フーマン「恩寵の扉が開くまで」より

ここでは、「フーマン「恩寵の扉が開くまで」より」 に関する記事を紹介しています。
雲間からの光

今回は、フーマン「恩寵の扉が開くまで」より、ご紹介です。

・カルマはいつでも、自分が既に知っている所へとあなたを引き戻す。

・マインドとはコンピューターのようなもので、あなたは直ちにマインドへ戻る。
なぜならマインドは、あなたを通して生きているからだ。
それはウイルスのようで、あなたに寄生して生きている。
「あれをしろ」「これをしろ」と、あなたを絶えずせき立て行動に駆り立てる。

無空:
通常は、マインド・個人の方を自分だと思っています。
でも、それは真実ではありません。
マインド、個人という観念が完全に落ちても、あなたはそのまま存在します。

ゼロ・空・真我・本当の自分を実現するプロセスの中で、マインドについての理解はとても重要です。
マインド・エゴの性質については、エックハルト・トールさんの本などに詳しく載ってます。

マインドを理解することにより、マインドに巻き込まれにくくなりますし、巻き込まれても気づきやすくなり、また、そこから早く離れることができるようになってきます。

マインドについての深い理解は、真の自分、空であり、愛であり、喜び、幸せそのものである個人を超えた本当の自分を実現する助けとなります。


上級者の方は、できるだけ個人(マインド)でいないこと。

(別の言い方をすれば、ただ在ること、ただ愛で在ること。個人を超えた真我・本当の自分であること。幸せそのもの、喜びそのものであること)

ニサルガダッタ・マハラジも、個人でいることは眠っていることだと言ってますね。
(夢の中、マトリックスの中です。)

覚醒しているとは、空である本当の自分に目覚めていること。
愛である本当の自分で在ることです。

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック