仏像でも愛のある仏像、という感じ。「女性らしい愛」の感覚。

ここでは、「仏像でも愛のある仏像、という感じ。「女性らしい愛」の感覚。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているみずほさんから頂いた感想と無空の返信を参考までに、ご紹介させて頂きます。

みずほさま

感想ありがとうございました。

> > 無空さま
> >
> > セッション、そして先週のメールのお返事をありがとうございました!
> >
> >
> > お返事で「何ものにもとらわれない在り方であれば、在る(真我・愛・全体)で在れる」
> > 「自然=愛=全体=ひとつ」といったお言葉をいただき、
> > 自分の視点が、みるものとみられるものに分離しているのだとうことがわかりました。

気づきにより、シフト、変容が促されますね。
> >
> >
> > セッションの感想です。
> >
> > 共鳴 ♯4
> >
> > 全体 「全体」とつながれそうな感覚がありました。
> >
> > アイコンタクト 自分の肉体が仏像になったような感じ。仏像の中にいるという感覚。
> > 無空さんを「特別な人」と見るのではなく、ただひとりの方として
> > 目の前の方が、自分のほうを向いていてくださるのがありがたい、ありがたい、と感じました。
> > そしてそれは、普段の生活にも言えることなんじゃないかと感じました。

そうですね。
意識(愛・気づきの光)を向けること、向けられることは、本当に素晴らしいことですね。
> >
> >
> > 瞑想 いつもは脳に圧を感じたりすることが多いのですが、この日はイメージが見えました。
> > 前方に仏像があり、前から風が吹いてくる。その後は、樹の下で仏陀のように瞑想している
> > 自分を見ていました。こういったセッションと、修行僧だった自分との間の関わりを感じました。
> >
> >
> > 一方で、こういった「過去世」の話、瞑想中のイメージの話というのは
> > すべてが空であるといった視点からは、まだ「質の浅いもの」に値するのだろう
> > という気持ちがあり、なんとなく、無邪気に報告しずらいような気持ちになります。

ただ起こってきたこととして、軽やかに話して頂ければいいですね。
> >
> >
> > ハート 力が抜けている感じ。仏像でも愛のある仏像、という感じ。
> > 「女性らしい愛」の感覚。
> > 「女の子であってもいい」という感覚が生じ、いつもは、自分の何かを守るために
> > まだまだ力んでいるなぁ、という感じがしました。

これから、より力が抜けて、楽に在れるようになっていきますね。
> >
> > 次回もどうぞよろしくお願いいたします!
> >
> > みずほ

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック