既に在るもの。

ここでは、「既に在るもの。」 に関する記事を紹介しています。
今回はWing(MN)さんから頂いたメールと無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

Wingさん

メールありがとうございました。

> 無空さん

> こんにちは^^

> いつもありがとうございます

> 今日は最近の気づきを報告させて頂きます


> 在るは既に全てに開かれていますね



> 私達が花を見ます
> 花には在るの全てが既に開かれています
> それを美しいと感じた時
> 花を通した在るの無限の中の一側面の美しい が
> 花を見た者の中にある在るの一側面と一致した時
> (波が合った時)そこに 美しい が感受されるのですね

> それを美しくないと感じた時
> 花の在るの無限の中の美しくないという波と
> 見る者の美しくないという波が一致し(一体化し)
> そこに美しくない が顕れる(感じられる)のですね

> それは顕れの世界の全てにおいて起こる完全性で
> 全ての存在に在るの無限性は既にあります

> 何かの対象物を通して感じられる全てのことは
> 対象物と それを観るものとの波の一致による現象でもありますね

> それゆえ 同じものを見ていても私達は全て違うものを見ています
> 異なる世界を生きています
> 自らの波動圏を常に感じているのですね

> 自らの性格的傾向 習慣的な想い(波動圏)の外に出ない限り
> 輪廻(生まれ変わりに限らない)は繰り返されるのでしょう

> 私達は今このままで天地を貫く存在であるにも関わらず
> 想いの習慣 独自の波(世界)以外に世界があるとは知りません

> それに気づいた時 それを知った時
> その理解に応じた在るの無限性が開かれ
> その素晴らしさを 自らの素晴らしさを知っていきます
> そしてそれを知っているということは
> それとして全で在りながら在るの表現の無限の素晴らしさを味わい楽しめるということでもあります

> まさしく在るが在るを知ってゆく・・・
> それを知る機会は常に目の前にあると思うのです
> それぞれの人生に起きている現象を通して
> 善悪という顕れの現象を超えて・・・

> さらに飛躍的に知る為には天地に貫かれた空がなければ知りえませんね
> 空とともに在る時
> 独自の波動圏に亀裂が生じ天地を貫く光の柱が立つのでしょう
> (在るが開かれます)
> 無空さん 無空庵のみなさん 在るを確立された多くの方々の大いなる働きが
> そこにありますね

> 素晴らしい限りですね


 > Wing

素晴らしい気づきのシェアをありがとうございました。
今回のWingさんの気づきで、在るがそれ自身に対してよりクリアに、そしてより豊かになりましたね。
まさに、在るそのものであるWingさんの、在るによる在るのための更新です。

在るの奇跡は起こり続けます。

美しく、素晴らしく、そして、何よりも尊く。

それは永遠です。

未知を含めた在るのすべては、既に開かれています。

それぞれの存在のそれぞれ波動圏、そして、社会的集合的波動圏を貫き、その波動圏をより開いていくのが全体に浸透し、全体を貫く、ゼロのレベルからの共鳴であり、そしてまた、在るに確立された多くの方々の開かれた意識です。

開かれた者(意識・在る)は、ただ在ること、ただそれで在ることで、さらに自らであるすべて(全体)を開いていきます。

ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
Wingさん

対象物と自己が響きあい、その対象物のなかに、自分を感じるのですね!

つまり、感じるのは、自らの波動であり、この世のものが、無限に存在すれば、私たちのなかにも、無限の在るが存在するということですね!

それが、在るが在るを知る、ということ!なんて、すばらしいのでしょう。
本当に、奇跡以上の奇跡ですね。

本当に今、よくわかりました!!
感じていたぼんやりしたことを、このように、はっきりと言葉にしてもらったこと、興奮と感謝で胸がいっぱいです。

シェアを、ありがとうございました。




2012/06/15(金) 20:40 | URL |  ひろこ #-[ 編集]
世界は私達が考えているような固定されたものではなく
私達の中にそれぞれ私達の一部として起こりますね^^

コメントありがとうございます
2012/06/16(土) 05:56 | URL | Wing #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック