熟睡中は、覚醒状態と似ている?

ここでは、「熟睡中は、覚醒状態と似ている?」 に関する記事を紹介しています。
こんにちは、無空です。
ご訪問ありがとうございます。
そして、いつもランキングのクリック応援をして頂いてる皆さん、本当にありがとうございます。

今、あなたのハートは開いていますか?
ハートが開いていれば、そこに恩寵が降りてきます。

無限の愛と調和のエネルギーをお受け取り下さい。
本当のあなたからの祝福をお受け取り下さい。
愛と平安

この愛がいつもあなたを支えています。
いつも愛の中にいられたらいいですね。いつも愛を感じていられたら幸せですね。

そのためには、あなたが、一瞬一瞬、愛であるかどうか、
ただそれだけです。


では、今日は、本当の自分に覚醒しているときは、どんな感じなのかを熟睡しているときの状態を使って見ていきましょう。

熟睡してるときは、覚醒状態と似ています。

どこが似ているのでしょうか?

・・・・・

それは、個人(心・マインド)がいないというところです。

個人(心・マインド)がいないので、世界は存在しません。

時間、空間も存在しません。

争いも葛藤も、不調和も一切の悩み、苦しみ、問題も存在しない空の状態です。

そこは幸せそのものです。

何かを体験する個人がいません。

今、幸せか不幸か、判断する人(心)がいません。

ぐっすり寝て起きたときには、その幸せそのものだった余韻が残ってます。

気持ちよく目覚めた朝がそれですね。

ただ、熟睡が覚醒と違うのは、寝ているということですね。(そのままですが)

覚醒は文字通り、目覚めていることですから・・・。

本当の自分であることに気づいている状態。

意識がある状態です。

私は、以前、瞑想の教師になるための長期コースで、自分が眠りに入っていくところを意識を保ったまま体験したことがありますが、覚醒状態が強いと、熟睡中でも、意識をキープしているということがあります。(私は普段、ぐっすり寝てますが)。

また、日中でも、ただ在る意識であるときは、何をしてても、何をしてなくても幸せだったり、安心・安全の中にいることができます。

これは、先日も「外側に依存しない幸せ・・・幸せであるのに理由はいらない。」でお話しましたが、ただ在ることの幸せであり本当の自分で在ることの幸せ、絶対的な幸せです。

(本当の自分を一時的に忘れることは可能ですが、絶対的な幸せそのもの、存在そのものである自分自身でなくなることは不可能です。)

本当の自分に確立していけば、内なる幸せとともに、外側の幸せも、より自由に、とらわれなく、あるがままに楽しむことができるようになっていきます。

絶対に確立していけば、相対の波を軽やかに楽しむことができるようになっていきます。

また、あなた自身が幸せそのものになっていきますので、多くの幸せを引き寄せるようになるでしょう。

そしてまた、絶対の中に深く確立した幸せは、あなた自身から流れ出し、周囲を巻き込み、すべてをその幸せの中に包み込んでいくでしょう。

一人一人が本当の自分に目覚め、本当の自分を生きるとき、世界にどんどん幸せが広がっていきます。

まずは、あなた自身が幸せになること、幸せであることです。


そこから、すべては始まります。

そしてまた、それがすべてでもあります。

この記事へのコメント
無空たん 
またまた すてきなお話を
ありがとうございます!
(*・ω・*)ポッ

すごくわかります!!

ラピ。も どんな時も幸せで在ること
得意(笑)れす!( ̄▽ ̄) ニヤ

これからも ますます
幸せが広がりますように!
(人´∀`).☆.。.:*・゚
2010/02/25(木) 21:43 | URL | ラピ。 #j4z0/luE[ 編集]
ラピ。さん
いつもコメントありがとうございます。

ラピ。さんは、ハートで幸せがあるところをかぎつけ、
どこにでも現れそうな感じがします。

そして、そこをさらにハッピーにして、幸せを広げていらっしゃる
ような、そんな気がします。

幸せあるところ、ラピ。さん在り。
ラピ。さん在るところ、幸せありですね。

絶対幸せ体質、ラピ。さんが幸せの場そのものですね。

ラピ。さんが、遊びに来てくれたおかげで、
無空庵は、さらにさらにハッピーになりました。

ありがとうございました。

これからも一緒に幸せを広げていきましょう。

2010/02/26(金) 15:20 | URL | 無空 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック