忙しさもまた、在るであり、在るの現れです。

ここでは、「忙しさもまた、在るであり、在るの現れです。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている青さんから頂いた感想と無空の返信を、
参考までにご紹介させて頂きます。

青さん

感想ありがとうございました。

> > 無空さん
> >
> > いつもありがとうございます
> >
> > 今日のセッションは
> >
> > 1週間仕事が忙しくて
> >
> > 本当に自分に関わっている時間が持てなかったようにも思います

そのようなときも在りますね。

忙しさもまた、在るであり、在るの現れです。
> >
> >
> >
> > セッションを受けるということで
> >
> > 自分自身を振り返っておりましたが
> >
> > いきなり
> >
> > 先週
> >
> > 出てきてそのまんまになっておりましたマインドが
> >
> > いきなりやってきましたたね
> >
> >
> > 「死んでしまいたい」
> >
> > 言葉に変換すると
> >
> > そんな感情
> >
> > そんなエネルギーの塊が
> >
> > 身体の中に巣くっております
> >
> > これは
> >
> > ずいぶんと永い付き合いの誤解でもありましょうかね
> >
> >
> > クンダリーニ症候群ですね
> >
> > と言われたこともありました
> >
> >
> > 本能と一緒です
> >
> > 分けることが出来ませんとお話しさせて頂いたこともあります

本質はひとつですから、本質的には分けることはできませんが、

純化は可能ですね。
> >
> >
> >
> >
> > 分からず屋で
> >
> > いや
> >
> > この無知という
> >
> > 愚か者は
> >
> >
> > いつまでも泣いております
> >
> >
> >
> >
> >
> >
> > 始めの共鳴では
> >
> >
> > そのエネルギーの噴出は収まらずに
> >
> > 鼻炎も高血圧も
> >
> > その現われだな。。って思いました
> >
> > その生死を越えたところは
> >
> >
> > 本当によく知っている世界です
> >
> > エネルギーを超えた
> >
> > マインドを超えた
> >
> > いのちそのものです

そうですね。
> >
> >
> > アイコンタクトでは
> >
> > そのいのちは
> >
> >
> > 独立しておりました
> >
> >
> >
> >
> > 完全に独立していると思いました
> >
> > 青は
> >
> > 自分の中の愛だけを感じておりました

在る(愛)は、それ自身で(それ自身により)在ります。
> >
> >
> > 瞑想では
> >
> > どちらが
> >
> > 瞑想の世界だったのだろう
> >
> > 目を閉じたはずなのに
> >
> > 目を開けても
> >
> > 目を閉じても
> >
> > 始めから
> >
> > 目を閉じたのだろうか!!!
> >
> > 不思議な感覚でした
> >
> > 「わかりません」という言葉だけが出てきました

それ(在る・愛・真我)は、目の開け閉めに関係なく在ります。
> >
> >
> > ハートの共鳴では
> >
> > 表現不能の世界です
> >
> >
> > 理解や体験は
> >
> > じっくりとくるものではない
> >
> > こともあるということでしょうか

はい、それ(真我・在る・愛)は時間を超えています。

それは、超えた在り方で起こってきます。

また、プロセスという視点からは、

気づかないところでもじっくりと準備され、

起こるときは突然起こる、と言い方もできます。

また、本質的な理解や体験は、いつも新鮮で、かつ、トータルなものであること、

その新鮮度とトータル性等から、連続的で継続性があるものではないと

感じられることがあること。

その他、超えたところでの少し深まりは、まったく次元が違うくらい感じ方が

違う場合があります。

そのため、じっくりくるものではない、と感じられることがあります。



> >
> >
> > 理解やその体験は
> >
> > 人知では到底はかることなどなど出来はしませんね

そうですね。
> >
> >
> >
> > 立場を変えては
> >
> > 立場は変わっていたのでしょうか!!
> >
> > その深いニュートラルのままでした

今回は、それが自然な(必要なひとつの)流れだったということでしょうね。
> >
> >
> >
> > 立場なし・ニュートラルでは
> >
> >
> > いきなり
> >
> > やはりそのニュートラルの色が変わりました
> >
> > 天空から降り降り注ぐ愛でした

さらなる純化が起こるといいですね。
> >
> >
> >
> >
> >
> >
> > 無空さん
> >
> >
> > 無空さんは
> >
> > どこまでも「在る」そのままで
> >
> > そこにおいでくださいます
> >
> >
> > 青は
> >
> > いつまでも
> >
> > なかなか
> >
> > 乗り越えられずに
> >
> >
> > ここというところで
> >
> > 苦しんでいます
> >
> > 苦しんでいるのはマインドですね
> >
> >
> > 苦しむのも喜ぶのもマインドです
> >
> >
> > 今回も
> >
> > 再び大きなマインドが出てきております
> >
> > そのことで
> >
> > 今までも
> >
> > 何度も
> >
> > 無空さんの個人攻撃もしてきたこともある青です
> >
> >
> > 今回は
> >
> > それは卒業しております
> >
> >
> >
> > どうぞ
> >
> > ここを乗り切ることの力を与えてください

はい、すでにその力は在ります。

青さんにその力が在るというよりは、

青さんがその力そのものです。

(乗り切る乗り切らないは、マインド、個人です。

力を所有する主体も個人、マインドです。

それを在ると分けられない、という本質的な視点もありますが、

深い理解がマインドを貫き、深く浸透することにより、

主たる立ち位置が変わります。

そのとき、そこに立つ者(個人)はいません。

そこには、その立ち位置、

場、

在るそのもの、

愛そのもの、

いのちそのものだけが在ります。

その上で、あるいは、その中で、

ひとつの視点からは、

現れである個人、マインドは、なんの執着、粘着、

とらわれもなく、軽やかに楽しまれます。)

その理解が真に深いものとなれば、大丈夫です。
> >
> >
> >
> >
> > 青

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック