覚醒後も自然。覚醒のプロセスは、指導者の影響も受ける。

ここでは、「覚醒後も自然。覚醒のプロセスは、指導者の影響も受ける。」 に関する記事を紹介しています。



では、今回は、ご承諾を得て、セッション8回目を受けられたの方から頂いたメールとその返信を、参考までにご紹介致します。
11回に分けてお伝えしていきますが、今回は7回目です。

>その後(覚醒後)の経過
>翌日は気持ちの良いお天気でしたが、青い空がより青く感じました。
>木々の青さも感じながら、新緑を楽しみました。

以前よりもさらに、深いものが感じとれるようになっていますね。
生命の奥深さは無限です。
ゼロ、空には限界がありませんからね。

無空解説:他の本などには、覚醒後、ある程度の期間、日常生活が難しかったり、覚醒直後、生活の中でいろいろ気をつけることなど書いてあるものもあります。
無空庵のセッションは、これまでの経験から、より自然でスムーズな覚醒をして頂くため、週1回ペースでのセッションを基本にしています。

また、覚醒指導者でも、それぞれが覚醒に到った経緯は違っており、多くの場合、自分が辿ってきた経験に基づいて指導しています。(もちろんそれが一番説得力があり、伝わるからですが)。

そして、その指導者の辿ったプロセスの影響(観念も含めて)が、指導を受けている者に少なからず影響を与えているという事をこれまでのセミナー経験等から見てきました。

私無空の場合は、本当に自然で無理のない形で、もう探求をしていない、というところまで来ましたので、セッションを受けている方も、個人差はありますが、可能な限り自然でスムーズな形での覚醒が可能になっています。

これまでのセミナー等の経験から、自分が覚醒のお手伝いをする立場になれば、必ずしも天国と地獄を交互に味わうようなアップダウンの激しいプロセスを通らなくても、または、もし、そのようなタイプの方であったとしても、それをできるだけスムーズでより楽なものにできるのではないかと思ったことも、無空庵を立ち上げ、現在このような形でセッションさせて頂いているひとつの理由です。

真実の視点から言えば、罪など存在しません。
もちろん、それぞれの方が、ご自身の納得の行く形での解消がよろしいと思いますが、必ずしも苦しむ必要はないということです。

集合意識の影響もありますし、それを1人で背負い込む必要はありません。
マインドの中、相対界にあるのは、相対的な価値判断です。
絶対的なものなどありません。

覚醒は、カルマの法則、因果応報を超えています。
(先生のタイプによっては、ご自分がカルマを受けて相手の方が楽になるというタイプの方もいますが、私はすべては空であるという深い理解のもと行っており、大丈夫なので個人セッションをしています(笑)。受けるタイプの方だとたぶんきついと思います。)

ですから、体験談にもあるように、絶対と思っていたようなことがいつの間にか消えていたり、楽になっていたりするわけですね。

(体験談にもありますが、これを書いているときに、丁度、ここで紹介させて頂いてる方から、10回目のセッション後のメールが届きましたので、その一部を先にご紹介させて頂きます。

私は今まで背負ってきたものが多かったりする人だと思い、今までずいぶん、ヒーリングをしてきました。
その中の大きな問題を思い浮かべた時、アレ?そういえばそんなことがあったなぁ~ぐらいになっていました。
(知らないうちに問題が問題でなくなるような感じです)
私には、大きな心の傷があって、それは一生持っていかなくてはならないことだと覚悟するような傷がありました。
その傷もずいぶんと良くなっていたのに気付かされました。)

覚醒は、ただ本当の自分に目覚めること。本当の自分に還ることです。
全体の意識も高まっていますし、必ずしも、苦しい体験や地獄を通る必要はありません。
これまでの歴史が、また様々な伝統が何と言っていようが関係ありません。

あなたの持っている観念、受け入れている観念(無意識レベルも含めて)が現実を創造していきます。

自ら意識的に今に在ること、浄化をしていくこと、愛や感謝、幸せに意識を向けていくことで、覚醒、目覚めをスムーズにすることが出来ます。

そして、もし、必要と感じられましたら、いつでも無空庵の方でお手伝いさせて頂きます。(余裕があればですが)
その際は、お気軽にご連絡下さい。

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック