無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




では、今回は、セッション12回目を受けられた方から頂いたメールへの無空の返信を、ご承諾を得て、参考までにご紹介いたします。
5回目に分けてご紹介いたしますが、今回は2回目です。

> 今回、アイコンタクトをしていただいて、何かを感じるとかいうのがなかったです。

これまでは、意識が表面にあったところから、共鳴して深くなっていったり、また、変化を感じたりしていましたが、覚醒してよりそれが自然になってきているということがひとつありますね。

そしてまた、それはとても微細なものでもありますので、さらなる成熟が必要ということもあります。

フーマンは、初めに空にならなければいけない。その後に、満たされるというようなことを言ってますね。
変化を求める、前回と違う何かを求める、というのは、何がそうさせているか、分りますか?

そうですね。
マインド、エゴです。

それ(真我)はすでにそこに完全な状態で在ります。

後は、マインドの成熟です。

これまでもそうでしたが、目覚めた意識をより確かなものにするとともに、マインドの変容、成熟を促すセッションになりますね。

今まで、アイコタンクトでいつも何かを感じていたのが、今回は、本当に何もない、気づいている者すらいない、という感じでしたね。
前回のメールでは、その前のセッションの「誰もいない」、という体験よりも、さらに精妙な、「誰もいない」、体験というふうに書きましたが、
それに満足しないのはやはりエゴです。

また、その、「何もない」、「誰もいない」、「気づいている者すら感じれない」(ということに気づいている微細な気づきはあるのですが)というところに
落ち着き、それにゆだね、それそのものになり、それが主体になるよう成熟していく必要があります。

気づいている者すら今までのように感じれない広がりそのもの、とーってもかすかで、微細なものです。

それに慣れて、馴染んでいく、そして、それそのものが主体となっていく(主体としてしっかりと目覚める、自立する)、という流れになりますね。

前回の感覚は、マインドにとっては、これまでと違って、魅力的ではないかもしれません。
そこをまた、セッションの共鳴とサポートで、超えていきましょう。

マインドの成熟の度合い、強さ、気質の違いで、プロセスは一様ではありませんが、先へ進むにはそこを超えていく必要があります。





今回は、先日(6/27)、ご紹介したA.Yさんのメールへの無空の返信を参考までにご紹介します。

長くなってますので分けてご紹介していますが、今回は8回目です。


>> 記事で紹介しているayaさんも、セッションのなかで、私の中に、ラマナ・マハルシと同じものを見たことがありました。
>>
>> 相手の中に見えるものは、自分の中に在るものです。
>>
>> A.Yさんも、覚者の方から感じられたものというのは、自分自身の中にすでに在るものです。
>
> ⇒これは、とてもうれしいお話でした。
>
> 余談ですが、大学時代以来、ラマナ・マハルシに出会うまでの僕の理想は、中宮寺の「弥勒菩薩半跏思惟像」でした。人間じゃなかったんです(笑)
>
>
> こんなのです

⇒A.Yさんらしいですね。


> ラマナに出会って、それが現実に近づき、今、さらに自分自身に接近しているのがとても嬉しいですね!

⇒そのとおりです。

理想として外側に見ていたものを、今度は、自分自身(個人ではなく)として実現していくということですね。(徐々に実現されてきている、という感じですね。)




今回は、先日、無料体験セッションの感想を送って頂きましたLさんへの無空の返信を分割してご紹介していますが、その13回目です。

>でも、まだ極一部には重たいものを感じ、ゆくゆくこれはすっきり軽くして行きたいと望みます。  

⇒はい、すべて消えていきます。


>来週のセッションまでできるだけ今日の状態を長く続けられるように、共鳴も通し頂けた空への灯を保つべく
>一週間を過ごしたいと思います。

⇒その意識がとても大切ですね。

でも、頑張りすぎずに、力まずリッラクスして、という感じがベストです。

では、また次回に。


無空



今回は、先日(6/27)、ご紹介したA.Yさんのメールへの無空の返信を参考までにご紹介します。

長くなってますので分けてご紹介していますが、今回は3回目です。


それから、個人の視点からでも100%信頼できるもの、というのを考えていくと、それは、やはり「在る」ということですね。

個人のマインドや感情、年齢、風貌、体型などは変化していきますが、その人が「在る」ということは生きている限り変化しません。

さらに言えば、その「在る」という次元においては個人差はなく、また、それは肉体が滅んでも存在するものです。

それは形や属性などの多様性を超えて実在する、ただひとつのものです。


そしてそれをすべての人、全ての存在の中に見ることは可能です。

それは、「在る」という事実ですから。。。


その「在る」、「存在性」に焦点を当てるならば、100%の信頼は可能ですね。

でも、そうなると、もはや、誰を信頼して、誰を信頼しない、という話ではないですが(笑)。


どのような存在であっても、それは絶対的に信頼できるものです。

なぜなら、それは個人やマインド、多様性、時間という変化する領域を超えていて、絶対的に変わらないものだからです。

それは、個人の視点から焦点を当て始めることはできますが、その純粋にただ「在る」というところに意識が100%止まったとき、すでに個人は落ちています。

そこにあるとき(それで在るとき)、個人はどこにも存在していません。


マインドや感情は、個人差があり、大部分を信頼できる方もいれば、そうでない方もいます。
でも、「在る」という点では、全ての存在、すべての人を100%信頼することが出来ます。

思考や言葉、行為における信頼ではなく、存在における信頼です。

その次元で生きていくと、裏切られることはないですね(笑)。

存在の愛の領域、ワンネスの領域です。

そこは、マインドを超えていますので、裏切る、裏切らない、信頼する、しないの問題は生じません。

その「在る」という感覚、リアリティの世界にのみに安住するならば、そこに他の存在との違いは一切存在しないので、「誰もいない」、「ただひとつのそれのみが存在する」、という真実が開けてきます。

覚者がいるのはそこであり、そこから、「すべては同等で在る」。という感覚も起こってくるんですね。

自由

こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第2ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のA.Yさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2015年11月27日の記事をご覧ください。