佳き哉

ここでは、「佳き哉」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている青さんから頂いた感想と無空の返信を、
参考までにご紹介させて頂きます。

青さん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> いつもお世話になりありがとうございます
>
>
> この問題は
>
> セッション当初からずっと持ち続けていたもので
>
> 今週は
>
> これでもか!!というほどの側面で
>
> 現れてきました。。。
>
> 大変しんどかったです。。
>
>
> まさかそんなことを女性の口から話していいのか??
>
> 無空さんに話して嫌われるかもしれない。。なんて
>
> 昨日の夜まで考えていましたが
>
>
> 始まってすぐに
>
> スラスラと(汗)出てくるので。。自分でもびっくりでした
>
>
> 聞いて頂きありがとうございました
>
>
> どんな風に解決していくのか
>
> やはり
>
> さっぱり見えません
>
> いつまでもいつまでも
>
> こだわり続けている部分なのですね
>
>
> 消えて無くなるものなのか
>
> 気にならなくなるのか
>
> 出ても消えて
>
> また出て消えてだと思うのですが。。
>
> その欲求は
>
> 単にその欲求だけではないようにも思うのです
>
>
> 青にとって
>
> 深く結ばれたい欲求というのは
>
> どこまでも貪欲なもののようです
>
> (純化に向かう途中なのかもしれません)
>
>
>
> 今は
>
> どの次元であっても
>
> 貫きながら
>
> すべての解放感のもと
>
> 無邪気に在りたいと思っています

それがいいですね。
>
>
>
> さて
>
>
> 始めの共鳴では
>
> 上からど~~~んとエネルギーが降りてきました
>
> それは
>
> 以前にも何度かグランディングされたり
>
> 地球そのものに深く根ざしていくように感じたりしていたものでしたが
>
>
> 今回の降りてきたエネルギーは
>
> 青が男の人と愛し合う時に
>
> 時々起こる熱いエネルギーでした
>
> (ものすごい熱いエネルギーが上から降りてくるのです)
>
>
> それを嫌がってしばらく避けていたのだと思いました
>
>
>
>
> アイコンタクトは
>
> その熱く重いエネルギーが
>
> 神聖さに軽く爽やかなものへと変化していったように思いました

そのような昇華、変化、変容が可能ですね。
>
>
> 瞑想では
>
> 先週のセッションの時と同じように
>
> 背後が気になり
>
> その背後のそれとひとつになり
>
> その心地よさにすっかりリラックスしておりました
>
>
> ハートの共鳴では
>
> 安らぎそのもの
>
>
> 立場をかえては
>
>
> 「佳き哉」でした
>
>
>
> すべては佳き哉なんですね

そうですね。
>
>
>
> 立場なし・ニュートラルは
>
> 銀河が見えていました
>
> 完全
>
>
>
> 宇宙そのもの
>
> でした

満たされて在りましたね。
>
>
>
>
>
>
>
> 無空さん
>
>
> どんなカウンセリングよりも
>
> どんなセラピーよりも
>
> 自分自身であることは
>
> 完全を知ること
>
> その完全さの中では
>
> そのようなものは全く必要ではないと思います

はい、本質的にはそこにすべてが含まれています。
>
>
> しかしながら
>
> この現われの世界では
>
> なぜか
>
> わずらわしく
>
> ままならないことの多い人生を歩んでいるように思っていて
>
> それは
>
> まるで
>
> この自分自身を知れ!!といつも言い聞かされているようでも
>
> また
>
> 逃れるに逃れることの出来ない風に
>
> 無空さんの前に転がり込んでいった風でもありましたから
>
>
>
> 青のように
>
> この道に入ってくる人は他におられるのか。。
>
> まったくユニークな話でしょ^^と自分でもひとりごとです
>
>
>
>
> 生命エネルギーでもありますから
>
> とのお言葉どおり
>
>
> このいのちであり
>
> この生命です
>
>
> この意識であり
>
> このエネルギーでもあるのです
>
>
>
> いつも
>
> ありがとうございます
>
> 心から感謝をこめて
>
>
>
>
>
> 青

ありがとうございます。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック