愛、愛の認識、愛の理解)はより深まっていきます。

> 瞑想
> 落ち着くところは、ここにあることを感じました。
> そして、その無限の奥深さを感じ、そこでくつろいで在りました。
> そして、暗闇の温かさ、やわらかさ、くつろぎを感じ、暗闇も光であることを感じました。

くつろぎ、感じ、理解されることで、それは明らかなもの、明るいもの、光、光明となりますね。
すでにそうであったものとして感じられますね。
それは、相対的な明るい、暗いを超えた光そのものです。

> ハートの共鳴
> ハートの全開=光そのものだと感じました。

いいですね。

> 立場をかえて
> 落ち着いた輝きとあるがままということを感じました。

よい流れ、
在る(愛)そのもの、光、輝きそのもののトータル、統合的自己理解の自然な展開ですね。

> 立場なし
> 前半は落ち着きそのものとして在り、後半は成熟した落ち着きを感じました。

始めの共鳴から最後の立場なしのニュートラルまでの
ただひとつのものである在る(愛)の自然な自己展開力(愛)、自己認識力(愛)、自己理解力(愛)、
自己完結力(愛)、自己更新力(愛)は、本当に素晴らしく、そして、美しいですね。

> 次回もよろしくお願いいたします。

> Mona

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック