ただ 在ることがリアルであるという感覚がありました。

ここでは、「ただ 在ることがリアルであるという感覚がありました。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているゆうらさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

ゆうらさま

感想ありがとうございました。

> 無空様、前々回のセッションになりますが、感想を送ります。
>
> 共鳴
> なにも無い
> 言葉が出ませんでした。
>
> アイコンタクト
> 自分がすること、自分が何かになることは幻想であり、
> ただ 在ることがリアルであるという感覚がありました。
>
> 瞑想
> なにも無い空間で全てが起きている。
> 私という個人も含めて。
>
> ハート
> 感謝が湧いてきます。
> また、自分の人生を変えられないということを
> 受け入れることが初めてできたような気がしました。
> 全てを受け入れられる可能性を感じたのかもしれません。
>
> 立場を変えて
> 今起こっていることが全て。
> それでおしまい。
>
> ニュートラル
> 言葉通りのニュートラルでした。
> 足さず、引かず。
> 水平線を感じました。

前々回も全体的にとてもよく感じ取られていましたね。
>
> 日常では
> ダラダラしていました。
> 感想をお伝えすることもない感じです。

そのように起こることもありますね。
>
>
> では、引き続き前回の感想を送ります。
> よろしくお願いします。

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック