この感覚は個人の変化では無く、根本的な変容である感じがします。

ここでは、「この感覚は個人の変化では無く、根本的な変容である感じがします。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているゆうらさんから頂いた感想と無空の返信を
参考までにご紹介させて頂きます。

ゆうらさま

感想ありがとうございました。

> こんばんは、ゆうらです。
> 先日はセッション ありがとうございました。
> 感想を送ります。
>
> 共鳴
> 在るということがよりはっきりとクリアに感じました。
> が、それを言葉にするのは難しいです。
> 個人が在るを感じるというのではなく、ただそれであるという感じでしょうか。
> それが凄すぎて、個人が受け入れ切れない感じもありました。

そのような体験を重ねることにより、個人(マインド)の成熟も促されていくでしょう。
>
> アイコンタクト
> 止まっている
> 全てに浸透している
>
> 瞑想
> 在るという絶対の中にいる時、
> 現実がよりリアルに感じました。
> リアルな世界がすごく親しい感覚?にありました。

在るは、リアリティそのものであり、
それが現れのすべてをリアルなものにしています。
在るという立ち位置に在るとき、
すべてに親しい感覚、近しい感覚、親密さ、
あるいは、同等感覚、均質感覚、
また、すべては自分自身である等の感覚を
感じることがあります。

(焦点、在り方、意識の角度等により、
すべての現れから絶対的に離れている、
というような感覚や、
誰もいない、世界もない、「それ」だけがある
等の感覚になることもあります。)
>
> ハート
> 暖かさ
> 光
> 純粋
>
> 立場を変えて
> 言葉が出るまで時間がかかります。
> 喜び、優しさ、つながり、を感じるのですが
> それら以上にその元?に大切さを感じます。
> うまく言葉になりません。

本質的なところをよく感じ取られていますね。
>
> ニュートラル
> 個人が無条件の自由の中、(個人が)はしゃいでいる感じです。
> この感覚は何度か起きていますが、心地いいです。

ベース、背景にそれ(在る・無条件の自由)があると感じられるとき、
あるいは、全体がそれ(在る・無条件の自由)に包まれていると感じられるとき、
現れた個人は、とても心地よく感じますね。
>
>
> その後の日常では
> 長い休暇の後の日常(仕事中)はどう変わったかということに興味があったのですが、
> やはり、在るが浸透しているように感じます。現実の中に真実が現れてきている感じでしょうか。
> 微妙な緊張感(例えば仕事を時間内に終わらせなけらばならない等)を感じた時、
> 在るに意識を向けると、そこには安全、安心、何も無いとても大きなものの中で、
> 個人がくつろぐことが起こります。溶ける感じというか、個人が消える感じというか。

いいですね。
>
> この感覚は個人の変化では無く、根本的な変容である感じがします。
> それが(無空庵の感想でよく言われる)数ミリの変化であってもとても大きいものに感じます。

はい、真の変容は、一時的な現れの領域の変化とは次元が違います。

> それはこの感想を書いている今も 確かにあります。
> そのことが どれほど大きなことかと感じます。
> 変化がその質であるこの世界で、変化しないものの奇跡、と個人は感じます。

在ると個人のよいコンビネーションですね。

色即是空

空即是色

それは、真にひとつであるものです。
>
> 引き続き、あまり(思考の中での)理解に重きを置かず基本を大事にしようと思います。

はい、それがいいですね。
>
> ありがとうございました。
> 次回もどうぞよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。
ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック