少しずつ、意識の優先順位を変えていこうと思います。

ここでは、「少しずつ、意識の優先順位を変えていこうと思います。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているRTさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

RTさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> 本日はセッションありがとうございました。
> (忘れることが無いよう、感想を早めに送ります。)
>
> セッション前までは、すごく意識が日常のあれやこれやと
> 自分の混乱した状態にどっぷりと浸かっていました。
>
> セッション中、ふと、普段、動くもの、変化するものにばかり
> 意識を向けていたことに気づきました。
> そこで、これを認識している、この私とは何か?とそちらに
> 向けてみました。

いいですね。
>
> すると、
>
> 「そんなことしても、現実に体を動かし、思考している自分がリアルでしょ?
> 何そんな自分から目をそらして、ほかに素晴らしい自分があると
> 思おうとしてるの?」
>
> という疑問が浮かんできました。
>
> それに対しては、答えることもできず、意識を認識する存在に向けたり、
> 思考する自分に向いたりの繰り返しをしばらくしていました。

はい、起こってくる思考、マインドに答える必要はありません。
それはそのまま起こるがままにしておき、在る、気づいている意識に
注意を向けて、そしてそれを感じて在りましょう。
>
> そうしているうちに、私の普段の思考回路が、「自分」というものへの
> 強烈なこだわりというか執着になっていることに気が付きました。
>
> 何か行動をする・何かを思考する→その結果で自分を評価する→私というもののイメージが塗り固められていく
>
> という際限ないループを繰り返していること。

よい気づきが起こりましたね。
>
> またそれが、素晴らしい自分への肯定であったとしても、そうでない
> ダメダメな自分に対する卑下であったとしても、どちらにしろ、
> 虫眼鏡で集めた太陽光並みに、強力に関心が”自分”というものに
> 固定されていることに気づいて、ちょっと愕然としました。
>
> そうすると、
>
> 「その視点の固定は、いくらなんでも物事を見るときに邪魔だよね。
> だからひとまずこの、左右に大きく振れるものはちょっとだけ脇において、
> この認識は何?って問いかけをやってみるのもいいんじゃない?」
>
> と思考も納得できました。

ひとつの気づきから、マインドも変容していきますね。
>
> 少しずつ、意識の優先順位を変えていこうと思います。

はい、そのような姿勢は素晴らしいですね。
>
> またよろしくお願いします。
>
> RT

こちらこそよろしくお願いします。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック