ゴールは今。今は愛であり、ゼロである。

ここでは、「ゴールは今。今は愛であり、ゼロである。」 に関する記事を紹介しています。



ゴールは今。
それ以外、どこにもない。
今以外、真に存在するものはないから。
過去、未来は心の中にだけある。

始まりは今。
すべてが始まるのは今しかない。
今以外、真に存在するものはないから。

始まりとゴールは同じところに在る。

与えることが、イコール受け取ること。
許すことが、許されること。
感謝することが、感謝されること。
愛することが、同時に愛されることになる。

すべては同時に起こっている。
なぜなら、すべてはひとつであり、在るのは今しかないから。

すべては、ただひとつの真実である今の中で起こっていること。

本当は、そこに行為者はいない。
そこには、すべてを見守る、今そのもの、そして、愛そのものであるあなたがただ在るだけ。

そこはカルマの法則を超えている。
運命を超えている。
時間が存在しない。
永遠の今。

スタートとゴールは、同じ場所に在る。
始まりと終わりは、同じ今の中に在る。

そこは常に始まり、常に終わっている。
そして、始まりと終わりの間、その過程もすべては今の中で展開されている。

あなたは、本当は一歩も動いていない。
ずっと今という同じ場所にいる。
すべては今という舞台の上で、心が動いているだけ。

そして、あなたは心ではない。
あなたは今そのもの。
すべては、今から立ち現れる心、マインドが展開され、創造されている世界。

だから、本当は何も起こっていない。
絶対に安心、安全、大丈夫。
すべては今というスクリーンの上で上映されている映像。

映像がスクリーンを傷つけることは出来ない。
今を壊すことができるものなど、どこにもいない。

すべては今の中で展開されている心の旅。学び。遊び。体験。

今とはまた、愛でもある。

今という愛から始まったものは、愛の中で展開され、愛に帰る。
愛以外何も存在しない。
すべては愛。

どんなに愛から離れてしまったように見えても、それは幻想。
愛そのものであるあなたが、愛から外れることはけっしてない。
同様に他のすべての存在も、愛からはずれることなど絶対に不可能。

そして、本当は誰もいない。

マインドが分離という幻想をつくり、どのように展開しようとも、
愛の法則が働き、すべての壁を溶かし、本当はすべてはひとつであったことを思い出させてくれる。

愛とはまた、ゼロでもあり、完璧なバランス。調和。
プラスにもマイナスにも偏っていない。
心が、誰かが、世界がどちらかに偏ったように見えても、ゼロの法則が働き、すべてをバランスさせ、調和の状態に戻してくれる。

すべてはただひとつのゼロの中で起こっていること。
ゼロは、中心でもあり、無限の広がりでもあり、そしてとても静か。
沈黙、静寂そのもの。
深遠なる奥深きもの。
すべての基盤。源。
ゼロからすべてが始まり、すべてがゼロへと帰っていく。

ゼロには無限の可能性がある。
その表現に限界はない。
+1~-1の間、+100~-100の間、+1,000,000~-1,000,000の間、無限大~無限大まで。
その中で、ゼロは自由に遊び、学び、表現し、戯れる。

でも、それ自体はゼロに留まったまま。
その表現から、一切の影響を受けない。
絶対安心、絶対安全の領域。

真実はゼロしかないから。
ゼロがゼロに影響を受けることはない。

ただ自分自身の中で、そのゆらぎを楽しむだけ。
ゼロが心の中で自分自身を分割し、色々な角度から自分自身を見ていただけ。

でも、本当は、ゼロを分割することは不可能。
愛も同じ、今も同じ、それを分けることは不可能。
ゼロは、愛は、今は、そこからすべてのものが立ち現れるただひとつのもの。

ゼロからの現れの個として体験、
ゼロからの現れの頂点に立つ創造主として体験、
そして、ゼロそのもの、すべてを支え、すべてを見守り、すべてを育むものであると同時に、それ以外何も存在しない、誰もいないという体験者なき体験。

どの立場を楽しむのも自由。
すべては同じ。
それは愛の視点。ゼロの視点。

分けるのは、マインド。
さらにそこに判断を加えるのが、エゴ。

愛の視点から見れば、すべては同じ。
真実はひとつ。

ゼロとは、愛であり、そして、今そのもの。
それがすべてであり、それが本当のあなた。

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック