無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




では、今回は、9月2日に無料体験セッションを受けられたR.Mさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。


> 無空さん、
> 先日は体験セッションをありがとうございました。
>
> 予期しないトラブルで、かなりあせったり、パニックになりかけていましたが、
> その後はほどほどに落ち着いた時も持ててよかったです。
> 今ふと思い出しましたが、
> 私は時々同じような体験をします。
>
> 何かをしようとするときに大丈夫だろうというつもりで向かうのですが、
> 可能性としてあった、自分のミス、失敗を感じる事柄で
> 駄目かもしれないという出来事が起こって
> あせってドキドキしてしまうという。。。。
>
> よくあるのが間に合うと思ったのに渋滞などで間に合わないかも、など。
>
> 思い出せば、○○さんのセッションを受けるときにも
> なぜか相手からのメールが一部(降りるバス停の名前)無い状態で届き、
> 迎えに来てもらえることになっていたから大丈夫だとバスに乗っていても、
> この辺りなんじゃないかという場所を過ぎてしまい、
> 何故かバス停にいた迎えの姿も私には見えず、
> 通り過ぎかけて、後から追いかけて呼び止めてもらうということがありました。
> もうその時も今回のようにあせって、自分がちゃんと確認しなかったからだと自分を責める後悔などでドキドキしてました。
>
> セッション前の会話で、
> 「今まで一度もメールの一部が無い状態で届くことは無かったんだよ。
>  でもそうゆう起こりえない事が起こっちゃうんだよね~。それで刺激されるんだよね~」
> と言われました。
>
> ふと思い出しましたので報告させてもらいました。

ご報告ありがとうございました。

無空庵的な考え方でいけば、何が起きても、起こることはただ起こる、ということで、あまり気にしない(価値判断しない)、それをもとに物語をつくって巻き込まれない、という感じがいいですね。

とてもシンプルです。

> さてさて、セッションはその胸のドキドキのまま始まったので
> 前半はもう話していても落ち着かなかったです。
> 共鳴するときにその分より落ち着いた感じ、胸のすっきり感をより感じたと思います。
> とにかく、あせったままで終わらなくてよかったです。

そういう意味では、共鳴効果を感じていただくこと、そして、色々気づいていただく、という点ではよかったですね。

> 共鳴しているときは、例えば自然の中などで何かしているのをやめて
> ぼーっとしている時、
> いろんな音や虫とかの存在に気づいたりしますが、
> そんな感じに似ているのかな、と思いました。

そうですね。
特に具体的な何かに意識を向けていない場合、意識は何かと同一化せず、全てに対して開いてる状態。
(その状態が、ブログでよく書いている「ただ在る状態」(純粋な気づき、純粋な意識の状態)と言えます。
通常は、それをなかなかはっきりと自覚することはできませんが。)
周囲の様々な音に気づけたり、さらには、意識それ自身に気づく事も可能になります。

ですから、日常の中でも、ただ意識である状態、空の状態というのは、以外とあるんですね。
それを理解すると、もっとその状態に入りやすくなりますね。(あるいは、その状態でいることに気づきやすくなる。)

また、同じぼーっとしていると言っても、どこか上の空で、意識がどこかにいって、しっかり目覚めていない状態(いろいろな事に気づけていない状態)の時は、ちょっと違いますね。

> そこにいられるのはごく短時間ですぐに戻ったり、また少しそうなったりと
> 安定しませんでしたが。

まだ、初めてですから。
これから、セッションを重ねるにしたがって、より安定し、さらにクリアに、そして、深くなっていきます。

> 気づきに気づくというのは感じられているような、よく分かっていないような
> そんな感じなんですが、
> 回を重ねていくのが楽しみです。

これは、はじめから分るケースは少ないです。
普段は、意識は外側ばかり向いていますので、その習慣がありません。

でもそれをなんとなくでも分ったという事はとても素晴らしいことです。
意識がそれ自身に気づくのが、ひとつの目覚めです。
それがよりはっきり純粋なかたちで起これば、素晴らしい体験と理解が訪れます。

> その後、怒りなどを感じても気づいているという状態にあるというのはなかなか難しく、
> それをチャレンジしようと思うまもなく
> いつもよりストレートに子供に怒ってるような。。。
> 普段は大きな声で怒ることはまず無いのに。

いつもより怒りが出てくるというのは、セッションを受けられている他の方にも見られます。
浄化として、怒りが出てくる場合がありますので、そのようにご理解いただくとよろしいと
思います。
セッションを重ねるにしたがって、変化していくと思います。

> ただストレートな分すぐに引いてごめんねして後腐れも無い感じですが。
> その分お腹も多少凹んだ気がします。
> (怒り、悔しさがたまるとお腹が膨らむみたいなんです。)

ストレートに素直に感情表現が出来ているという点ではいいですね。
そこに余分な思いやひっかかりがないということですね。
以前から、取り組まれている感情の解放という点でも、より効果的に行えるようになってくると思います。

覚醒すると、感情はなくなってしまうのか、という質問を受ける事がありますが、けっしてそうではありません。
より素直に、その人らしい感情表現ができるようになります。

ただ、不要な怒りなどは起こらなくなってきて、より穏やかに過ごせるようにはなってきますが。

> 次回は最初からリラックスして受けられますように。。。。

はい、どんどんクラックスして、共鳴もよくなってくると思います。

では、また9日(木)13時30分に、セッションでお会いしましょう。

無空
【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 気づき, 純粋意識, 意識に気づく,




今回は、先日、ご紹介させて頂きましたSさんの無料体験セッションの感想に対する無空の返信を、参考までにご紹介致します。
ポイントごとに分けて(17回)ご紹介していますが、今回は15回目です。

> 日常で空の状態でいれないにしても、ちょっとした変化はありました。

⇒そうですね。状態は変化しますが、どんなときも小さなスペースならつくることは可能かと。

小さな気づきのスペース(空)ですね。

> 「本当の自分は今も背後にいて、こちらの身体の自分は勝手に動いてる仮のもの」という体験が、なんとなくでも頭の片隅に残っているようで、ふといつもなら迷ったりこだわったりしてたことが
> 些細でたいしたことない、どうでもよいことだと「まんま流す」ことができる時が時折ありました。

⇒これが体験を通した理解の力ですね。

頭だけでなく、もっと深い所で、「知っている」、ということです。





今に在るとき、初めて生命が在る。
それはリアリティ。
生命そのもの。
そして、それは純粋な気づき。

本当の自分で在る、自分自身で在るということは、真の寛ぎであると同時に、最も目覚めて生命が在る状態。

今とは、自分自身そのもの。
本当の自分とは、心でも、感情でも、体でもない。
今そのもの。

時間を超えたリアリティ、純粋な気づきが真の自分。

    
青空

今回は、エックハルト・トールさんのニュー・アースから

自分を何らかの対象に同一化する意識ではなく、意識そのものとしての自分というアイデンティティに気づく。
これが神の平安である。

無空:
意識がそれ自身に気づく、ということですね。
それが平安であり、また、悦びであり、愛そのもの、神(無)が自分自身を愛している状態。

それは絶対的なもの。

無(神)には、自分自身に気づくという能力があり、それが意識という側面。

気づき(意識)は、愛であり、悦びであり、光であり、生命そのもの。

気づきが、自分自身を愛し、自分自身に悦びを与え、自ら光り輝き、自らに生命を与えている。

なぜなら、それ以外何も存在していないから。


すべては、無であり、神であり、意識であり、愛そのものであり、気づきそのものの中で起こっている事。

意識(気づき)が自分自身に気づくという中で、全宇宙、全次元の現象、幻想、物語は起こっている。


すべては仏陀の掌の上、愛の中で起こっている事。

神の愛、神の悦びの中で起こってる事。


神とはあなた自身。

純粋な意識であるあなた自身。


純粋とは、それ以外何も存在しないということ。


だから、絶対安心、絶対安全。

すべては自分自身の中で起こっている事。


それを知り、意識そのものである自分自身に気づけば、自分自身の中で寛いでいられる。

それは、絶対的な平安。

それが、神の平安。


全ては自分だった。

全ては愛だった。

本当は、悦び以外何も存在していなかった。

本当は、何も起こっていなかった。


神(無)の中で、神(無)がどれだけ動いても、純粋な神の中には、それ以外のものは何もないので、何も起こっていない。

愛の中で、愛がどれだけ愛しても、何も起こっていない。
全てが愛だから。

悦びの中で、悦びがどれだけ悦んでも、何も起こっていない。
悦び以外何も存在していないから。


愛しかない、悦びしかない。

それ以外何も起こっていない。

愛があるだけ、悦びがあるだけ。

それ以外、何も存在していない。

それが神の平安。





では、今回は、昨日に引き続き、参考になる部分もあると思いますので、先日、ご紹介させて頂いた感謝メールへのコメントの一部をご紹介させて頂きます。

>でも、単に(思考が)出ているのに感じないようにしているだけで、抑圧していなければいいのですが・・・それが気になりました。
次回のセッションの時、確かめてアドバイスをいただけますか?

了解です。

よりクリアになっていけば、ある程度自分でも分るようになると思いますが、チェックしてみましょう。

気づき(光)があれば、幻想は消えていきます。

思考を思考で「何とかしよう」としていると、押え込んでるという感じになりますね。

ただ気づいていること、それ以上、ないも加えないことですね。

また、本当の自分は思考ではないという深い理解があれば、それは気づきと同じであり、幻想を消していきます。

理解や気づきがあるか、何とかしようとしているか、その辺の違いでしょうか。
(純粋な意識に戻ろう、戻ろうとしたり、今に在ろうと意識するのははじめのうちはいいですが・・・これは、焦点のシフトという感じですね。)

>昨日職場で、いつものパターンの私は何をやってもすぐにできないという思いを起こさせる出来事が頻発しました。そこで、エゴの言葉を聞いてエゴだと気づきスコンと落とし、また同じ言葉がやってくるとまたスコンと落とし、次に劣等感のドラマが頭の中で始まり、気づいてまたスコンの繰り返しでした。

よい訓練になりましたね。

>昨日はずいぶん冷静でしたが今日は巻き込まれて、だいぶ時間が経過してあ~やられてた~(笑い)と気づきました。
そのようなところです。

習慣ですから、結構繰り返し出てきますが、気づいているうちに消えていきます。

>また今週よろしくお願いいたします。

こちらこそ。