求めるのと同じだけ抵抗する自我

ここでは、「求めるのと同じだけ抵抗する自我」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているhunaさんから頂いた感想と無空の返信を、
参考までにご紹介させて頂きます。

hunaさま

感想ありがとうございました。

> 無空様
>
> こんにちは。いつもありがとうございます。
>
> 感想を送りますね。
>
> いつまでたっても満足がない、この感じだわと落ち着けない。が
>
> これまで続いてきましたが、
>
> ルパート・スパイラのプレゼンスを読んでいて、
>
> まさにこの状態だとスッキリした部分があったので引用します。
>
>
> 「分離した自己は、平安、幸福、愛を貪欲に求めることによって定義され、
>
> 地獄として伝統的に知られてきた状態を生きています。
>
> しかし、地獄は実際の場所ではありません。
>
> 自分自身を分離した内側にある自己、世界や他者から切り離されたものと考え、
>
> 平安、幸福、愛を、ありもしない未来に絶え間なく追い求め、
>
> それ自体の活動によって生かされながらも消費され、
>
> その死、それが溶け去ることだけを求めながらも、
>
> 求めるのと同じだけ抵抗し、それを永遠に続ける、
>
> その状態こそが地獄です。」
>
>
>
> 地獄という程ではありませんでしたが、苦しみでした。
>
> すべて在るで構成され、在るから起こっている在るであると知っていても、
>
> 同時に、分離した私という立ち位置のままであり、
>
> 最初から、分離した自己はいなかったということは、
>
> 腑に落ちていない状態でした。
>
> これから腑におちるのかどうかは分かりません。
>
> また書けることが起きてきたらご報告したいと思います。

はい、またご報告をお待ちしております。
>
> それでは次回もよろしくお願いいたします。
>
>
> huna

こちらこそよろしくお願いいたします。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック