なにもしない時、気づきだけが残る。

ここでは、「なにもしない時、気づきだけが残る。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているゆうらさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

ゆうらさま

感想ありがとうございました。

> 無空様 こんにちは、前回の感想を送ります。
>
> 共鳴
> それは何にもぶつからない。
> この感覚は今までも何度も起きていますが
> その度にはっきり感じられるようです。

再認識を繰り返す度に、それ(在るを感じるときの様々な感覚)は
より確かなものとなっていきます。
それは、自分自身を無限に知っていく在る(真我)の在り方、
在る(真我)の本性(それ自身へ愛)でもあります。

> 『それ』で在るときは『する』ということとは関係なく
> (まったく見当違いな感じ)
> ただ、全体であるという感じ。
>
> アイコンタクト
> 個人が本当に自由。
> それに全く影響を受けない、それ。
> それですべて。

いいですね。
>
> 瞑想
> なにもしない時、気づきだけが残る。
>
> ハート
> 個人が努力、コントロールして何かを手に入れる必要などなく、
> すでに全てがある感覚がありました。

努力、コントロールを超えたところにある真実ですね。
>
> 立場を変えて
> 縛られない開放感。
>
> ニュートラル
> ゼロ、空 でした。

今回も、在るの立ち位置で、在るそのものとして(起こってくる個人も含め)、
とてもよく感じ取られていましたね。
>
>
> 日常では
> 前回同様、個人に起こることに ただ気づいている感じが強かったです。
> エネルギーが起こり、収束する。
> そんな感じを日常で経験した感じです。

気づきそのもの(在る・真我・愛・全体・空)の立ち位置にありますね。
>
>
> ありがとうございました。
>
> では、本日もどうぞよろしくお願いします。
>
> ゆうら。

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック