無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




では、今回はセッション10回目を受けられた方からメールを頂きましたので、ご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
6回に分けてご紹介いたしますが、今回は5回目です。

> 今回アイコンタクトをして頂いている時に、今ある状態にフォーカスしつづけました。
>(深い意識に入ると色が見えてきたりすることがあります。いつもその色の現象に意識が向かってしまいます)

相対界、マインドの世界、幻想の世界には、いろいろな層があります。
深く辿って行くに従って、人によっては色が見えてきたり、ビジョンが見えたり、神々と出会ったり、天使の世界など、無限と言っていい数の世界があります。

または、それは、探求すれば探求するほど、どこまでも創造されていく、というふうに言ってもいいですね。
ある意味、これが探求の罠です。
(創造・幻想・マトリックスの中にある方にとっては、創造の楽しみでもあるのですが)。
どこまで行っても、ゴールに辿り着きません。
他の存在にとらわれたり、追い求めていると、いつまでたっても、自分自身に辿りつくことができません。

ですから、ラマナ・マハルシなど、これまでの覚者方も、その点について注意を促しているんですね。
覚醒とは、自分自身に気づくことです。
他の存在に出会うことではありません。(もちろん、それ自体が悪いわけではありませんが)。
外側に何かを見ること、外側に何かを体験することでもありません。

覚醒とともに、それらは消えてしまうという真実が、それらは幻想である、ということを物語っていますね。
全ては自分自身だったと分るわけです。

それぞれのプロセスがありますが、無空庵では、直接、ストレートに覚醒するためのサポートをしています。




今回は、無料体験セッションの感想を送って頂きましたLさんへの無空の返信、分割でのご紹介、9回目です。

文章の流れの関係で一部、重複があります。

>状況が整い、 自分が本当に調子よい時でないと、そうなれなかった、軽やかで楽しい意欲(情熱とは違う感じ)が湧いてきて、
”ただ何かをする”ということに自然の楽しさのようなものを感じました。 

⇒情熱につきましては、セッション中のご質問で出てきましたね。

必要であればそれは起きてくる、というようなことをお話したかと思いますが、
早速、体験されてよかったですね。

そして、体験されたように、空から自然に起きてくるものは、個人で何とかしようとしている時の情熱とは質が違いますね。

前にも書きましたが、空は軽やかで、そして、喜びそのものですから、
ただそれで在るだけ、それ自身(自分自身)で在ることにより幸せなんですね。

自分と違う何かになろうとしたときに、そこから離れたり、または、反対のものを伴った相対的な楽しさ、幸せの領域に入っていくんですね。

でもそれは、本当は離れたのではなく、ただ見失っていただけ、忘れていただけです。

それはずっとそこにあり、実はそこから一歩も離れていなかった、という事に気づくのが、覚醒であり、悟りです。

それはLさんにとって、ずっと一番近くに在ったものです。

何と言っても、自分自身ですから。






今回は、先日から無料体験セッションの感想を送って頂きましたLさんへの無空の返信を分割してご紹介していますが、その3回目です。

前日の記事「無空庵のセッションの特長」も参考にしてください。

>私の状態も的確に お伝え頂き、ああ本当なんだと、体を通しても感じました。 
>今までの瞑想体験の時 に、マインドを静めることはいくらかできていたかと思っていたのですが、
>本当にこの状態が真の大いなる自分の方なのだと的確に指摘頂いた事は初めてでした。

⇒その状態に在る中で、実際に指摘されることによって気づくことが出来ます。

(フーマン「恩寵の扉が開くまで」より:・マスターの役割とは、唯一「これ」がそれだと指摘する事にある、とフーマンは語っています。)

指摘がない場合、ずっと気づかない場合もあり(例えて言えば、東にあるのに、ずっと西を向いていたら、永遠に見つかりません。形がないものなのに、形を求めていてもダメです。それは未知であり、思いや観念で限定していると取り逃がす可能性があります。また、トータルでそれを知ることができないかもしれません。未知に自らを委ね、それに対して開いていることが大切です。)
境地(状態)のみを追い求めてしまう、という可能性があります。 

主体に気づく必要があります。





では、今回は、先日、無料体験セッションの感想を頂いた奈良県のA.Yさんから、3回目(無料体験含む)のセッションの体験と感想を頂きましたので、ご紹介いたします。(ご本人承諾済み)。


今夜は3回目のセッションだ。

1時間あまり、質問や雑談や感想など話し合った。

その後、1時間弱、セッションに入った。

前半は、不動でがっしりどっしりした感じがした。

エネルギーは、やはり強烈だった。

前回を知るだけに、このエネルギーを受けてどうなるかという恐怖はあったが、「どうなってもいい」と思っていた。

「どうなっても大丈夫」とも思っていた。

途中、自分が消えていきそうな感じはあったが、消えるとこまでは行かずに終わった。


何かがまだ、消えるのをブロックしているようにも感じた。

後半は、頭と胸の重たい障害物が感じられ、そしてすっきりとなくなっていった。

上ずるような、上昇するようなエネルギーを感じていた。やはり強烈だ。

すっきりすると、大きな、ゆったりとした、やわらかなものが、まーるく全身を覆っている感じになった。

充実していて、まろやかな感じ。

その悠然とした、そしてすっきりとした心地よさを感じていると、無空さんの回線が切れてストップとなった。

しかし、回線が切れても残念な感じではなく、その充実感に浸りきっていた。

再び回線がつながり、「これでまた、セッション何回分かになりましたね。」と言われ、終了。

直後は、やはり強烈さを感じていたものの、どうにか立ち上がれた。

部屋のなかを歩いて雑用をしていると、すごく充実したエネルギーを感じ、自分がどっしりと大きく、強くなった手ごたえを感じた。

翌朝は、思考が止まっていた。

やはり、充実しながら通勤した。

仕事場では、何人かの人に対して、小さくかわいらしく感じたり、弱くて物足りなく感じたりした。

自分が大きくなったからだろう。

仕事が終わると、また思考が止まった。

今も、思考は止まっている感じだ。

ただ、心のなかではまだ動いているようで、思考が鬱積する感じもある。

深いところまで思考が止まれば、本物の悟りなんだろうなあ、と思う。

前回と今回、これだけ体験が急速に進むと、やはりセッションに賭ける気持も高まる。


いつか、変化がほとんどなくなったとしても、3年間、週2回続けたいと思った。

いや、5年間続けようか、とも思う。

体験を熟成させ、成熟させたい。

それは、地道でゆっくりとした、しかし味わい深い道だろう。

やはり、熟成されたワインになりたいものだ(笑)。あのラマナの、晩年の表情のように。

思考が働かないというのは、自分の欲求がなくなっていく感じだ。

しかし、そのストップのなかで、なんともいえぬ至福を感じるのだ。

幸せを感じるのだ。




A.Y


無空:A.Yさん、体験談と感想をありがとうございました。

今回のセッションまでの状況をお伺いしたら、仕事をしていても、あるいは、いつもより睡眠時間が少なくても、疲れなくなったという事もおっしゃってしました。

エネルギーもかなり上がっていらっしゃるようです。

思考が停止し、今に在るようになると、エネルギーが高まり、以前より疲れにくくなったりします。

若返ったりすることもありますね。

今というのは、時間を超えていて、時間の流れの中にありません。

そして、そこからは無限のエネルギーの供給があります。

それは未知であり、いつも新鮮です。

そしてそれは、無限の可能性そのものであり、計り知れないエネルギーを秘めています。

またそれは、A.Yさんの体験にもあるように、至福そのものでもあります。

非常に堅固なものであると同時に、無限に柔軟であり、ものすごいエネルギーに満ちていながら、とても深い安らぎがそこにはあります。




こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第2ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のLさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2015年11月27日の記事をご覧ください。