取り組みでない取り組み。

ここでは、「取り組みでない取り組み。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているRTさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

RTさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> お世話になります。明日の11時、よろしくお願いいたします。
>
> 前回のセッションでは、マインド自体も、外の景色が変化するのと
> 変わらないもの、中心に据えるものではない、という気づきがありました。

はい、とてもよい気づきでしたね。
>
> 過去の知識をもとに判断した方が早いのでは?という私の質問に対して、
> 無空さんが答えた、「今に即した方が早いです」という言葉が印象に残りました。

今は全体そのものであり、また判断すべきこととそのままつながっていて、
ひとつです。
また、今は、過去の、あるいは、過去そのものでもある知識のようにある意味、
固まったものではなく、もっともやわらかいものであるため、
その反応、その対応は即です。
(もちろん、物事によってはじっくり考える必要があることもありますし、
全体としてまだタイミングが来ていない場合は、即座の反応、対応が
起こらないこともあります。)
>
> 日常生活でも、いつの間にかマインド中心になっているときに、
> そっと真ん中から外してみる、ということを試しています。

いいですね。
>
> ただ、今月は何かあったわけでもないのですが、ひたすら心の中で
> 感情の嵐が吹き荒れてる感じで、ちょっと隅に置くのが難しいなーと
> 感じることが多かったです。
>
> 私を含め、多くの人が感情の嵐に巻き込まれて人生を間違った方に
> 動いてしまうことも多いのに、感情をちゃんとコントロールしたりキチンと
> 取り組んだりしないで大丈夫なのか?という不安も大きく出てきた感じです。

気づいていること、気づいて在ることは、すべてを整え、調和させます。
それは、取り組みでない取り組みです。

>
> どっぷりマインドを中心に据えて取り組んできた自分としては、なかなか
> それ以外の自分、というのを見るのが難しい感じでした。
>
> そして自分って、ハートを開くことができず、家族以外誰とも結局
> つながっていない感じがひしひしとして、また面白みがなく人付き合いの
> 悪い自分ってやっぱ嫌いだなーというのが引き続き出てきた感じの1か月でした。

基本を繰り返し、徐々に自分自身(真の自己・真我・在る・愛・全体)に開かれていきましょう。
>
> 明日よろしくお願いいたします。
>
> RT

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック