聖なるヒーリングが起こっておりました

ここでは、「聖なるヒーリングが起こっておりました」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている青さんから頂いた感想と無空の返信を、
参考までにご紹介させて頂きます。

青さん

感想ありがとうございました。
>
> 無空さん
>
>
> 無空さんの
>
> 大きな愛
>
> 受け入れて
>
> 決して否定しない
>
> 強制しない
>
> また
>
> どこまでも当たり前のやり取り~~
>
>
> 心から感謝いたします
>
>
>
> その言葉は
>
> それを話す人がその立ち位置にあるので
>
> 青はそれを感じ取っているのですが
>
>
>
> 今回
>
> インフルエンザの体調の悪さも引き金となり
>
> いろいろとエネルギーを受けてしまったようです。。

エネルギー的な影響をどのくらい受けるか等は、

体調の良しあしも関係してくることがありますね。
>
>
>
>
>
> それはそれは激しい上昇気流が貫き
>
> ひどい頭痛でした。。
>
>
> そのエネルギーを感じているだけのときは本当に調子悪いです。。
>
>
> 上昇気流には何の興味もないですね
>
> 彼方の視点は
>
> その上昇気流の先にはありません
>
>
> 彼方が
>
> いったいどこにあるのか
>
> 真の寛ぎ
>
> 何もかも消えてしまう
>
> 無垢な「そこ」
>
> そんな風に思うのです

そうですね。

彼方とは、今そのものでもあり、それは、どこかの先に在るものではありません。

(体験として、移動感覚が伴う場合はあるかもしれませんが。)
>
>
> (自分で戻ることが本当に出来なくなっておりました。。
>
> 昨日のスカイプ合同共鳴でやっとのこと。。ということでした)


>
>
> さて
>
> 始めの共鳴は
>
> インフルエンザでとことん弱って
>
> またブレてしまっていて
>
> あれあれ。。何もわかりませんでした
>
> (アリが一匹パソコンの隅を歩いていました^^
>
> 春だな~~^^って思っていました)

顕在意識レベルでは分からなくても、深いところ、

知っているところで、共鳴は起こっています。
>
>
> アイコンタクトは
>
>
> この数日間その痛みに悩んでいました
>
> (強力磁石のように眉間や側頭部に集まっていく痛みは
>
> 我慢できませんでした
>
> それが思考するたび、それに反応するかのように痛みは変化し
>
> それを教えるようでした。。)
>
> 眉間奥
>
> 頭頂、後頭部から背中
>
> 聖なるヒーリングが起こっておりました
>
>
> (今も青が無空さんに話しきれなかったその部分に関して
>
> そのヒーリングの愛がじっと受け入れ聞いてくれています)

共鳴の効果、影響は、セッション中だけに限りません。

それは、自然に必要なだけ続いていきます。
>
>
> 瞑想は
>
> ここ数日ずっと寝ておりましたので
>
> 寝ているのか
>
> おきているのかよくわからない
>  
> あれ。。無空さんのセッションを受けている夢をみているのかな?
>
> と思っていました。。
>
>
> ハートの共鳴は
>
> 相容れないもののぶつかりを感じていました

今、そうであるところでの自然な現象であり、

自然に落ち着いていくでしょう。
>
>
> 立場をかえて
>
> 新緑の愛でした
>
> 立場なし・ニュートラルは
>
> 答えられない
>
> です
>
>
>
>
> 痛みに加えてとことん
>
> 本当に弱りきってしまっているようなことでした
>
>
>
> 今日のセッションは
>
> まさにいのちのカンフルの勢いでした。。

ただひとつであるもの(在る・真我・愛・いのち)の中で、

自然に必要なことが起こりますね。
>
>
> ありがとうございました
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>
> 青

ありがとうございました。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック