無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、セッション16回目を受けられたYUさんから頂いたメールへの無空返信分をご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。

無空さん、こんにちは!
最近の無空庵ブログは、セッションを受けられている方々の感想が充実していて、読み応えありますね

第16回目のセッションの感想とその後の経過をお知らせいたします。
この文章はセッション直後に書いたものです。

最近、無空庵では、セッションを受けられている方々の体験がシンクロされているそうですね。
愛(根源の愛)についても共鳴されて、感じられる方がいらっしゃるとおっしゃっていましたね。

私は、静寂、平和、楽しさ、感謝、透明感などの側面は感じられても、愛となるとまだよく感じていませんので、今回共鳴して頂き、愛を伝授していただきました。

初めは物に対して時々起きる愛おしく、可愛く感じる感情が沸いてきました。
その後、なんだか深く研ぎ澄まされていき、全ての者、物への神の愛?というか存在の愛というかが急にフォーカスされていきました。
(神を宇宙とかに置き換えてもいいです。でも私は神が一番しっくりくるので神としています)

神はどんなちっぽけな者、物にも優れたものにも同じように深い愛を注がれてお作りになった。
もう存在するだけで奇跡という感じでしょうか。

全ての人は神の子であり(言いかえれば、全ての人は神であり女神であり、天使である)誰一人として存在価値がない人がいないのである。
神は全てのものを愛されている。
いつ何時も愛や光が降り注がれている。
人が作った善悪を超えたところから、神の愛は存在している。

創世記の初めの部分や古事記で、神がこの世を作った様子が記されているが、深い愛をもって創造されてきたのが少し腑に落ちました。
今まで何べんも読んでいたのに内容は理解できても神の深い愛は感じ取ることができなかったのです。

それから、宗教画とかでイエス様やマリア様や聖人の絵や天使の画で深い愛が描かれているものが表現されているのが少しわかりました。
愛を表現するのに、画家の工夫があったりしてるのもわかってきました。

私という人間が存在するまでに両親をはじめご先祖様全てのものが私が存在するのに関わっている。
どれひとつとして打ち捨てておくことはできない。
この世がはじまってから、全てのものを漠然と感じ、時間や空間を越えて感謝が沸く。
存在している者、に感謝です。
時間を超えて全てが今に繋がっているという感覚。

このような感覚が共鳴中に起こってきました。
本を読んで理解するとかじゃなくて、急に起こり理解できるのです。
それも急に自分(個人)では考えもしないことが、現れてきました。
セッションの時、今起こったことをお話したら、個人の視点ではなく神の視点とおっしゃっていましたね。

その後の経過ですが、いつもよりはマインドはでていましたね。
週が明けてから久し振りにインナーチャイルドが登場して、強い怒りが現われてきました。
最近は強い怒りはあまり感じなくなっていましたので、今回は巻き込まれました。
強い怒りが出ると体も後からつらくなります。
まあでも、以前よりずいぶん怒りのパターンがでるのが減ったのにも気づきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、次回のセッションよろしくお願いいたします。

青空

今回は、エックハルト・トールさんのニュー・アースから

自分を何らかの対象に同一化する意識ではなく、意識そのものとしての自分というアイデンティティに気づく。
これが神の平安である。

無空:
意識がそれ自身に気づく、ということですね。
それが平安であり、また、悦びであり、愛そのもの、神(無)が自分自身を愛している状態。

それは絶対的なもの。

無(神)には、自分自身に気づくという能力があり、それが意識という側面。

気づき(意識)は、愛であり、悦びであり、光であり、生命そのもの。

気づきが、自分自身を愛し、自分自身に悦びを与え、自ら光り輝き、自らに生命を与えている。

なぜなら、それ以外何も存在していないから。


すべては、無であり、神であり、意識であり、愛そのものであり、気づきそのものの中で起こっている事。

意識(気づき)が自分自身に気づくという中で、全宇宙、全次元の現象、幻想、物語は起こっている。


すべては仏陀の掌の上、愛の中で起こっている事。

神の愛、神の悦びの中で起こってる事。


神とはあなた自身。

純粋な意識であるあなた自身。


純粋とは、それ以外何も存在しないということ。


だから、絶対安心、絶対安全。

すべては自分自身の中で起こっている事。


それを知り、意識そのものである自分自身に気づけば、自分自身の中で寛いでいられる。

それは、絶対的な平安。

それが、神の平安。


全ては自分だった。

全ては愛だった。

本当は、悦び以外何も存在していなかった。

本当は、何も起こっていなかった。


神(無)の中で、神(無)がどれだけ動いても、純粋な神の中には、それ以外のものは何もないので、何も起こっていない。

愛の中で、愛がどれだけ愛しても、何も起こっていない。
全てが愛だから。

悦びの中で、悦びがどれだけ悦んでも、何も起こっていない。
悦び以外何も存在していないから。


愛しかない、悦びしかない。

それ以外何も起こっていない。

愛があるだけ、悦びがあるだけ。

それ以外、何も存在していない。

それが神の平安。