「ある」は「全てを赦している」という本当の安心があるところに感じます。

ここでは、「「ある」は「全てを赦している」という本当の安心があるところに感じます。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているJ.Oさんから頂いた感想と無空の返信を、
参考までにご紹介させて頂きます。

J.Oさま

感想ありがとうございました。

> > 無空さま
> >
> > お世話になっておりますJ.Oです。
> > セッションの感想を送らせていただきます。
> >
> > セッションでは
> > 初めに私の最近のことをお話させていただきました。
> >
> > 強いパワーを感じる方といると、
> > 私は自分の力(または自分らしさ)を引っ込めてしまうこと。
> > それは相手のパワーとぶつかりたくないためであり、
> > それを表現しなければならない必要性を感じるため、
> > というような内容でした。
> > そして、そういうとき、
> > 私はとても居心地の悪い感じを感じる、
> > ともお話しました。
> >
> > そのとき、
> > 無空さんは
> > 「そういう(自分の力を引っ込める)状態では
> > なくなるとよいですねえ」
> > というようなことをおっしゃってくださいました。
> > 其の瞬間、
> > 思ったことがあったのですが、
> > 時間もないし、
> > 無空さんが私に合わせておっしゃってくださったことと思い、
> > 無難に
> > 「そうですね」
> > というようなお返事をさせていただきました。
> >
> > でも、やっぱりセッション後、
> > 「そう」
> > とは思っていない自分がいたので、
> > 書かせていただきます。
> >
> > 最近思うことなのですが、
> > 自分に自然に起こってくる感情や感覚は、
> > 意思でどうにかなるものではないこと。
> > それに対し、何かをしようとした時点で(セラピーなど)
> > 「ある」よりも「思考」「意思」など、
> > 人間側のパワーみたいなものが働きすぎて、
> > 「ある」の自然な側面が起こりにくくなることがあること。
> > (全てがそうとは思いません)
> >
> > それで、多分、私にとって大切なのは、
> > 私の意識が「ある」そのものである状態の割合が増えると、
> > 自分に起こる感覚や感情を
> > より見ている状態が起こり、
> > 自然に必要なことが起こりやすくなるんじゃないか
> > というように最近、
> > 感じています。

そうですね。
> >
> > 無空さんとのセッションや
> > あるがままの会で「ある」を感じていると、
> > 過去は
> > 「誰か(特に、不安のインナーチャイルドが強いので、母親)と意見が合うこと」
> > が私の安心でしたが、
> > 「ある」
> > は
> > 「全てを赦している」
> > という本当の安心があるところに感じます。

とてもいいですね。
> >
> > 今までの人生経験から、
> > 体に「恐怖」「不安」が染み付いていて、
> > なかなかその「あるから感じる安心」に
> > ゆだねるのではなく、
> > 誰かと意見が合うことで安心を得ようとしている癖から
> > 離れられていませんが、
> > 今はただ、
> > 「ある」を感じる体験の機会を重ねることが
> > 必要なのかな、と思ったりしています。

はい、体験の積み重ねにより、これまでの癖、パターンから
より自由になっていきます。
> >
> > ありがとうございました。
> >
> >
> >
> >
> >
> >
> > J.O

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック