間違いのない道

ここでは、「間違いのない道」 に関する記事を紹介しています。



今回は、セッションを受けられているSさんから頂いた5回目のセッションの感想その2です。

共鳴が始まると
今回はまずは静けさを感じました。
だんだん、何にもなくなるような感じ、そして、なんにもないが全部ある感じへ。

(無空:無=在る。これがマインドを超えたところの真実。)

そうしていると、「破壊」の要素を感じました。

それを伝えると「すべてを無にする」と無空さん。

そう、そうです。
古来から破壊の神の描写などありますが、こういうところから来てるのかな。
破壊の極まりのような要素。ゆえにすべてを無にする。
感じたのは「無」‥

無空さん「すべてを飲み込んで行く、何も残らない、だからここだけが最後に残るある、ここから生まれて来る。」
、絶対なる無」

あ~あ~なるほどなぁ・・感じているので言われている事がわかります。

前に感じたときの無の感じとはまた違いそれは 深遠すぎて
初めに体験した無の感じを経てからまた感じるとさらに理解が深まります。

(無空:セッションを重ね、浄化が進むと、同じ無・愛などの体験でも、より深遠で、微細なものになっていきます。)

前回までの体験もすべて含んでいて、全部ある。
うあ~、なるほどぉと、感嘆の声しかでません。

あとは、ただただ、無の中にいて・・なが~い沈黙。
ただただ
全部すぎて
反応ができない‥

無空さんの状態とは
これを知ってる ということ。

これにどれだけのことが含まれるか
現れは素晴らしいが、このおまけのようなものであること。
「それを知ったら‥何をしようというのか‥」
これは捉え切れない、とらえられるわけがない
表面にでてるわけじゃなくそこに全部ある。
これは、前回までのがすっぽり‥どころじゃないです。
そう、感じている事をお伝えすると
これは無空さんの感覚とほぼ同じとのこと。

(無空:穏やかさ(意識)の中にすべてがあります。)

これは、これについてあれこれ考えてもしょうがないなぁ
どんなにどうこうしても
あるだけ
です。

(無空:この辺のニュアンスを読者の方にも感じ取って頂けるといいですね。)

しばらくしてから
いや~ありがたいっと、時間差で感動が来ました

すべてがここから生まれたんだなぁって。
いくらでもそこから。

「今もシンプルにこれがある」

まわりを見渡してみると、
ああ!あるだ、ある!
うわ~
こういう風にいつも見れたらすごいなぁ、と感動。
すごいの連呼
こうみえるんだ‥

(無空:皆さんにも、これが見えるようになっていただけたら嬉しいです。)

無空さん「これが愛でもあり」

わかる!
すべては愛でそれしかない、と言えるのがわかる。

(無空:私がよく言っている、「世界は愛に満ちている」、「すべては愛、存在するのは愛だけ」、「あなたは愛そのもの」というのは、この視点から来ています。)

無空さん「こういたら、何をそう力む必要があるのか」

今日初めに話した話も「どっちでもいい」 になるなぁそりゃ(笑)
いい感じで理解できました。

(無空:マインドを越えた愛の視点からみると、すべては同等に素晴らしいので。)

この体験は他に比べようがない
前回もものすごいと思ってたのに、それらがすっぽりでした(笑)
あとは、いかに そこに落ち着くか。

無空さん「1ミリの落ち着きの違いがどれだけの違いを生むか」
まさに。

【無空:マインドを超えた空・真我・愛・実在の領域には、計り知れないエネルギーが潜在しています。
(同時にとても自然で、普通でもありますが。)

それゆえ、そこへの落ち着きがわずかでも進むと、存在全体に大きな影響があります。】

~セッション後すぐに記録したこと(そのまま載せます)~

すべてビックバンとか
ひとつの宇宙が爆発して広がり続けているのは当然だなと。
無でゼロで
同時に極みまでの爆発というかぐわ~と取り出せる(現れる・生じる)。
無限とか限り無いもの
この世界も当然そこが生んでいるなぁ。

巷で言われている「多次元宇宙」とかもわかるなぁ、これを言いたいんだな。
次元とかで分ける必要もない広がり、すぺてがある
創造し続けてる
というか、すぺてがある‥はかりしれないレベルですが、
こういうことが、冷静にわかる感じ。

あとは日常でマインドが静かになってこれに成熟していくが一番ですね
というのも、これ以上のものはないので。
いかに地上でこうあるか
ゆっくり成熟させていきましょう
間違いない道です。

(無空:在るということ。存在の愛に間違いはありません。それは、無でもあり、空でもありますが、唯一のリアリティです。)


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック