野の花の自ら咲く時を知る それと全く同じものがこの存在を生きているのを感じました。

ここでは、「野の花の自ら咲く時を知る それと全く同じものがこの存在を生きているのを感じました。」 に関する記事を紹介しています。
今回はセッションを受けられているそらさんから頂いた感想をご紹介させて頂きます。

無空さん

いつも大変お世話になっております。
第8回目の感想です。

「はじめの共鳴」 真空 

「アイコンタクト」 膜が破れる、強力な浄化、待つ

「瞑想」 つながっている、全体、温もり

「ハートの共鳴」 一人、凛、自然

「立場を変えて」 強力な吸収力、膨張する集中、これこれこれ

「ニュートラル」 卵、没入と昇華 


しばらく続いていた均衡点での静止に破超が起きたようです。

99パーセントと100パーセントの違いを
何度も出たり入ったり繰り返すことで明確に
認識することが起きました。

似て非なるもの
言葉を超えた体験と理解そのものでした。

覚悟を問われていると感じました。

そのような中で自らの質がクリアーに認識されることが起き
そのことが起きたことへの驚きと畏敬の念
恩寵への深い感謝に充たされました。


均衡状態は混沌でもありますが
そこに自然とシフトが訪れるまで
微動だにしない在り方を見守りながら

野の花の自ら咲く時を知る
それと全く同じものがこの存在を生きているのを感じました。



いつもありがとうございます。
次回もよろしくお願い致します。


そら

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック