光であるそれ

ここでは、「光であるそれ」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられている***さんから頂いた感謝メールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きたいと思います。

***さま

メールありがとうございました。

> 無空様
> ***です。
>
>
> 感想文とは別になってしまいますが、
> 感謝のメールをさせてください。
>
>
> 午前のセッションを終えて、昼食後眠くなってしまい、昼寝をしました。
> 昼寝後、誘われるように深い瞑想を行いました。
> 気づいたら90分ぐらい瞑想していたようです。

かなり深いところ、あるいは、超えたところに在られたのかもしれませんね。

>
> 深い深い極点まで、微小な気づきを入れつつ在ると、
> 如来の光が現れ、全身を包みこみました。
> 光であるそれであり、無空さんから感じられる光と同質のものを感じました。
> こんな感じでした。
> http://img01.hida-ch.com/usr/takadajien/%E5%B9%B3%E6%88%90%EF%BC%92%EF%BC%92%E5%B9%B4%EF%BC%96%E6%9C%88%EF%BC%97%E6%97%A5%E6%92%AE%E5%BD%B1%E6%98%9F%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%93%E9%98%BF%E5%BC%A5%E9%99%80%E5%A6%82%E6%9D%A5.JPG
>
> 今日のセッションで非常に大事な何かを受け取ったみたいです。
> 本当にありがとうございました。

受け取る準備ができていた、ということですね。

>
>
> *実は、死の恐れを味わった瞑想でも祈りの先に、キリストの光が現れ、全身を包み込みました。
> それ以来、死への恐れが無くなりました。
>
> こんな感じでした。
> http://www.donboscosha.com/data/donbosco/image/d943e1491a1.jpg
> 前回のセッションで、死の話をした時、無空さんから何かを受け取っていたのかもしれません。

セッションの中では、必要なことが自然に起こっていきます。
また、セッション中に受け取りが起こるのは、
前述したように、 ***さんが、受け取る準備ができていたからこそとも言えますね。

>
>
> とはいっても光は現れては消え、でも何か自分の中にそれらが宿っているのも事実ですが、
> 神の子でありますし、ただ在るでいようと思います。

在るは、無限の立場、立ち位置、在り方、視点を持つすべてのすべてです。
>
>
> 今日はありがとうございました。
> よろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

無空

**********

追伸

マハルシも言うように、グルの臨在、沈黙が絶対的効力を持つという意味が身をもって体験いたしました。


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック