「行き渡っている」が柔らかさです。

ここでは、「「行き渡っている」が柔らかさです。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

T.Sさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん こんばんは。以下 先週の報告です。
>
> 柔らかさから始まり、柔らかさが溢れ、柔らかさが残った共鳴でした。
>
> クリーミー、ホワイティー、ミルキー。そんな形容詞も当てはまるような柔らかさ。
>
> まるでお菓子かスイーツの描写をしているようですが、楽しげな柔らかさが溢れた
>
> 共鳴でした。

この柔かさという質はとても大事ですね。

無空庵の中でも、T.Sさんを筆頭に、柔かさの質が活性化してきています。
>
> 内なる非具象の真我も柔らかく、日常で経験する様々なものも柔らかく感じて
>
> 日々を過ごしています。

非具象も具象もすべては、それですね。

> 触れば堅い電柱もアスファルトも柔らかく感じます。

そうですね。

それは触れる方の在り方次第です。

> ですので、ここで言う柔らかさとは「触覚的」柔らかさとは違うものです。
>
> 幾分、言いかえますと、優しい気持ちでいると何もかもが柔らかく感じるようです。

上に書いたとおりですね。

どう在るかで、感じる世界、体験する世界は変わってきます。

緊張していれば、世界も緊張します。

柔かく在れば、世界もまた柔かくなります。

> くつろいで、平和で、満ちたりていていると、とても大きな生命感が生物、無生物
>
> に関わらず全てに行き渡っているように感じ、この「行き渡っている」が柔らかさです。

そうですね。

そして、その柔かさは愛でもありますね。

> ここにも、そこにも、どこにも。
>
> 胸中から浮かび想念も非常に柔らかです。
>
> どこにもぶつからず、故に早く想念は目的を成就するようです。
>
> それを観察し、知る「私」も柔らかです。
>
> 柔らかな想念。これは優柔不断さとは違うものです。
>
> 優柔不断は心の中で二つ以上の堅い想念がぶつかった結果ですね^^
>
>
> 話が脱線しました。

堅い想念、柔かい想念という識別もいいですね。

不自然な堅さがあるところにはエゴがあり、柔かさがあるところには愛がありますね。
>
> 今、本当に頭の中もクリーミーな感じで気づいたら、共鳴の話から
>
> 大筋でも話が脱線していました。

別の意味で、シフトですね^^
>
> これからコンビニで買った杏仁豆腐を食べますので、あんにんでカンニンしてください、
> なんて浮かんだ想念も柔らかです。

柔かさが行き渡っていますね。

> 以上です。
>
> またどうぞよろしく お願いします。

こちらこそよろしくお願いします。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/22(水) 02:57 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック