無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん




今回は、セッションを受けられているayaさんとの3月分のセッション後のメールのやりとりをリクエストもあり、参考までにご紹介いたします。

ayaさん:

無空さん

こんばんわ。

メールありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一瞬、マインドに巻き込まれていると思い込むのですが、

実は、マインドと絶対の距離がすごく近くなって、

意外と巻き込まれていないのではないかと思いました。

こだわり自体が少なくなってきているので、

マインドに引っ張られてもそんなに力がないのかな?と思ったりしました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・があるので、不安もあったのですが、

意外と大丈夫かもしれません。

絶対的な真実、在ることは変わらずに在ります。

以前の自分と全然変わっていないような気もしますが、

やっぱり違います。

もちろん違わないのですが、本当の自分に気付けたことが

大きいですね。

何かの拍子に、嫌だ!という感情が湧いても、

これは幻想?マインド??と確かめると、

案外、在るにいる(全体を感じている)ことがほとんどなので、

日常レベルで幻想だと区別していたのも、もしかしたら

小さくなってるかもしれません。

在りながら、マインドが針先でチクッとされた程度で

何も起きていません。

時間がたってから、念のため(←マインド)ふりかえってみても、

映像としては流れてきますが、

何も起きておらず、在ります。

ニサルガダッタ・マハラジの言っていることがすごくよく分かります。


これからのセッションは、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マインドを静かにするためのセッションになるのでは?!

と思ったのですが、さらにより深い意識へのセッションですね!

無限の愛をどんどん深め、静かに愛が広がっていけばと思います。

本当に無限ですね。


aya
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無空:

ayaさん

こんにちは。

メールありがとうございます。

書いてて途中、単独記事で書く予定の内容も少し出てきて、長くなってしまいました。

もうちょっと読み返してまとめるといいかもしれませんが、時間がかかりそうなので、そのまま送ります。

分りにくいところは雰囲気だけ感じ取っていただければと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人でいる必要がないとき(よく観察すると、ほとんど個人でいなくてもいいのですが)は、

全体であり、愛であるよう、普段から意識していれば、仕事モードのときにも自然にそれがにじみ出て行くようになると思います。

また、その場面場面で、自分から出て行くエネルギーというのも自然に違ってきます。

ベースにしっかり愛があれば大丈夫です。

愛もいろんな形をとりますから、あまりこだわらずにその時その時の自然体、ただ起こるままにというのがいいかもしれませんね。

でも、愛であることが完全に努力なく、いつでもそうなるまでは、今、ayaさんがやっているように振り返って確認するというのも大事なことですね。

その作業もどんどん微細なものになっていきます。

そして、そのうち気にしなくなってきます。

私の場合、何か起こっても、まっ、いっか。という感じですかね(笑)。

ただそれがそう起こった、ということで終了。


>一瞬、マインドに巻き込まれていると思い込むのですが、

>実は、マインドと絶対の距離がすごく近くなって、

>意外と巻き込まれていないのではないかと思いました。

>こだわり自体が少なくなってきているので、

>マインドに引っ張られてもそんなに力がないのかな?と思ったりしました。

かなりいい感じですね。

私もマインド自体は結構活発に動くこともありますが、他の方から、静か(深い静寂がある)とか、穏やかとか、安定していると言われるのは、マインドが起きてきても、それほど強くない、言い方を変えれば、本当の自分、絶対なるものの受け容れが深く、他のものにゆるがさなれない、ということが言えるかもしれません。

ayaさんも、週一のセッション、意識共鳴と、日常でのいろんな意識の練習などをしたことで、そうなってきたんだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうですね、その都度その都度、様子を見ながら、状況、そして、インスピレーション、ハートに聞きながらやっていくのがいいでしょうね。

今から決まった答えはなく、幻想の世界は常に変化してますので、そんな感じがいいでしょうね。

安定、変わらないものは、この世界にはなく、幻想を超えたところにあります。

それはいつでもそこにあります。

そこにあれば、愛と幸せ、安心・安全の中で、安定して常に変化していく幻想世界を楽しめます。

ある意味、目的はすでに達しているので、幻想世界で結果を出す必要がありません。

あとは、それを楽しむだけです。

(ニサルガダッタ・マハラジも、この世界で一定の成果を収める必要はない、というようなことを言ってますね)


>絶対的な真実、在ることは変わらずに在ります。

これは絶対です。

いつでもそこに戻ることが出来ますね。

これを見つけて、そこに落ち着くのに、みんな、幾多の転生を繰り返しています。


>以前の自分と全然変わっていないような気もしますが、

これは、ラマナ・マハルシの本にもあります。

覚醒前と覚醒後では、何も変わっていないと。

真我の部分ははじめから在りますし、真我が変わるようでは、それは真我ではありません。

>やっぱり違います。

これは、ニサルガダッタ・マハラジの本にありますね。

大きく変わるのは、マインドの方だと。


>もちろん違わないのですが、本当の自分に気付けたことが

>大きいですね。

これは、とんでもなく大きいことなんですよ。

慣れてくると当たり前になってくるので、あまりそう感じないかもしれませんが。

クリアな知性と微細な感覚が必要ですね。

本当の自分を知っていること、本当の自分で在ること。

これ以上のことはありません。

と同時に、いつも言いますが、自分自身であるということですから、これ以上、普通なこともありません。

この普通(在るということ)の中に、無限の可能性が含まれています。

当たり前の中、自然体の中に、最高のものが潜在しています。

マインドの浄化を続け、自分自身で在ることをより深めていけば、それがよく分るようになってきます。

在るということ以上に、偉大なことはありません。

これ以上の奇跡はありません。

在るがなければ、何も生まれません。

一切の可能性が存在しません。

この違いが分りますか。

在る、存在があるので、すべてがあるんです。

あらゆる可能性が無限に生まれてくるんです。

幸せであること、愛であること、それらの感覚を無限に深めていくこともできるんです。

在るはすべての親であり、すべての源です。

無限の可能性を種の形で、その中に含んでいます。

計り知れないエネルギーがあります。

愛の深さ、広さにも限りがありません。

この在るというものの中にどれだけのものを見、感じれるかが、これからのお楽しみです。

もう、何処かに探しにいくのではありません。

何かもっとと、別のものを求めるのでもありません。

これらはマインドがすることで、それをすると、在るからそれていきます。

ただ在る、幸せである、愛である、今に在る、という中で深めていくものです。

前に進むのではなく、垂直的に深めていく、と同時に、全方位に広がっていく、言葉で表現し切れませんが、

それを普通の中で、普通に在りながら、深めていきます。

真我、存在しか存在していないので、それを何かと比べることが出来ません。

ですから、自分自身の中で深めていくんです。

在るという普通の中で、深めていくんです。

ゴール地点に在りつづけるということでもあります。

ここは、すべてがはじまったところでもあり、ゴールでもあり、その中間でもありますが、

ここが本当の自分の居場所、本当に自分であると、気づいた、それを見つけた、というところに大きな意味があります。

正しい場所にいる、という感覚はありますか。

ここは絶対的に正しい場所です。

ここに在るということは、

ずっと幸せの中に在るということでもあります。

愛から一歩も外に出ないということでもあります。

そして、在る者同士の共鳴により、それはさらに深まっていきます。

そのために、多様性、幻想世界があると言ってもいいですね。

唯一つであるもの、存在が、自分自身の中で深まっていく為に。

自分自身を感じ、経験し、より深く知っていくために。

創造は続いていきます。

でも、もうそれに翻弄されることはありません。

本当の自分であり、その中でただ起こってくること、創造された世界を楽しみ、それを深めていけばいいですね。

それと同時に、完全に静寂とひとつになっていることができます。

何も起こっていないと、ただ、起こるということの共存ですね。

そして、そこに確立した意識は、

形を取らず、それ(存在・意識・至福)そのものとして遍在してるもよし、形を取って、この世界を楽しむもよしです。

本当の自分である事(在るということ)は自然なことですし、当然、覚醒前からそれはあるので、何も変わっていないという感じが起きてくると思いますが、ここが更にマインドを浄化し、深めていけるか、そこで更なる深化をやめ、また、マインドに巻き込まれてしまう可能性の中で生きていくかの分岐点とも言えますね。

微細で、巧妙なエゴの罠が待ち受けているところでもあります。

何が変わって、何が変わっていないか、それをしっかり認識し、捉えることが大事ですね。

知ってるケースで、

覚醒しても、まだマインドが残っている場合(大体残っていますが)、ここで、ひっかかってしまうことがあります。

何も変わってないじゃないか、ということですね。

浄化もしてきているので、過去の大変だった頃のことなども忘れてたりします。(忘れてていいですが)。

また、すべては完璧、みんな同じ、だから何もする必要がないんじゃないか、というような思考が起きて来たりすることもあります。

マインドが真実、覚醒を使っている、真実が主体ではなく、マインドが主体になっている状態です。

在る(愛)ことではなく、思いが主導権を握っている状態です。

ですから、本当の自分であること、ただ在るということ、それが普通であることの価値が、どれだけのものかの理解がとても重要になってきます。


>何かの拍子に、嫌だ!という感情が湧いても、

>これは幻想?マインド??と確かめると、

ここで、すぐ確かめられるということがまず、目覚めているということですね。


>案外、在るにいる(全体を感じている)ことがほとんどなので、

素晴らしいですね。


>日常レベルで幻想だと区別していたのも、もしかしたら

>小さくなってるかもしれません。

体験談を書いて頂きましたMさんも、自分は何もしてないのにいつまにか変わっていた、というような言い方をしています。

これがセッション効果、共鳴効果ですね。

あれっ、ないです。という感じになりますね。

それから、セッションとセッションの間、自分で意識的に練習したことなども大きいですね。


>在りながら、マインドが針先でチクッとされた程度で

>何も起きていません。

在るということがかなり深まり、安定してきていますね。


>時間がたってから、念のため(←マインド)ふりかえってみても、

>映像としては流れてきますが、

>何も起きておらず、在ります。

>ニサルガダッタ・マハラジの言っていることがすごくよく分かります。

あの本は、自分の意識の確認にもすごくいいでしょ。

更に、自信になり、受け容れが深まりますね。

古代からの聖者、賢者、覚者、イエス・キリスト、釈迦、近年の覚者であるラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、そして、フーマンもそうですね。

見つけたものはみんな同じです。

ayaさんが見つけたもの。今、在るところも、みんなと同じところですね。

そして、それにまだ気づいていない人も含め、みんなそこにいます。

在るというところ以外、どこにも存在することは出来ません。

後は、ayaさんの場合、残るマインドの更なる浄化と、意識を無限に深めていくことですね。


>これからのセッションは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>マインドを静かにするためのセッションになるのでは?!

>と思ったのですが、さらにより深い意識へのセッションですね!

そのとおりです。


>無限の愛をどんどん深め、静かに愛が広がっていけばと思います。

とても素晴らしい愛ですね。

愛はそのように在ります。

そしてまた、逆のことを言うようですが、周囲がどうのこうのではなく、それはayaさんだけの問題とも言えます。

何しろ、存在するのは、ayaさん(全体・在る・愛・幸せ)だけなのですから。

(でも、全体でありながら個人であることもできますから、たくさんの仲間に囲まれているという状態も共存します。)


>本当に無限ですね。

限りがあっては、無でも空でも愛でもありませんからね(笑)。

では、また、状況報告等お願いします。

無空
仏陀とイエス

悟りとは理解。

自分自身が本当はどういった存在なのか、
実感として腑に落ちた理解をもつこと。
その深い理解が、意識せずとも、日常、生きていく中で力を持つ。

内側には平和があり、その理解が深ければ深いほど、周囲へ与える影響、変容させる力も大きい。

真実が幻想を消していく。
その力は、静寂であり、平和であり、愛である。