無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん





セッションを受けられているA.Yさんから素晴らしい気づきのメールが届きましたので、ご承諾を得て、ご紹介させて頂きます。


「こんなことを思いました。」


自分が世界を創っている、という話は、○○で数限りなく聞いてきた。

自分の心や生き方が、まわりの状況を作り出しているんだ、と。

これは、空や真我の悟りでも同じようだ。

空から見れば、すべては空として現れるという。


思うに、体も感情も世の中も、みんな大事だと思う。

移り変わるから、とか、有限だから、とか言うが、それは素直な心情じゃないだろう。

それは観念の話に過ぎない。

たぶん、存在するものは全部、大切なんだと思う。

それは、おそらく僕のハートの声だ。

空だけが大切だ、というが、それは空からすべてを見ることが大切だ、という意味だろう。

より純粋なところから見るほど、すべてを純粋無垢なものとして大切にできるんだと思う。

ラマナは、だからみんなを大切にしていた。

すべてが、その瞬間には確実に存在するし、存在する限りみな、等しく価値があるし、それはすべて、その瞬間において真実であり、かけがえのないものなんだ。

自分のないところから見ることができれば、すべてのものを大切にできる、ということだと思う。自己都合がないからね。

だから、空は愛なんだ。


こんなことを思いました。

無空さんはどう思われますか?


A.Y

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無空:

素晴らしい気づき、空であり、愛であり、ハートからの純粋で透明な視点から生まれた文章ですね。
私が見えてるものが、A.Yさんにも見えてきましたね。
全ては同等であり、かけがえのない価値があり、そして、さらには、ひとつひとつが全てであり、ただひとつのものしか存在していません。

多様性はひとつであるものの素晴らしい現れであり、見る人が見ればそこには素晴らしい調和があります。
そしてさらに深まれば、それはそのまま多様性を残しながらも、よりひとつであること、絶対的、圧倒的な愛が静かにそこに在ることが見えてきます。

(さらに深まればそれ以外(愛)何もないです。どれも真実と言えますね。どこから見てるかだけの違いであり、また同時に無限の視点の理解を持つことも可能です。)

それが私が言ってる「在る」でもあります。

無、何も無い、のもう一つの側面、またはより深い側面とも言える「在る」です。

では頂いた文章にコメントを。
(自然に浮かんできたものなので、参考までに。)


自分が世界を創っている、という話は、○○の家で数限りなく聞いてきた。

自分の心や生き方が、まわりの状況を作り出しているんだ、と。

これは、空や真我の悟りでも同じようだ。

空から見れば、すべては空として現れるという。


思うに、体も感情も世の中も、みんな大事だと思う。

【無空:
そうですね。すべては空であり、真我、愛の現れですから、存在するもの、現れているものすべてはかけがえのないものです。
ただ、そのひとつひとつ(部分)に執着したり、とらわれたり、それに巻き込まれて我(全体・気づき)を失ってしまうと、摩擦や苦しみが生まれてきたりしますね。
過ぎ去っていく部分、変化する側面も含めて、その瞬間、瞬間(今)にある全てを大切にし、かつ、名前、形、意味が、過ぎ去っていくこと、変化することに対してとらわれないという態度が理想ですね。】


移り変わるから、とか、有限だから、とか言うが、それは素直な心情じゃないだろう。

それは観念の話に過ぎない。

【無空:
これはまったくそのとおりですね。
真実を、ある時期に、ある方に、あるタイミングで、ある目的を持って、ある視点から説明するときには、相対的にこのような表現を使うこともありますが、マインドでそう思おうとしているのなら、それはおっしゃるとおり素直ではないですね。
心で心を何とかしよう、コントロールしようとしている状態で、まさに観念のレベルであり、真実ではありません。

言葉上での教えと言われる部分がそれですね。
同時にそれを理解する体験が必要ですが、なかなかその両方を提供できるところは少ないのかもしれません。
トータルに知る必要があります。
(言葉上の教えも準備にはなりますが、それはそれぞれの方のフィルターを通して、様々に理解され、歪んだ形で解釈されたりということもありますね。)

また、別の視点では、上のコメントに書きましたが、形の部分、名前の部分、それぞれ個々のものにマインドで意味づけした部分は永遠ではないので、その部分に固執しない、とわられない方がよい、
さらに言えば、マインドを浄化し、名前、形、意味づけを超えて、今そこに在る、「在る」というそのものに気づいてもらうための言葉や教え、という事も言えますね。(そしてやはり理想は、この言葉が必要な方に、必要なタイミングで伝えられるということですね。)

それが見えるようになり、感じることが出来るようになれば、塵やゴミひとつでさえも、かけがえなく美しく、愛おしいものとなります。
なぜなら、それは「在る」からです。】


たぶん、存在するものは全部、大切なんだと思う。

それは、おそらく僕のハートの声だ。

【無空:
これは全くそのとおりですね。それを感じ取れるようになってきたということですね。
ハートにとって何ひとつ大切でないものなどありません。(同時に空である側面からは、何ものにもとらわれません。)】


空だけが大切だ、というが、それは空からすべてを見ることが大切だ、という意味だろう。

【無空:
これも全くそのとおりですね。
そして、別の視点からは、全てを空として見る、すべてが空として見えるということも大切ですね。・・・空から見れば、そう見えるとも言えますが。

空から見て、空が見えれば、それは自分自身でありますから、何よりも大切なものであるという感覚が自然に湧いてきますよね。
一体感、近しい感じ、愛おしい感じ、というのはそういうところから自然にやってきます。

また、そこから見るときは、マインドが静まり、今までマインドでつけていた意味や価値が全て落ちるので、「本当は何もなかったんだ」という感覚もやってくることがありますね。
でもそれ自体に素晴らしい感じであり、大きな解放感、自由、また真実(愛)の中にある幸福感があります。

その他には、変わらないものを見つけなさい、とか、浄化が進み、いいところまで来ている人に対して、マインドで他に意識をそらさずに、空にできるだけ意識を向けるように、という目的にも使われるかもしれませんね。

また、ある方にとっては、ラマナ・マハルシの「私は誰か」と同じような効果を持つかもしれませんね。
空に意識を向けた時、具体的な対象はないのですが、マインドが静まり、真実を感じることが出来る場合もありますね。

意識を向ける具体的で形を持った対象がないとき、空(真我)は他に気づく対象がないので、それ自身に気づく場合があります。

そういう意味では、「空だけが大切だ」という言葉も、無限のバリエーション、使われ方があるとも言えます。

A.Yさんのハートから(あるいは、A.Yさんという個人を超えたハートから)生まれてきた今回の美しい真実の文章の流れの中での、この一行もそのひとつであり、完璧で、真実の威厳があり、その響きを放っていますね。】

より純粋なところから見るほど、すべてを純粋無垢なものとして大切にできるんだと思う。

【無空:
これも全くそのとおりです。
そしてその純粋さにも限りがありません。
あるレベルまで行くと、そこからさらにほんの少しクリアになっただけでも、見える世界、感じる世界はとてつもなく美しく、素晴らしく変化します。

それはもうこれ以上ないという体験をさらに超え、常に新しく、常に新鮮なものです。】

ラマナは、だからみんなを大切にしていた。

【無空:
そうですね。ラマナはとても純粋なところから、全てを見ていたということですね。

また、「みんなを大切にしていた」というのは、ラマナは個人ではなかったからとも言えますね。

ラマナは、みんな(全体)だったので、個の体の部分を通しては、そのように起こったということです。
マインド、個、多様性があるという視点から見ると、そう見えたということです。
見える人が見ると、個の部分が見えるのと同時に、そこにはただひとつのもの(愛)が在ること、ただひとつのものが戯れているのを見ることができます。
そのような人は、一つの出来事の中に、同時に矛盾する二つのものを矛盾なく見ることができます。

動の中に静を見、静の中に動を見る、喧騒の中でも静けさを聞き、沈黙の中でも無限のコミュニケーションが行われているのを知っていて、停止の中にも無限の躍動があることに気づいています。
完璧、完全だけど、それは成長を体験でき、何ものにも揺るがされない堅固さがありながら、同時に無限に柔軟です。

ラマナは、全体である愛そのものであったので、それがそのように現れたということですね。】


すべてが、その瞬間には確実に存在するし、存在する限りみな、等しく価値があるし、それはすべて、その瞬間において真実であり、かけがえのないものなんだ。

【無空:
これは名前や形をも含めた(それもやはり空の現われですが)、源と現れを丸ごと愛している状態ですね。
それを源と現れと分けてみるか(あるいは記述するか)、すべては空、愛であると見るかは、ただの視点の違いですね。

そして、

「存在する限りみな、等しく価値があり」

ここがとても大切なポイントですね。

「存在する」、「在る」、という点では、すべてが平等です。
そこにマインドが介在する余地はありません。

そこが唯一、すべてがひとつになれるところ、ひとつで在れるところです。
ワンネスの場とは、存在のレベル、「在る」というところにあります。】


自分のないところから見ることができれば、すべてのものを大切にできる、ということだと思う。自己都合がないからね。

だから、空は愛なんだ。

【無空:
どんどん気づき、悟りが深くなってますね。
A.Yさんを通して、素晴らしいひとつの真実がこの世界に現わされたと思います。

空が愛そのものであること。
これは多くの方の理解の助けになるでしょう。

空はけっして空虚なものではありません。
それを知る存在から見れば、そこにどれだけが愛が在るかということですね。

マインドが浄化され、より空を知っていく度にそれが分ってきます。
素晴らしい気づきをありがとうございます。

これからも、A.Yさんを通して、空そのものから、素晴らしい美しい表現が起こってくると思います。

それをただ楽しんでいきましょう。
こうして分かち合っていきましょう。

そのために空はこうして多としても現われているんですから。

それは、不動のまま揺らぎ、躍動し、一つのまま多として現れています。】




では、今回は、セッション13回目を受けられたYUさんから頂いたメールへの無空返信分をご承諾を得て、参考までにご紹介させて頂きます。
5回に分けてご紹介させて頂いていますが、今回が5回目です。

> 今週は非常に仕事が忙しくて、ただある意識をフォーカスする余裕がない1週間でした。

それでも、さらに微細なセッションになりましたよね。

そこがまた面白いところですね。

顕在意識レベルよりも深い所で成熟は着実に進んでいるということです。

空・真我実現への高い意識をお持ちの方には、あるところまで行き、変化があまり感じられなくなったとしても、ある程度の期間はセッションを受け続けた方がいい、とお話しているのはそのようなこともあるからですね。(自分自身の体験からも)。

また、それは定期的なセッション効果であると言えると同時に、空自体の自分自身に還るという自然な流れであるとも言えますね。

無空

水滴

こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第2ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のSさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2015年11月27日の記事をご覧ください。





最近、セッションを受けられている方々の体験のシンクロが多くなってきました。

同じような浄化が起きたり、完全に思考がストップし、体も動かない、という言葉がお二人から出たり、
一人の方が深遠な静寂の体験をすれば、他の方も同じような体験をしたり、

完全に時が凍りついたような停止状態、そして、純度200%くらいの空の体験をされ、マインドでの恐れが出てこられた方がいたあと、同じような体験、そして、恐れも出てきて、それを受けいれ、寛ぎの中へと入っていかれた方、

直近では、空と同じであるとも言えますし、また、空のより深い側面とも言える存在の愛(根源の愛)を感じ取れるようになってきている方が続出しています。

ラマナ・マハルシもサハスラーラ(頭頂のチャクラ)から最後は、ハートにくる、というようなことを言ってたと思いますし、
フーマンも「ハートの深奥」というようなことを言っていたと思います。

空の体験、空の悟りも素晴らしいですが、そのより深い側面とも言える愛に覚醒することは、さらに素晴らしいですね。
最近は、ただ在るという共鳴から、意識的に愛を伝授しようという思いもセッション中に起こってきていて、それがしっかりと伝わっていっています。

(それもただ在る状態から、ただ起こってきていると言えるのですが)

受ける方の準備ができてきているのと、無空庵全体として愛と空の覚醒エネルギーが高まってきているのを感じています。

現在、素晴らしい皆さんがセッションを受けられていて、シンクロ、相乗効果が起こっていて、変容のスピードが加速しています。
(ただでさえ、早いのですが(笑)。)

この流れに参加されたい方は、お気軽にお問い合わせ頂き、まず無料体験セッションからお試し下さい。




2週間前に、無料体験セッションを受けられたLさんとのメールのやりとりをご本人のご承諾を得て、参考までに3回に分けてご紹介させて頂いていますが、今回は2回目です。(一部重複しています。)


空の気づき、それ自体は、意識が深かろうが、浅かろうが、心が騒がしくても、静かでも、状態、状況に関係なく常に在るものです。

全てはただ出来事が起こってる、体験が起こってる、というだけで、そこに価値判断を加えません。

もし、習慣で、反射的に価値判断してしまったことに気づいたら、その時点でストップする事も大切です。

思考に思考を重ね、個人の物語をどんどんつくって展開していかない、夢、幻想に巻き込まれないということですね。

今にただ在る、ということです。

それから、大いなる存在、空を意識する時も、上にも書きましたように(昨日の記事参照)、そっと意識を向ける、という感じがいいですね。

これは個人個人の資質がありますので、微細なアドバイスにはなりますが、マインドが強いタイプの方ですと、
頑張りすぎて、逆にマインドを強めてしまうことがあります。

ですから、ひとつの視点、個人からの視点としては、リッラクスして、そっとそれ(空、大いなる存在、真実)に意識を向ける、
または、それに対して、心を開く、ハートを開く、という感じがいいかもしれませんね。

もうひとつは、空、大いなる存在が、個人を引き込もうとしている、その引力を感じる、その存在を感じる、
というスタンスもあります。(こちらの方がちょっと上級、意識が大いなる存在の方向へよりシフトしている。)

さらには、空、大いなる存在そのもので在れれば、それがベストです。

(言葉として改めて分けて書きましたが、実際は、3つがかわるがわる起こったりしていることもあります。)

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

関連タグ : 今に在る, ただ在る, 心を開く方法, ハートを開く方法,