在ると個人の識別を超えて、それはひとつという理解がリアルにあります。

ここでは、「在ると個人の識別を超えて、それはひとつという理解がリアルにあります。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられてるumiさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

umiさま

感想ありがとうございました。

> > 無空さま
> >
> > 先日もセッションをありがとうございました。
> > 共鳴の感想です。
> > "くつろぎそのもの""繊細""柔らか""変わらない、その幸せ""故郷そのもの""悦びそのもの"
> > "無限に響き合っている=何も起こっていない""自然そのもの"などを感じました。

全体的にとてもよく感じ取られていましたね。
> >
> > 先週気づきが起こってから、在ると個人の識別を超えて、それはひとつという理解がリアルにあります。
> > "在ると個人に境界線はなかった"ということ、その理解が知識や一時の体験ではなく
> > いつの間にか普通に浸透しているようです。

とてもいいですね。

> > 日常生活としては何も変わっていません。
> > それと同時に想像もつかなかった深さの安心、くつろぎを感じることがあります。

素晴らしいですね。
書かれてあるように、それはマインドで想像することはできません。
そうなってみて(そう在ってみて)、はじめて感じること、知ることができるものです。
> >
> > いつもありがとうございます。
> > また後ほど、よろしくお願いいたします。
> >
> > umi

ありがとうございます。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック