知らない人と会っても、すでに親しいという感覚があります。

ここでは、「知らない人と会っても、すでに親しいという感覚があります。」 に関する記事を紹介しています。
今回は、セッションを受けられているT.Sさんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

T.Sさん

メールありがとうございました。


> 無空さん おはようございます。先週もありがとうございました。以下 最近日常で
>
> 感じることを書いてみました。
>
>
> 私はシンプルに全体性であるという感覚が日常で高まっています。

素晴らしいですね。
>
> 私は一つの波であり同時に全体としての海であるという感覚で
>
> 過ごす時間が増えてきています。
>
> 「私や他の人」としての個々の波がありますが、その下ではなんの違いもない海として一つである感じがあります。
>
> 隣の波、少しは離れた波、もっともっと遥か離れた波。現れの世界はこのような様相ですが、
>
> けれどシンプルに全体性であると、日常出会う人が私とまるで違う容姿、そして違う考えや感情を抱いているとしても
>
> 同一の生として同じである事が頭の理解ではなく、生きた現実として分かっていて
>
> 非常に親しみを覚えます。皆形は違えど同じ海水の成分としてあるような感じです。
>
> なんの違いもない、分離していないという感覚です。
>
> 知らない人と会っても、あえて親しくなろうという感覚はどこにもなく、
>
> すでに親しいという感覚があります。親しいという言葉ももしかしたら適切ではないようです。

親しいと同じくらいの位置にあり、これも適切ではないかもしれませんが、

以前、近しいという言葉が起こってきたことはあります。
>
>
> 人だけではなく、妙な事に横断歩道の白線や、電柱にも親しみを感じ見とれてしまう
>
> 時もありますが、このあたりはまた別の機会に書ければと思います。

楽しみにしています。

すべてはそれ(真我・在る)ですから、全体性の感覚、理解が進むと、

すべてに親しみ、近しさ、愛おしさ、一体感などを感じることは

自然なことでもありますね。
>
> 日常、幸せや、静けさ他様々な味わいがありますが、今日は親しみの質について
>
> シンプルに書いてみました。
>
> 以上です。またよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします。
ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック