次第に個が落ちてこれからも、もっと自由になっていきます。

ここでは、「次第に個が落ちてこれからも、もっと自由になっていきます。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているH.Cさんから頂いたメールを、参考までにご紹介させて頂きます。

H.Cさま


メールありがとうございました。

> 無空さん、ご連絡ありがとうございました。
>
> 最近、だんだん自分がシンプルになってきているのが分かります。
> 今日は 私はやすらぎそのもの・・・・、
> という言葉が口から出てきて、
> 何度もつぶやいていました。
> 落ち着いてとてもしあわせな気分でした。

とてもいいですね。
そのものであり、個人でないとき、静かで落ち着いていて幸せです。
>
>
>
> それから気がつけば、仕事では自己表現をし始めていました~。
> 今までのように「出る杭は打たれる・・・」と引っ込めていたことを
> すんなり出し始めていました。

自然に起こってきていますね。
それが変容しているということです。
>
>
>
> 刃向かうと上司が激怒して集中して意地悪されるのが嫌で
> 同僚たちも皆、会社に対して我慢していて、飲み会で文句を言い合うの繰り返しです。
> 飲み会で同僚たちと仲良く話しをしながらも、どこかさめている自分がいます。
> 「あ・・・・・、今わたしのマインドがつぶやいているな~」と。

気づいていられれば問題なしですね。
>
>
>
> 今日は上司にいいたいことを言って、行動に移したら、
> びっくりして開いた口が塞がらない様子でした。
> ちょっとムッツとしたようでもあったので、この後、怒りが出てこらるのかもしれませんが
>
>
>
> わたしの心の中では
> 「しょせん、現れだもの・・・」
> という言葉が浮かび、上司の怒りに対して怖いといった感情ではありませんでした。

源と現れの理解が進んでいますね。
>
>
>
> この事は今までの私にとってはものすごいことです。
> 今までは怒られることはとても怖いことでビクビクすることだったからです。
>
> そういえば・・・・・
> 小さいときの私はとても自由でした。
> 素朴に言いたいことをいつでも発していました。
> 2歳くらいまでの記憶がところどころにあるのですが、喜びの塊でした。
>
>
>
> でも大人にとって都合の悪いことも言っていたようで、
> そのため随分、親や兄からも怒られていました。
> それが怖くて、その都度萎縮してしまい気持ちを引っ込める癖が付いていたようです。

程度の差はあれ、多くの方にも同じような癖やパターンがあるのではないでしょうか。
>
>
>
> 今またそのころの自由が戻ってき始めたような気がします。

いいですね。
そして、子供の頃をさらに超えていきます。
自由もまた無限です。
>
>
>
> 無空さんからいただいた言葉・・・・・
>
>
> 「在るはかすり傷ひとつ負いません」
> 「感情は誰のものでもありません」
>
>
>
> しっかりと届き、閉じた蓋がまた1枚外れました。
> なんてお礼をいったらよいのでしょう・・・・・。
> 次第に個が落ちてこれからも、もっと自由になっていきます。

はい。
>
>
>
> ありがとうございました。

ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック